Beauty

ビジネスOK【ハイライト&ローライト】おしゃれヘア集♡アレンジまで!

ヘアカタログなどでよく目にする「ハイライト」と「ローライト」。メイクと同じで立体感を演出したいときに使う技術ですが、具体的にどのような効果があるのかは知らない人も多いはず!
そこで今回は、美容師資格を持つライターmimiが、ヘアカラーリストの経験を活かして、ハイライトとローライトについて詳しく解説していきます。

レングス別のヘアスタイルも集めましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

■ハイライトとローライトがもたらす効果とは?

まずは、ハイライトとローライトの役割からご紹介。それぞれどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

・【ハイライト】立体感だけじゃない!印象も明るくみせてくれる

出典:@rogue.hairさん

ベースのカラーより明るいカラーを束状に入れる技術をハイライトといいます。重く見えてしまう髪色もハイライトを入れることで明るい印象に見せてくれる効果があり、メンズウケもばっちり☆また部分的に明るくするため髪の毛が伸びてきても目立ちにくく、長い期間カラーを楽しむことができるのも魅力です。

・【ローライト】奥行き効果を使って小顔効果に♡

出典:@ aminishikiさん

ローライトには奥行きを出して引き締めてくれる効果があります。フェイスラインにかかる部分にローライトを入れることで小顔効果が期待できるでしょう♡
ふわっとした印象より、クールでかっこいい印象になりたい!という人におすすめです。

・仕事の場面でも大丈夫?

出典:@rogue.hairさん

ベースカラーが暗いと顔の印象が重たくなりがちですが、細かい線状にほんのりトーンを上げたハイライトを入れれば髪の毛に自然な立体感が生まれます。さらに肌の色もトーンアップしてくれるので、ビジネスシーンでもおすすめですよ☆

■【レングス別】ハイライト&ローライトのヘアカタログ

それでは、ショートからロングまで実際にハイライトやローライトを入れたスタイルを見ていきましょう!どれも立体感とおしゃれさが増してとっても素敵ですよ♡

・【ショート×ハイライト】寒色系ハイライトで透明感を演出

出典:@yuki82_sandさん

こちらは今季大注目のグレージュカラーをハイライトに使って抜群のおしゃれさ。寒色系の色を使うと透明感がアップしてまさに今年っぽいですよね。秋冬はカーキアッシュやラベンダーアッシュもおすすめなので、パーソナルカラーで似合う色をチョイスしてみると良いかも☆

・【ショート×ハイ&ローライト】エレガントな立体ショートヘアが実現

出典:@___manate._さん

こちらはショートヘアにハイライトとローライト両方を入れたスタイル。赤みのある暖色系に仕上げることで、しっとりとした大人の女性の雰囲気が♡ハイライトとローライトのW効果でしっかりと立体感が生まれ、ショートヘアの美しさが際立ちますよね。

・【ボブ×ハイ&ローライト】モードなカッコよさが叶う

出典:@aminishikiさん

今季大人気だった、ぱっつん外ハネボブにもハイライト&ローライトはおすすめ◎がっつりブリーチした髪の毛ならハイライトもローライトも存分に楽しめちゃいますよ。全体的にカーキっぽいベージュにしてアースカラーで固めています。

・【ボブ×ハイライト】ブリーチ無しでもこんなにおしゃれ

出典:@mog_hairさん

ハイライトはブリーチしなくても楽しめますよ♡内巻きにワンカールしたボブにはたっぷり入れたハイライトが柔らかい雰囲気に。立体感も出てとってもおしゃれですよね!

・【ミディアム×ハイライト】グラデーションで楽しむ髪色の変化

出典:@mog_hairさん

毛先に向かって髪色を明るくさせるグラデーションタイプのハイライト。モードな雰囲気を演出できてかっこいいです。

・【ミディアム×ローライト】インナーローライトで退色を楽しむ

出典:mamagirlLABO @artman_akiさん

「いろいろとインナーカラーをやり切った!」という人におすすめなのが、元々ハイライトだった部分に、ダークトーンを入れてローライトにしてしまうというテクニックです。@artman_akiさんが紹介するスタイルは、表面がベージュで内側はネイビーグレー。退色していく段階を楽しむこともできる上に、最後は表面よりも明るくなりますよ!

・【ロング×ハイライト】グラデーションで外国人風ヘアに

出典:@ rogue.hair さん

こちらはハイライトのグラデーションスタイルです。しっかり赤みを消して、外国人風に仕上がっています。なんとブリーチは一切していないとのこと!ぜひ真似したいですね。

・【ロング×ハイ&ローライト】ブランジェカラーで透明感ある女性に

出典:@ rogue.hair さん

今人気の「ブランジュカラー」をベースにハイライトとローライトを入れたスタイル。ブランジュカラーとはグレージュとブラウンをいいとこ取りしたカラーという意味で、透明感のある女性になれる今最も旬と言っても良いほどおしゃれなカラーです。

■【レングス別】ビジネスにもおすすめハイライト&ローライト

ビジネススタイルは、派手にしすぎないのがポイントです。さり気なくハイライトやローライトを取り入れれば、ビジネスシーンでも馴染みますよ。

・【ショート×ハイライト】隠せるイヤリングカラーでアクセントに

出典:@mon_takiさん

インナーカラーに分類される“イヤリングカラー”は、耳にかけられる部分の髪にカラーリングします。@mon_takiさんの画像のように、明るめのハイライトカラーを入れれば耳にかけたときにチラッと見えるのがハイセンスですよね!
耳にかけずダウンスタイルにしておけばトップの髪で隠されてしまうので、落ち着いた印象になりビジネスシーンにも最適です。

・【ボブ×ハイライト】細かく入れることで柔らかい印象に

出典:@mon_takiさん

こちらは、全体に極細ハイライトを入れた切りっぱなしボブスタイル。ビジネスシーンではダークトーンで髪が重たく見えがちですが、筋状に細かくハイライトを入れることで、暗髪に柔らかさと立体感をプラスしてくれます。
いかにもハイライト入れてますという派手な感じにならず、さり気なく雰囲気をチェンジできるのでおすすめ。

・【ミディアム×ハイ&ローライト】落ち着きのある立体的なニュアンスヘア

出典:@rogue.hairさん

アッシュベージュのハイライトとローライトを組み合わせれば、柔らかい印象のまろやかヘアに♡日本人がアッシュ系カラーで染めると、自然な栗色に仕上がるのでオフィススタイルにも馴染みやすくおすすめです。
毛先の動きにも立体感が出るので、シンプルに結ぶスタイルにしてもかわいいですよ。

・【ロング×ハイライト】透けるような黒染めを実現!

出典:@rogue.hairさん

ビジネススタイルでは、「髪を明るくできない…」という人も多いですよね。そこでおすすめしたいのが、あえてハイライトをベースに仕込んでトーンダウンする方法。
ハイトーンにダークカラーを入れることで、一般的な黒染めのように真っ黒にならず、透明感のある黒染めに仕上げられます。室内では黒髪に見えますが、光に当たると透け感がでますよ。

■ハイライト&ローライトのおすすめヘアアレンジ☆

ハイライトやローライトが入っているだけで、ワンランク上のヘアアレンジに仕上がりますよ♡

・ハイライトボブは巨大ピンで留めるだけでもおしゃれ♡

出典:@___manate._さん

“留めるだけ”や“結ぶだけ”の簡単ヘアアレンジでもかわいく仕上がるのが、ハイライトやローライトの魅力です。@___manate._さんが紹介するアレンジは、ハイライトが入ったボブヘアを、巨大なピンで留めるだけでOK!
事前にバームやヘアオイルなどのヘアスタイリング剤を髪に馴染ませておくと、髪もまとまりやすくなりツヤ感もUPしますよ♡

・ハイライト&ローライトのミックスヘアは表情豊かなアレンジに☆

出典:@_0_3_1_1_さん

ハイライトやローライトのミックスヘアは、それだけでも立体感抜群のおしゃれヘアですが、ポニーテールの帽子アレンジもおすすめ!@_0_3_1_1_さんが紹介するアレンジは、顔周りに後れ毛を残したポニーテールに、ゴムと髪を巻きつけラーメンマンヘアに仕上げています。
帽子をかぶることを考えれば、画像のように低めの位置で結ぶのがポイント!髪を結びまとめるアレンジなので、ヘアスタイリング剤は、バームやワックスがいいでしょう。

■ハイライトとローライトで立体感あるおしゃれヘアに♡

ヘアスタイルに立体感や動きを出せるハイライトとローライト。適当にまとめたアレンジから巻き髪のセットまで、どんな髪型にしてもなぜかおしゃれに見せてくれます。
髪の長さを変えずに印象をガラリと変えられるので、今の髪型に飽きてしまったという人にもおすすめですよ◎
まだチャレンジしたことがないという方は、今回の記事を参考にして2020年にぜひ挑戦してみてくださいね!

mimi

美容師資格を持つ元ヘアカラーリスト・アイリストの2男児子育て中のママです♪
アクセサリーメーカーに務めたこともあり、アクセ企画・制作・バイヤーの経験もあり◎
旅・アート・音楽も大好きです♡
【Instagram】zonemiho
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]