出典:photoAC 

Lifestyle

学資保険はいつから始めると良い?基礎知識からおすすめまで紹介

赤ちゃんには夢や希望がたくさん。どんなことでも実現できそうなパワーを持っています。しかしそこで必要となってくるのがお金です。お金の準備があるのとないのとでは、今後の進路にも影響を与えかねません。子供に好きな進路を歩ませたければ、教育資金は準備しておく必要があります。そこで今回は、学資保険の基礎知識など教育にまつわるお金について紹介します。

子供の教育資金の助けとなるのが学資保険。学資保険はいつから加入できるのでしょうか?金融機関に勤務していた際にファイナンシャルプランナーの資格を取得したライター・nobiiが詳しく解説していきます!

■子供の教育費はこんなにかかるって知ってた?

出典:photoAC 

子供が成長して、学校を卒業するまでに必要なお金がいくらくらいか知っていますか?おおよその金額がわかればお金の準備もしやすいので、一般的な目安として把握しておきましょう。

文部科学省の30年度年度子供の学習費調査、国立大学等の授業料その他の費用に関する省令、私立大学等の平成30年度入学者に係る学生納付金等調査結果をもとに紹介していきます。

・小学校からすべて公立で大学までの場合


小学校からすべて公立で高校まで卒業したと考えると、約476万円。国立大学に4年間通ったとすると約242万円で、合計すると約718万円となります。

・小学校からすべて私立で大学までの場合


小学校からすべて私立で高校まで卒業したと考えると、約1670万円。私立大学に4年間通ったとすると約404万円で、合計すると約2070万円となります。

小学校から大学までの金額を比べると公立と私立で3倍もの差が!公立と私立でこんなにも違うとは驚きですね。

■学資保険っていうけどそもそもどういうものなの?

出典:photoAC 

学資保険とは、子供の教育資金に備えるために加入する保険です。毎月決まった金額を支払い、満期になったら受け取るという仕組み。

保険の要素も入っているので、契約者に万一のことがあった場合には保険料の支払いが免除されることもあります。また子供の医療保険が組み合わさったものもあるようです。

学資保険に加入する人の多くは、子供の大学進学資金として準備しています。学資保険は、家計に負担がかからないように長期でコツコツ貯金するのがおすすめ。結果、子供が0歳のときに検討し申し込むと良いですよ。

■学資保険のメリットやデメリットを把握しよう

出典:photoAC 

学資保険のメリットやデメリットを知っておけば、学資保険で弱い部分をほかでカバーすることもできますよ。

・学資保険のメリット


学資保険のメリットは毎月決まった金額を支払うということ。無理のない金額を設定でき、長期間コツコツと貯金していくので解約しにくいのです。そのため家計に負担がかかりにくいという特徴もあります。

保険の機能もあるので、契約者に万一のことがあっても子供に資金を残すことができるのです。そのほかには生命保険料控除の対象となるなど、税制上のメリットもあります。

・デメリットも理解しておこう


学資保険のデメリットは、なんといっても途中解約しにくいこと。途中解約も可能ですが長期で積立することが前提となっているので、途中解約すると支払った金額を下回ります。ただ逆をいえば、貯金が続かない人も続けやすいといえるでしょう。

そのほかには、お金の価値が下がってしまうというインフレリスクに対応できないというデメリットがあります。学資保険は事前に満期時の受け取り金額が決まっているものが多いので、景気情勢が変化した場合に有利とならないこともあるのです。

■学資保険はみんな入らなきゃいけないもの?

出典:photoAC 

妊娠や出産すると、親や友だちなど周りの人から学資保険をすすめられることも多いでしょう。また学資保険に入ったという声も多く聞くはずです。では学資保険はみんなが入らないといけないものなのでしょうか?

結論からいうと、絶対加入しないといけないというものではないということ。コツコツ貯金ができる人、資産を持っている人、投資などで自分で運用したい人は学資保険に加入しないというのもひとつの方法です。

学資保険に加入しないのであれば、万一に備えた生命保険を準備したり子供宛ての資産を準備したりしておくと安心ですね。

■学資保険には種類があるの?どんなものがあるかチェックしよう

出典:photoAC 

学資保険はふたつの特性にわかれます。

・貯蓄がメインの学資保険


貯蓄がメインとなっている学資保険は、受け取り金額が支払い金額よりも上回ることが目的。そのため契約者に万一のことがあれば保険料の支払いが免除されるというような保障はついている場合もありますが、子供の医療保障などはついていません。

・保障も兼ね備えた学資保険


保障も兼ねた学資保険とは、貯蓄もしながら子供の医療保障も兼ねているというもの。ただ学資保険の保険料に医療保障分が組み込まれている場合もあるので、受け取り金額があまり増えない可能性もあります。

■学資保険にはいつから加入すると良いのかな?

出典:photoAC 

学資保険に加入するのであれば、できるだけ早いうちに手続きしましょう。子供が0歳のときに加入するのと1歳のときに加入するのでは、返戻率が違ったり保険料が違ったりします。

また契約者の年齢が上がることでも保険料が変化するので、総合的に考えても子供が0歳のときがおすすめ。保険会社によっては妊娠中から加入できるものもありますよ。

■みんなは学資保険の保険料にいくら支払っているの?

出典:photoAC 

さまざまな保険会社の調査結果を参考にすると、子供の進学費用として準備している金額は月々15,000円から20,000円台。この金額の預け先は銀行預金(約54%)や学資保険(約50%)となっています。

したがって学資保険の保険料相場も同じくらいといえそうですね。0歳から月々15,000円から20,000円を学資保険に積み立てると、満期金は200万円から300万円ほどです。この金額は年々増えている傾向にあります。

■注目はこれ!おすすめの学資保険を紹介します

おすすめの学資保険をいくつか紹介。学資保険を検討するときには、参考にしてみてください。

・ソニー生命には保険料払込期間10年がある


『ソニー生命』で注目されている学資保険は保険料払込期間が10年と短いもの。それほど学費がかからない、子供が幼いときにある程度の学資を貯金できます。返戻率も高めで人気です。

・受け取り方法で選べるかんぽ生命の学資保険


ゆうちょでの取り扱いがあるのが、『かんぽ生命』の学資保険。満期に一括で受け取ったり、学資祝金として定期的に受け取ったりするタイプがあります。また大学の費用を念頭に置いたタイプも準備しているようです。

・出産前から加入できる第一生命の学資保険


出産前から加入できる学資保険は増えており、『第一生命』の学資保険でも出産予定日140日前から入れます。たとえば15歳まで支払って、18歳から毎年学資金を受け取るタイプなどいくつか種類があるので専門家に相談してみましょう。

■事前に備えておけば安心して教育を受けさせられる

学資保険とは子供のための保険です。子供に充実した教育を安心して受けさせられるように、計画を立てて準備しておきましょう。学資保険を早めに準備することで、返戻率が良くなったり保険料が抑えられたりします。

我が家もFP2級の知識をもとに、子供が生まれてすぐに学資保険に加入しました。ひとつの学資保険にまとめて加入するのも良いですが、リスク分散を考えていろいろな商品で検討するのがおすすめですよ。

nobii

お調子者女児のママ。証券会社に勤務し夫の転勤を機に退職。出産後ライターへ。2級ファイナンシャル・プランニング技能士資格保有。
【Instagram】nobii00
沖縄専用アカウント→okinawa.daisuki01
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]