Baby&Kids

優しいお母さんになるコツ。自分に完璧を求めないこと

vol.1295【1日1成長お母さん】“間違えたら謝ればいい”というスタンスで肩の力を抜いてみよう

理想のお母さん像に近づきたいのであれば、自分に完璧を求めるのをやめよう

子育て中のお母さんに「あなたにとって、理想のお母さん像とは?」という質問をすると上位に入るのが「優しいお母さん」「怒らないお母さん」でしょう。
誰だって怒りたいとは思っていません。穏やかに笑って過ごせたらどんなにいいでしょうか。そんな理想に近づくために育児本を読んだり、ネット検索をしたりして子育ての勉強することもあるでしょう。もちろんそれも大切なことです。
でももっとおすすめの方法があります。それはお母さんが自分に完璧を求めるのをやめることです。

子育ての勉強をして知識を得ても、その通りに実行できないこともある

Aさんは5歳と3歳の子どもを育てるお母さんです。ある日 “「あなたはダメな子ね!」という叱り方をされた子は、自己肯定感が下がります”という内容の記事を読んだそうです。「この言い方、今までしていたわ」と反省し、これからはやめようと心に誓いました。
記事を読んで数日は守れていたのですが一週間経ったある日、お兄ちゃんが妹の頭を叩いたところを見た瞬間に「何やってるの!そんなことするのはダメな子よ!」と口から出てしまったそうです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE