出典:photoAC

Lifestyle

冷凍焼けの原因と食材別の予防法!アルミホイルを使うテクも

作り置きや、小分け保存など普段の料理に便利な保存方法のひとつに「冷凍保存」があります。食材が安いときに多めに買っておき、冷凍保存し使用することで食費を節約している方も多いのではないでしょうか?そんな便利な冷凍保存ですが、正しい保存方法を行っていないと冷凍焼けしてしまうことも…。

そこで、今回は冷凍焼けについて徹底調査しました!冷凍焼けの原因や、防ぐポイントなどご紹介します。

■そもそも冷凍焼けってどんな状態のこと?

まずは、冷凍焼けの基本からチェックしていきましょう。

・冷凍焼けってどんなものか知ってる?


冷凍焼けとは、食材が乾燥や酸化によって鮮度が落ちた状態のことを指します。見た目や食感が落ちるため、味にも変化が…。
おいしいご飯を作るためには、冷凍焼けは防ぐべき状態といえますね。

・冷凍焼けの原因とは?


先ほど紹介した通り、冷凍焼けは乾燥や酸化が原因で起こります。食材の中に空気が入り込むことで、乾燥や酸化しパサパサの原因に…。
また、溶けたり凍ったりを繰り返すことで、冷凍焼けを加速させることもあるようです。

・見た目でわかるの?


冷凍焼けした食材は、目で見てわかるといわれています。赤黒くなったり、グレーがかった色になっているものは、冷凍焼けしているかもしれません。

■冷凍焼けになるとどうなるの?食べてもいいの?

出典:photoAC

「食べようと思い冷凍庫から出すと、冷凍焼けしていた…。」なんて経験がある方もいるのではないでしょうか?ここでは、冷凍焼けをした食材についてみていきましょう。

・食べても大丈夫なの?


冷凍焼けした食材を食べても食中毒を起こすなど、体に大きな害はないといわれています。そのため、食べても問題はないようです。

・味はどうなるの?


冷凍焼けした食材を食べることはできますが、気になるのが味の変化ですよね。風味や食感は冷凍焼けによって劣化するため、食べると気になることも…。なるべく冷凍焼けを防ぐようにしましょう。

・冷凍焼けから復活できるの?

出典:photoAC

冷凍焼けした食材を元通りにして食べたい!と思う方も多いはず。しかし、一度冷凍焼けをした食材は、残念ながら元に戻すのは不可能だそうです。
牛肉やうどんなど冷凍して使うことが多い食材も、冷凍焼けは復活できないため、なるべく事前に防いでおくべきといえるでしょう。

■冷凍焼けを防ぐ方法とは?

冷凍焼けは、おいしいご飯にとってデメリットしかありません。そのため、しっかり防ぐことが重要に。ここでは、冷凍焼けを防ぐ方法をチェックしていきましょう。

・食材を空気にふれさせない

出典:photoAC

冷凍焼けの原因の酸化は、空気にふれることでおこります。そのため、保存するときにしっかり空気を抜くことがポイントに。ジップロックなど、気密性の高い袋を使用するのがおすすめですよ。
また、袋を閉じる前に水を張ったボールなどに沈めて空気を抜くと、簡単に真空状態を作ることができます。

・冷凍庫の温度を上げないようにする

出典:photoAC

溶けたり凍ったりを繰り返すことで、冷凍焼けは起こりやすくなるのだそう。冷凍庫の開け閉めによって中の温度は変化するため、普段冷凍庫を使うときはなるべく早く閉めるように心がけると良いですよ。

・急速冷凍機能をする


最近では、急速冷凍の機能がついた冷蔵庫が販売されています。急速冷凍することで食材の中にある氷の結晶をそのままの状態で冷凍できるのだそう。うまみ成分や水分が蒸発していくことを防げるため、冷凍保存する際には使用したい機能ですね。

・なるべく長期保存しすぎない


家庭用の冷凍庫は、業務用のように超低温で保存できないため、なるべく早く使い切ることが重要なポイントに。冷凍焼けを起こす前に食べきれる量を買うようにすると良いですよ。

■【素材別】冷凍焼けさせないポイントとは!?

食材によって保存方法のポイントが異なってきます。ここでは、食材別に冷凍焼け防止ポイントをご紹介します。

・お肉類

出典:photoAC

豚肉やひき肉などのお肉は、ラップでしっかりと包みその上からアルミホイルで包みます。アルミホイルだけでも問題はありませんが、お肉からドリップがでることもあるため、二重にしておくと安心です。そのあと保存袋に入れ、真空状態で冷凍保存します。
ポイントは、お肉をなるべく平らにすること。厚みがあると凍るまでに時間がかかってしまうため、なるべく薄く保存すると良いですよ。また、砂糖と水は結合しやすい性質があります。そのため、砂糖水にお肉を漬けてから保存すると水分の蒸発を防いでくれるそう。
さらに、砂糖には肉の臭みを消してくれる効果もあるため、よりおいしく食べられますよ。

・お魚

出典:photoAC

鮎やサーモンなど、魚の冷凍焼けを防ぐポイントは、キッチンペーパーなどで水気を拭きとること。周りについた水分から酸化していくのを防げるため、このひと手間を加えるだけで冷凍焼けを防ぎやすいのだとか。
また、下味といっしょにジップロックなどで密封することで長期保存も可能になります。調理する際も、下味がついているため簡単に行うことができますよ。

・ご飯

出典:photoAC

ご飯は、小分けにしてラップで包んだものをアルミホイルで包むか保存袋に入れて冷凍保存します。ご飯を冷凍焼けさせないポイントは、温かいうちにラップすること。そうすることでご飯の水分をなるべく蒸発させずに保存できます。

・ゆでうどん

出典:photoAC

ゆでうどんは、1玉ずつラップし保存袋に入れて保存します。ポイントは、うどんの水気をしっかり切り、できるだけ平らにすること。うどんに含まれる水分が冷凍焼けのきっかけになることも…。キッチンペーパーで拭くなど、なるべく水分を残さないことがポイントになりますよ。

■冷凍焼けを防いでおいしいご飯を食べよう!

紹介した食材以外にも栗やニンジンなどの野菜から、牡蠣などの貝類も冷凍保存ができますよ。冷凍焼けはおいしい食事の大敵です。
上手に冷凍保存を利用し、冷凍焼けから食材を守ってくださいね。

marunon

アパレルメーカーと古着屋さんで計5年間勤務経験ありの3児の母♡
販売、買取に携わっていたためレディース以外にメンズファッションにも興味ありありです!
トレンドを追いかけながらも自分スタイルを探求中。
日々かわいいを発信していけたらなぁ…♡
【Instagram】marunon1126

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!