出典:@lucky02181014さん

Beauty

眉毛で顔の印象が革命的に変わる!?顔型別似合う眉や正しい描き方教えます

顔印象の8割を眉毛が決めると言っても過言ではないほど、顔の中では重要なパーツ。眉毛の描き方ひとつで目の印象が劇的に変わるという科学論文さえ発表されているんだそう!今は女性だけでなく、男性までもが眉毛を気にする時代。そこで今回は、元美容師としてヘアメイクも経験したsayacoが、眉の正しい描き方や顔型別に似合う眉など、似合わせ眉の徹底解説をしていきたいと思います!

これでもう眉毛のことで悩まない!?そんな風に言えるほど、しっかりレクチャーしていきますよ!まずはもっとも重要な眉の形の決め方からご紹介していきます。

■眉毛の形はどうやって決めるもの?

出典:photoAC

眉毛の形には流行がありますが、トレンドばかり追っていてはいけません。まずは自分の顔を鏡で見て、2つのポイントをチェックしてみましょう。

・【point1】顔の形で決める

出典:photoAC

顔の形には大きく分けて5つの形があります。丸顔や面長など、顔の形と眉毛のバランスで雰囲気がガラッと変わるのです。特にメンズ眉毛は、顔の形を重視して決めるときれいに仕上がると言われています。

・【point2】どんな印象になりたいかで決める

女性の眉毛は、メイクでも形を作ることができます。顔の形に合う眉毛にすれば自然な印象になりますが、なりたい印象に合わせてメイク方法を覚えておくと、さまざまなシーンやコーデに合わせられるのでおすすめです。

■顔の形別!おすすめの眉毛は?5つタイプを解説

出典:photoAC

それではさっそく、顔の形別におすすめの眉毛をご紹介していきますね。自分の顔型をチェックしてみましょう!

・【丸顔】曲線的なアーチ眉がバランス◎

丸顔は、顔の輪郭がゆるやかな丸みを帯びているので、シャープな眉だと少しアンバランスさが感じられます。柔らかい印象が魅力的な丸顔さんなので、同じように「アーチ眉」がバランス良くマッチしてくれるでしょう。眉山の頂上は黒目の外側あたりをポイントに、眉の色は髪色からワントーン上げて描くのがおすすめ。

・【卵顔】ストレートとアーチを使い分けて♡

卵のような形をした卵顔は、輪郭の美しさが引き立つ「ストレート眉」や「アーチ眉」がおすすめです。ハンサムで美しい印象を目指すならストレート眉、女性らしく柔らかい印象を演出したい場合はアーチ眉に。また、卵顔さんは眉尻が長すぎると眉の印象が強くなってしまうので短めにおさめてスッキリとした顔立ちに仕上げましょう。

・【面長顔】太め平行眉で縦ラインをカバー!

面長の顔は、顔が縦に長く輪郭がシャープなのが特徴。縦長ラインを隠すには、視線が顔の上半分に集まるように眉を作ることがポイントです。そんな面長の顔をカバーしてくれるのが「少し太めの平行眉」。太めにすることで、目元の印象が強くなり、顔全体のバランスが整うのです。

・【ベース顔】直線に近いアーチ眉を意識!

輪郭に丸みがなく、ベース型のような顔の形。顔の横幅が広く、顔が大きく見えやすいため「小顔効果のある眉」に仕上げるのがおすすめです。眉頭~眉山までは直線的でほんのり角度をつけ、眉山から緩やかなアーチを意識して長めの眉を描くと顔の余白が埋まって小顔に。また、眉上はあまり描き足さず、眉下にアイブロウパウダーで影を入れてあげると間伸びしない求心顔になれますよ☆

・【逆三角形顔】眉山アーチ×平行眉が◎

耳の下から顎にかけて細いラインなのが逆三角形顔。シャープな輪郭に目が行きやすいので、視線が目元に集まるような眉毛にすることがポイントです。シャープさを和らげてくれるのは、「ソフトな平行眉」。眉下は平行にしますが、眉山~眉尻に向かって緩やかなアーチを意識して描くと柔らかい印象がつくれます。

■誰でも共通!これが眉毛メイクの基本!

出典:@lucky02181014さん

顔型によって似合う眉は違うけど、描き方は基本的に同じです。美しい眉を描くならポイントをしっかりおさえてマスターしておきましょう。これさえ覚えておけば眉毛の印象はワンランクもツーランクもUPできますよ♡

・基本の眉毛メイク4step

【1】スクリューブラシで毛並みを整える
眉毛の毛並みを整えることで仕上がりに雲泥の差が。眉頭~眉山までは下から上にとかし、眉山~眉尻までは眉ラインに沿ってとかしましょう。

【2】ペンシルで眉の輪郭を描く

出典:mamagirlLABO @maru.maru.piさん

細くて描きやすいアイブロウペンシルを使って眉の輪郭を描いていきます。メイクが得意な方は1本1本描き足すようにすると、よりナチュラルで美しい眉が作れますよ◎このとき、眉頭は描かずに残しておきましょう。

【3】パウダーで隙間を埋める

出典:mamagirlLABO @maru.maru.piさん

輪郭を描いたらアイブロウパウダーを使って隙間を埋めていきましょう。写真のようなアイブロウ専用ブラシを使うとムラなく均一に埋めることができますよ◎そして最後に眉頭にパウダーを乗せていきます。明るめのカラーを使ってそのまま眉下にシェーディングしていくと骨格のきれいな眉毛ができるのでおすすめ!

【4】眉マスカラで全体をなじませる

出典:mamagirlLABO @maru.maru.piさん

自眉とアイブロウカラーの色に差ができてしまうと何となくだらしない印象に。眉マスカラを使って全体をなじませましょう。マスカラの液をティッシュオフして使うと抜け感も出てGOOD!

この4ステップが本当に大切ですが、メイク全体のバランスがグッと良くなる方法がもう1つ!アイメイクに使ったアイシャドウのパウダーを少しだけ眉の中央に乗せてあげるとまぶたと眉に統一感が出ておしゃれな顔になれます。これは簡単なのに魔法のように印象が変わるのでぜひ試してみてくださいね!

・色の選び方は?

最後に眉メイクに肝心な、色の選び方をチェックしておきましょう。ヘアカラーを変えたのに、いつも同じ色でメイクしていませんか?

出典:mamagirlLABO @maru.maru.piさん

髪色をほとんど変えていないor黒髪の方はグレーがおすすめ。パーソナルカラーがブルベ冬の方はコントラストの効いたメイクが似合うので、ちょっと派手なピンク系をチョイスしてもOKです!

出典:mamagirlLABO @maru.maru.piさん

一般的なブラウンカラーの方は、レッドブラウンやオレンジブラウンがおすすめ。ブルベの方はヘアカラーが退色すると赤毛になりやすいためレッドブラウンを、逆にイエベさんはオレンジや黄色になりやすいためオレンジブラウンを選ぶと良いでしょう。

出典:mamagirlLABO @maru.maru.piさん

髪色に緑や青を入れたスモーキーなアッシュカラーには、オリーブブラウンやグレーがおすすめ。髪色とマッチしてニュアンスのある顔印象になれますよ♡

■印象別!4つのおすすめ眉と作り方を解説

出典:photoAC

自分に似合う眉が分かったら今度は応用して変化を楽しんでみましょう。ここからは、「優しげ」「クール」「オシャレ」「ナチュラル」の4つの印象に合わせたメイク方法を解説します!

・優しげな雰囲気が出る平行眉

出典:@pom_mqさん

柔らかい印象のある優しげ眉は、誰からも好印象を持ってもらえるため初対面やデートのときに使いたいテクニックです。

【描き方】
1.基本は平行眉に。アイブロウペンシルで眉下ラインの中央から眉尻に向かってスッと直線を描いていきましょう。
2.眉上のラインはパウダーを使って!平行だけどラインを感じないふんわりとした眉頭や眉山がポイントです。
3.眉マスカラを使って全体をなじませたら完成♡

・クールで知的な印象のストレート眉

【描き方】
1.小鼻と目尻の延長線上に眉尻を、目尻から上に向けた延長線上に眉山を決め、アイブロウペンシルで描いていく。
2.眉毛の形に合わせて眉下のラインを描き、間を埋めるように描き足していく。
3.アイブロウパウダーで、眉尻から眉頭に向かって馴染ませる。

・オシャレな印象のアーチ眉

出典:@lucky02181014さん

オフの日にお気に入りの服を着てお出かけ♡なんていうときには、オシャレな印象のアーチ眉がおすすめ。眉マスカラやアイブロウパウダーの色にもこだわってみましょう。

【描き方】
1.眉山から眉尻に向かって、眉上・眉下のラインをアーチ状に描いていく。
2.スクリューブラシやパウダーを使いながら、描いたラインをなじませていきましょう。
3.アイシャドウに使ったカラーを眉の中央にもON♡このニュアンスがおしゃれに決まります。

・自眉を整えて美しいナチュラル眉に

出典:mamagirlLABO@maru.maru.piさん

ナチュラル眉って、自眉そのままでいいの?と思うかもしれませんが、それはNG!野放しのボサボサ眉ではなく、きちんと整えられている眉がオシャレなナチュラル眉なのです。自眉の形に合わせた基本的な描き方をご紹介しますね。

【描き方】
1.眉頭、眉山、眉尻それぞれの位置を確認し、アイブロウペンシルでそれぞれを繋ぐようにしながら、上下にラインを描く。
2.上下ラインの間を、眉頭から眉尻に向かって、毛の流れに沿って1本ずつ描き足していきます。
3.ナチュラル眉は眉の中央を濃いめに、眉頭と眉尻は薄くなるよう描いていくのがポイント!
4.スクリューブラシで上に向かって整え、ぼかしながら自然な雰囲気に仕上げていきます。

■眉毛で顔の印象が大きく変わる!旬の眉メイクをマスターしよう

似合う眉、基本の眉メイク、なりたい印象の眉メイクについてご紹介しました。マスクが欠かせない今、眉毛や目元にはしっかりこだわってメイクしたいですね。曖昧にしていた眉メイク、今日から力を入れてみませんか?

sayaco

インテリアコーディネーター×美容師という異色の資格をもつ新米ママ。
ある時は空間コーディネート、ある時は花嫁のメイクなど、得意なことを活かして働いていました♡
子育ても得意になりたい今日この頃。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!