Lifestyle

ハンモックを室内に設置して、おしゃれなリラクゼーション空間に

優雅な読書や昼寝と聞いて、ハンモックを連想する人も多いのではないでしょうか?屋外のイメージが強いアイテムですが、憧れのハンモックを自宅に備えつけることだってできるんです。
今回は室内で使えるハンモックの選び方と、おすすめのハンモックを紹介していきます!

それではまず室内ハンモックのメリットから見ていきましょう。

■室内用ハンモックのメリット

出典:photoAC

ハンモックは通気性に優れているので、特に夏場は涼しく過ごせます。普通のベッドや布団は背中が密着してしまうので熱がこもりますが、ハンモックの場合はそれがなく快適です。
夏場はもちろん、室内ハンモックであれば屋外ハンモックとは違い、冬でも寒さを感じずに快適に使えるのもメリットのひとつです。屋外のハンモックは暖かい季節のイメージがありますが、室内ハンモックであれば一年中使えるということですね。
そしてハンモックに体全体を包み込まれてゆらゆら揺られるのは、とてもリラックスできるんです。疲れているなと感じているときにハンモックで揺られたら、きっと心が休まりますよ。
正しい姿勢で使用すれば、長時間寝ていても体が痛くなることもないので、ベッド代わりに使用することもできます。

■室内用ハンモックの選び方1.組み立て方法

出典:photoAC

室内ハンモックは柱や梁、天井などに固定して設置するタイプと、自立式のものがあります。
柱や梁に固定しづらい場合や、賃貸などで穴を開けられない場合は、自立式の室内ハンモックがおすすめです。自立式のものは、好きな場所に設置できるというメリットもあります。
柱などに固定するタイプのハンモックは、インテリアとしての見た目が抜群!部屋にハンモックが吊り下がっているだけで、部屋全体がおしゃれな雰囲気になりますよ♡

■室内用ハンモックの選び方2.耐荷重量

出典:photoAC

いくら好みのハンモックだからと言って、デザインだけで選ぶのは危険です。ハンモック選びの際には、耐荷重量も事前に確認しておくことが重要。自分や家族など使う人の体重を考慮して選びましょう。
もし耐荷重量をオーバーして使ってしまうと、重みに耐え切れずに破損してしまう可能性があります。思わぬ事故に繋がる恐れもありますので、耐荷重量は必ずチェックしてくださいね。

■室内用ハンモックの選び方3.サイズ

出典:photoAC

選ぶ際には、ハンモックのサイズも確認しましょう。ハンモックには1人用、1~2人が使えるダブル、3人まで使えるサイズがあります。1人の時間をゆったり過ごすために使いたいという人は1人用、子どもといっしょに使いたい人はダブルか3人まで使えるサイズを選びましょう。
特に複数人で使いたい場合は、包み込む形状ゆえに入ったときに思ったより小さいと感じることも。「Amazon(アマゾン)」などの通販サイトでも購入できますが、可能であれば販売店などで実際にサイズを確認できると良いですね。

■室内用ハンモックの選び方4.素材

出典:photoAC

ハンモックの素材には麻や綿などが使用されており、ネット状に編まれたタイプ、一枚布で作られたタイプなどがあります。素材によって見た目や触り心地も異なりますが、特に触り心地に関しては直接ふれないと分からないため、こちらも販売店で確認しておくと失敗がないでしょう。
直接肌にふれるもののため、小さいお子さんがいる家庭はオーガニックコットンを使用したハンモックもおすすめです。

■おすすめの室内用ハンモック2選

おすすめの室内ハンモックを2つ厳選しました!さっそく紹介していきます。

・豊富なタイプでお気に入りが見つかる!1台3役も

出典:@ moco__mint さん

「ゆらふわモック」は自立式の室内ハンモック。ノーマルタイプ、ロングタイプ、ミニタイプ、マルチタイプなど、シリーズも豊富です。
中でも特におすすめしたいマルチタイプは、なんと1台3役の優れもの!ハンモックはもちろん、角度を調節することでハンモックチェアとしても使うことができ、ネットを外して付属のポールをつければハンガーラックとしても使用できちゃうんです!
ポールとネットの色も豊富なので、好きなカラーの組み合わせを選べるのもうれしいですね。ミニタイプ以外は荷重が330kgとたっぷりなので、複数人での使用も安心です。
価格はノーマルタイプが8,980円(税込)、マルチタイプが12,800円(税込)です。

・本格的でおしゃれなsusabiハンモック

出典:@ ko___0403さん

ハンモック専門店のオリジナルブランド『susabi(すさび)』から販売されているハンモックは、ハンモックの本場である中南米生まれのもの。自立式、吊り下げ式共に本格的な作りと日本の家屋に溶け込むカラーやデザインが人気です。
チェアタイプのものでも、大人と子どもがいっしょに乗れる特大サイズがあるのでゆったり広々使えます。取りつけ器具や調整ロープが付属したセットで購入できるのも安心です。大人1~2人用のスタンド式susabiハンモックの場合、価格は19,800円(税込)。
susabiハンモックは小田原のショールームで試乗体験ができるそうなので、お近くの方はぜひ予約して一度足を運んでみては♡

■家をもっとおしゃれに!自作ハンモックDIY例

中にはおしゃれにハンモックを自作する方も。DIY例を紹介します。

・おしゃれな自作の吊り下げ式ハンモックチェア

出典:@ minichama.chieさん

@minichama.chieさんは、おしゃれなハンモックチェアを自作し、梁に固定して吊り下げ式に。生地はしっかりめのものが良いということで、カーテン生地を使っているそうです。
自分好みのデザインがなかなか見つからない!という方は、ハンモックを自作してみるのもひとつの方法かも♡

・吹き抜けをハンモックの遊び場に!

出典:@ yagigigi1234さん

こちらはリビングの吹き抜けをハンモックの遊び場にするアイデアです。吹き抜け部分を活用しているので、下から子どもの様子を確認できるのが良いですね。
ネットの強度がある場合は、さらにこの下に吊り下げ式のハンモックを設置することも可能!
子どもが乗って遊ぶ場所ということ、床からの高さが高いことを考えて、アスレチックネット専門の業者に頼むと安全かつ安心ですよ。

■ハンモックでおしゃれなリラックスタイムを

見た目がおしゃれで心休まるハンモック。意外と簡単に設置できるので、気になる方は一度チェックしてみてくださいね。

Bukko

5歳差兄弟のママ。おもちゃ、小物、ヘアアクセサリーなど子育てに関するさまざまなハンドメイド品を多数作っています。子どもが喜ぶものづくりを追求していきたいです!似顔絵屋さんもしています♪

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!