Baby&Kids

ベビーゲートはニトリがおすすめ!代用品の作り方と人気ベビーグッズ紹介も

■ニトリで買えるベビーゲートの取り扱い店舗は?

出典:photoAC ※画像はイメージです

現在ベビーゲートはニトリの店舗での販売はなく、ネット通販のみで販売されています。支払い方法は、クレジットカードによる決済のみとなっています。
メーカーから商品が直送されるため、配送日時指定や配達時の組み立てサービス、引き取り処分サービスは受けつけていないようです。
またネット通販は実店舗での購入とは異なり、商品の実物を見ることができません。購入を検討する際は、事前に設置する場所の寸法を測っておくのが良いでしょう。

■ニトリの商品でベビーゲートの代用品を手作りする方法<突っ張り棒>

出典:ベビーゲートはDIYで!おしゃれなゲートの作り方と注意点をチェック@haruna.7415さん

赤ちゃんをけがや転落事故などから守ってくれる便利なベビーゲートですが、赤ちゃんのときにしか使用しないので、いずれは処分してしまうもの。お金を出して買うのも良いけど、身近な材料で作って代用するのも良いかもしれませんね!
ここでは、突っ張り棒を使ったベビーゲートの作り方についてご紹介します。

・用意する材料

〇同じサイズの突っ張り棒2本
〇お好きな布地

・突っ張り棒を使ったベビーゲートの作り方

1. ベビーゲートを設置したい場所に、突っ張り棒を床に対して垂直に2本取りつける
2. 布地を突っ張り棒の横幅と縦幅(縦幅は2倍以上必要)に合わせてカットする
※布地は、コットンや麻など滑りにくく肌に優しいものがおすすめ!
3. 布地を突っ張り棒に巻きつける
4. 布地が重なった部分に布用ボンドを塗り、貼りつける

布用ボンドを使うので、縫物が苦手な方でも無理なくチャレンジできるはず。お部屋の雰囲気に合わせて、好みの布地を選んでみましょう。
ニトリには、幅が選べる「強力つっぱりポール」シリーズがありますよ。狭いところから広いところまで、場所を問わず使えるので便利です。商品名の通り強力なので、安定性はバツグン。赤ちゃんが寄りかかっても安心です。

もっと手軽にベビーゲートを用意したい方には、突っ張り棚を縦に設置するのがおすすめ。「強力つっぱり棚 L(PW118-190 N)」2,490円(税込)は棚の幅が34cmもあるワイドタイプ。これひとつでベビーゲートの代用品になっちゃいますよ。

■ニトリの商品でベビーゲートの代用品を手作りする方法<すのこ>

出典:ベビーゲートはDIYで!おしゃれなゲートの作り方と注意点をチェック@ nnm_mcdさん

次にご紹介するのは、すのこを使ったベビーゲートの作り方です。木の温かみが感じられるすのこは、インテリアの邪魔にもなりにくいのが魅力。お好みの色にカラーリングすれば、オリジナリティあふれるベビーゲートが完成!パパと協力してDIYをいっしょに楽しんでみては?

・用意する材料

〇すのこ(設置する場所に応じて複数枚)
〇麻ひも
〇木工用ボンド
〇ペンキ
〇紙やすり
〇ペンキ用の刷毛

・すのこを使ったベビーゲートの作り方

出典:セリアのすのこで生活がはかどる!DIYアイデアも紹介 ※画像はイメージです

1. 紙やすりを使ってすのこの角を落とす
2. すのこをお好みの色のペンキで塗り、乾くまで待つ
3. ペンキが乾いたら、ベビーゲートを設置したい場所にすのこを立てて並べる
4. すのこの角と角を木工用ボンドで接着し、麻ひもでしっかり縛る
5. ぐらつきがないか確認したら、縛り目を木工用ボンドで止める
6. ボンドが完全に乾いたら完成!

すのこはすき間があるので、DVDレコーダーなどの電子機器もリモコン操作が可能。蝶番をつければ、開閉式のベビーゲートだって作れちゃいますよ!お時間がある方はぜひトライしてみてください。
ニトリには、手頃なお値段が魅力の桐すのこが販売されていますよ。サイズは2種類あるので、設置場所に合わせて選ぶとよいでしょう。桐ならではの温かな風合いと香りで癒されそうです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]