出典:@maru.maru.piさん

Beauty

ベースメイクは順番が命!崩れ知らずのメイクで悩み解決☆

一日中メイクがきれいなままだと、なんだかモチベーションも上がりますよね♡特にベースメイクは汗やエアコンによる乾燥などでコンディションが悪くなりがち…。きちんと正しい順序でお肌を仕上げていくことが、化粧もちの良さを保つうえでも重要なのです。そこで今回は“ベースメイクの順番”にクローズアップし、詳しく解説していきますよ!

これまでベースメイクは自己流でやっていた!という方や、ファンデーションがヨレやすい、などといったお悩みを抱えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

■これが基本!正しいベースメイクの順番を解説

まずは基本的なベースメイクの順番についてご紹介します。

・順番1:日焼け止め

出典:@moni.neさん

オールシーズン対策したい日焼け止めは、お肌を守るものなので必ず一番初めに仕込みます。顔全体に伸ばしたら、軽くパッティングしておくと肌にしっかり定着するのでおすすめ。最近では化粧下地の中に日焼け止めが含まれているものが多くなってきていますよね、そんなときは化粧下地からスタートできますので二重に塗らなくても大丈夫ですよ◎

・順番2:化粧下地

出典:@ moni.ne さん

化粧下地はその名の通り、ファンデーションの下に仕込んでおくもの。化粧もちを良くし、肌のくすみや凹凸をカバーしてくれるので、ファンデーションを塗る前はできるだけ化粧下地で整えておきましょう。色々な種類の化粧下地がある中で、最近は、毛穴や肌の凹凸に特化したプライマーも人気のようです。

・順番3:ファンデーション

いよいよファンデーション。つや感やマットなど、好きな質感のファンデーションを選びましょう。ブラシやスポンジなどを使って均一にのばしていきます。化粧下地をしっかり塗っていれば、ファンデーションをのばしやすくなりますよ。

・順番4:コンシーラー

出典:@ayannu61さん

ファンデーションでは隠しきれないシミやニキビ跡などがあるときに活躍するのがコンシーラー。ファンデーションの種類によって、使う順番は前後しますが基本的にはファンデーションのあとに使います。

・順番5:フェイスパウダー

出典:@ ayannu61さん

最後に、ファンデーションやコンシーラーをFIXしてくれるフェイスパウダーで仕上げます。最近は、ヨレやすい目元用や、コントロールカラーで作られたものなど種類はさまざま!ただしパウダーファンデーションを使うならフェイスパウダーは省略してもOKでしょう。

■テクスチャによって順番が変わる場合も!

基本の順番をご紹介しましたが、使用するアイテムによっては順番が変わります。ここからは応用編として、ファンデーションのテクスチャ別に正しい順番を解説☆手持ちのファンデーションを確認してみましょう。

・リキッドorクッションorクリームファンデーション

出典:@ ayannu61さん

リキッドファンデーション、クッションファンデーション、クリームファンデーションは、先ほどご紹介した基本の順番でOK!厚塗り感が出ないようにするなら、日焼け止めつきの化粧下地を使うと良いかもしれません◎

・パウダーファンデーション

出典:@maru.maru.piさん

パウダーファンデーションを使う場合、コンシーラーは化粧下地のあとに使います。日焼け止め→化粧下地→コンシーラー→ファンデーションの順番で仕上げましょう。

・BBクリーム

出典:@ maru.maru.pi さん

時短に最適なBBクリーム。工程がグンと減るので忙しい方におすすめです。
BBクリーム→コンシーラー→フェイスパウダーの順番で仕上げましょう。カバー力のあるBBクリームならコンシーラーの工程を省くこともできますよ◎

■【番外編】メイクの順番もサラッと解説☆

ベースメイクが仕上がったら、いよいよ楽しいメイクが始まりますね。ここからはメイクのクオリティーをアップさせるために、おすすめの順番をご紹介します。

・ハイライトとシェーディングで立体感をつくる

出典:@ maru.maru.pi さん

ベースメイクの延長として、ハイライトとシェーディングを入れていきます。ハイライトは鼻筋・おでこ・Cゾーン・あごなど、のせる場所はさまざまですが、入れすぎには注意しましょう。

出典:@ maru.maru.pi さん

シェーディングは顔に奥行きを出してくれるもの。フェイスラインなどに使って立体感を出します。こちらも、入れすぎてしまうとお友だちがビックリしてしまいますので、シェーディングは自然光のある明るい場所で使用すると良いでしょう。

・チークやリップ

出典:@ maru.maru.pi さん

少し珍しいかもしれませんが、チークやリップは先に済ませておくことで仕上がりのバランスが格段に良くなります。顔全体の血色感を先に作っておけば、“アイメイクが濃くなりすぎた…”なんてことも無くなりますよ☆
また、チークの前にリップを先に塗ると、チークを入れるバランスが取りやすくなるのでおすすめです。

・アイメイクとアイブロウ

出典:@maru.maru.piさん

最後にアイメイクとアイブロウ。アイラインは、全体のメイクが仕上がってから最後に描くと決まりやすいですよ◎“描かなくても良さそう!”なんて日も♡

■正しい順番で崩れ知らずの肌をゲットしよう!

ベースメイクは、肌の印象を左右する大切な工程です。アイテムの機能が一番発揮される順番に使うことが大切ですよ。正しい順番でベースメイクをつくれば、いつもより安定した崩れにくい肌になれるはず♡ぜひ参考にして実践してみてくださいね。

sayaco

インテリアコーディネーター×美容師という異色の資格をもつ新米ママ。
ある時は空間コーディネート、ある時は花嫁のメイクなど、得意なことを活かして働いていました♡
子育ても得意になりたい今日この頃。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!