出典:photoAC

Lifestyle

オリーブオイルはどれがおすすめ?商品によって違いがあるの?

オリーブオイルには、“エクストラバージン”と“ピュア”の2種類があるのを知っていましたか?なんとなくで使っているという人のために、今回はそれぞれの違いについて解説していきたいと思います。
実は、味わいも用途も違うそれぞれのオリーブオイル。違いを知って、料理に合うオリーブオイルが選択できるような目を養っていきましょう。

オリーブオイル好きにこそ知ってもらいたい、“エクストラバージン”と“ピュア”の違い。それぞれに合った使い方を知れば、今までよりも一層オリーブオイルのおいしさを感じることができますよ☆

■“エクストバージン”と“ピュア”って?オリーブオイルの種類を解説!

出典:photoAC

日本で販売されているオリーブオイルは、大まかに分けると“エクストラバージンオリーブオイル”と“ピュアオリーブオイル”の2種類に分類されます。それぞれの違いについて、確認をしていきましょう。

・クセがなくあっさりとした味わいの“ピュアオリーブオイル”

出典:photoAC

ピュアオリーブオイルは、一定の品質でないオリーブオイルを工場で精製し、エクストラバージンオリーブオイルを加えて風味づけしたもの。工場で“精製”の手間が加えられているため、オリーブオイル独特のクセや風味がなく、どんな料理にも合うという特徴を持っています。
スーパーなどでは、“ピュアオリーブオイル”という表記以外に“オリーブオイル”と表記されている場合も。店頭では、上記の表記があるものを選ぶとピュアオリーブオイルを手に入れることができます。

・ピュアオリーブオイルのおすすめの使い方が知りたい!

出典:photoAC

クセがないピュアオリーブオイルは、サラダ油のように炒め物や揚げ物などに使うのがおすすめ。また、チーズや魚介類のオイル漬けを作る材料としてもクセのないピュアオリーブオイルがぴったりです。
普段使い用のオリーブオイルが欲しいという場合は、コスパも良くて使いやすいピュアオリーブオイルがおすすめ。スーパーでも簡単に手に入るので、お買い物のときにチェックしてみてください。

・芳醇な香りが特徴の“エクストラバージンオリーブオイル”

出典:photoAC

“エクストラバージン”と名のつくオリーブオイルは、一定の基準を満たしたもののみ。いわば、“優等生”なオリーブオイルなのです。
エクストラバージンオリーブオイルは、オリーブの実を絞って取れた“オリーブのジュース”。オリーブの実に含まれている天然の成分がそのまま抽出されるので、精製されてできたピュアオリーブオイルよりも、香りや風味が高いのです。
オリーブオイルと言えばイタリアのイメージが強いですが、スペインやトルコなども質の良いオリーブオイルが取れる場所。エクストラオリーブオイルを手にするときには、産地も気にして確認してみてください。

・エクストラバージンオリーブオイルの使い方が知りたい!

出典:Unsplash

エクストラバージンオリーブオイルは、オリーブ独特の香りや風味、味わいが最大の特徴。ピュアオリーブオイルのように加熱してしまうと、せっかくの風味や味わいが飛んでしまいます。
最上級ランクのオリーブオイルだからこそ、生で味わうのがおすすめ。サラダにかけたりやパンにつけるなどして使うと、エクストラバージンの魅力をダイレクトに感じることができます。

出典:@ naoaoumiさん

おすすめは、ローストした野菜に塩とエクストラバージンオリーブオイルをかけて食べる方法。野菜とオリーブオイルのおいしさをしっかりと堪能できるので、ぜひ試してみてください。

■こんなときはどれを選べばいい?オリーブオイルの選び方

出典:photoAC

オリーブオイル選びで失敗しないためには、どんなポイントを頭に入れておけばいいのでしょうか。

・エクストラバージンとピュア。種類はどっちがいい?


先ほどご紹介したとおり、エクストラバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルとでは、使い方に少し違いがあります。新しいオリーブオイルを買い足すときは、“そのオリーブオイルをどんな料理に使うか”を明確にしておくことが大切。
また、オリーブオイルの風味を優先したいかそうでないかも、オリーブオイル選びをするときに重要となるポイントです。オリーブオイルを使う料理や、オリーブオイルの風味が苦手じゃないかなどを考えて、選別するようにしましょう。

・遮光されているボトルタイプを選べば酸化しにくい


“遮光されているボトルに入っているかどうか”も、オリーブオイルを選ぶときにチェックしておきたいポイントのひとつ。オリーブオイルは、自然光だけでなく蛍光灯などの光を浴びても、酸化が進んでしまいます。
色がついていて一見遮光対策が取られているように見えるものでも、ボトルにどんな材質のものが使われているかまでチェックしておかなければいけません。ベストなのは、ビンタイプのボトル。
プラスチックの遮光ボトルでも光による酸化を防ぐことはできますが、酸素を通しやすい性質があるので、空気にふれてオイルが酸化してしまう可能性も否めません。しっかりとオリーブオイルの品質が守られているものを選ぶなら、遮光タイプのビンボトルに入ったオリーブオイルを選ぶといいでしょう。

■加熱調理向け!おすすめピュアオリーブオイル2選

出典:photoAC

ここからは、実際に小売店などで販売されているおすすめのオリーブオイルをご紹介!まずは、“ピュアオリーブオイル”のおすすめからチェックしていきましょう。

・ボスコのオリーブオイルは高品質なのにリーズナブル


ピュアオリーブオイルのおすすめ商品としてまずおすすめしたいのが、スーパーなどでも目にする機会の多い『BOSCO(ボスコ)』の「オリーブオイル Pure & Mild」。市販のオリーブオイルの中でも、知名度の高い商品です。
“ボスコ”の名前がついたオリーブオイルは、品質にこだわって作られているのが特徴。日本基準の徹底した品質管理がされたオリーブオイルです。

・ギャバンのオリーブオイルは量が多くてコスパ満点!


スパイスでおなじみの『GABAN(ギャバン)』が販売している、「オリーブオイルピュア」。『CALDI(カルディ)』などでも取り扱いがあるため、意外と入手しやすいピュアオリーブオイルです。
酸度が1%以下で、すっきりした味わいに仕上げられているのが特徴。炒め物などだけでなく、アヒージョなどとも相性がいいので、これ1本あればいろいろな料理に対応できます。

■ぜひ生で味わってみて!おすすめエクストラバージンオリーブオイル2選

エクストラバージンオリーブオイルは、オリーブならではの香りと味わいが魅力。商品によっても香りや味に違いがあるので、使い分けをしてもいいですね☆

・チュニジアのオリーブオイルブランド“テラデリッサ”

出典:Pixabay

オリーブオイルの原産国としても名高い“チュニジア”で誕生した、『TERRA DELYSSA(テラデリッサ)』の「ORGANIC EXTRA VIRGIN OLIVE OIL(オーガニックエクストラバージンオリーブオイル)」。
完全無農薬でオーガニック認定されたオリーブオイルなので、口から摂取するものに気を使っている人にもおすすめ。サラダやカルパッチョなど、オリーブオイルの味をダイレクトに味わえるようなレシピに活用してみてください。

・コストコでも大人気の使い切りオリーブオイル

出典:コストコのオリーブオイルは買い!人気の種類と活用レシピは?@ hitomi.asukaさん

『Alcalá Oliva(アルカラオリーバ)』の「MINIOLIVA(ミニオリーバ)エクストラバージンオリーブオイル」は、使い切りタイプのオリーブオイル。ひとつずつパックされていて、気軽にいろいろなものにかけて味わえるのが最大の特徴です。
『COSTCO(コストコ)』でも人気を集めていて、マニアたちからも熱い視線が注がれています。お菓子のような見た目でも、味は本物!パウチから出てくるエクストラバージンオリーブオイルは、オリーブのジュースをそのまま味わっているかのようなフレッシュ感で、リピーターが続出しているのも納得です。
パスタの風味づけに使ったり、スープにトッピングしたり…。パウチタイプだからこその使い方を、ぜひ見つけてみてください。

■お気に入りのオリーブオイルを見つけてみよう!

オリーブオイルと言っても、銘柄や種類によって使い方も味わいにも違いが表れます。シチリア産の「プラネタエキストラヴァージンオリーブオイル」など、本格的ものが欲しいという人は、通販を利用して手に入れるのもひとつの方法。
ポルトガルやイタリアなど、オリーブオイル名産地のものも日本で手に入るので、ぜひ一度味わってみてください。

syksn

おかっぱヘアの6歳女の子と、自宅で誕生した2歳男の子のママ。お笑いをこよなく愛する大阪人です。子供たちと好きな芸人の漫才を見ながら、日々我が子のお笑いセンスを磨いています。
カフェ巡り大好き!遅ればせながら着々とタピ活にもいそしんでおります。
【Instagram】asamakoma
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]