出典:photoAC

Beauty

正しく角質を取る方法!目指せ、赤ちゃんみたいなもちもち肌♡

いつの間にか現れるポツポツ毛穴汚れの角栓。気づけば角栓だらけの顔になっていませんか。毛穴に皮脂と角質が詰まることで角栓となり、それが原因で「黒い毛穴汚れ」や「肌のくすみ」、「ニキビ」など肌トラブルに発展します。この肌の大敵である角質と角栓の原因を知り、そこからお手入れを見直しましょう。目指せ!赤ちゃんのようなふんわり美肌。

これで、鏡を見るたびに角栓を取るべきか迷うこともなくなるはず!今回は自宅でできるセルフケアの方法や注意点をまとめました。



 

■角質ができる原因とは?角質の正体を知ろう!

出典:photoAC

お手入れ前に知っておきたい、そもそも角質とは?
 

・ そもそも角質って何?何のためにあるの?

私たちの肌は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造で形成されています。

表皮はさらに表面から「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層に分かれており、角質層には、細胞間脂質や水分などの保湿成分が多く含まれています。要するに角質とは皮膚の一番外側を覆っているものと言えます。
そのことで紫外線やほこりなど、いろいろな刺激から皮膚を守ると同時に、水分を外に逃がさないような役割も果たしています。

 

・ どうして角質がたまるの?その原因とは?

私たちの肌は一定期間で新しく生まれ変わっています。
表皮の最も深い層で新しい細胞が生まれ、それが押し上げられ外に向かって出ていきます。これにより肌の番外側の角質は約4週間で死んだ細胞となり、その死んだ細胞は、ふやけや垢となって自然に剥がれ落ちます。
この肌の仕組みを「ターンオーバー」とよび、この周期が乱れると古い角質が残ったままになり、いろいろな肌トラブルの原因となるのです。

 

・ 角質は体のどの部分にできるの?

先ほど言った通り、角質は、肌の一番外側の部分のこと。
なので、全身にあり、それが古いものとして溜まったままになるといろいろな肌トラブルを起こすのです。

とくに目立ちやすいのは顔や肘、足では膝やかか。でも、やっぱり一番気になるのは顔!特に鼻の頭や小鼻、頬の毛穴まわりは皮脂分泌が活発なので角質も溜まりやすく、毛穴の汚れが特に目立ってしまいます。顔の中心部に黒いポツポツなんて女性としては避けたいですよね。

 

■角質がもたらす悪影響により肌の印象を大きくダウン

出典:photoAC

角質が溜まると肌にどんな影響がでてくるのでしょうか。
 

・ 肌のくすみ

古い角質細胞が肌の表面に溜まって角質層が厚くなることで透明感が減り、肌がくすんで見えてしまいます。

 

・肌のざらざら、ごわつき

通常なら古い角質は垢となり剥がれ落ちますが、これが正常に機能しないと古い角質がどんどん積み重なり、肌のごわつきの原因になります。肌がごわつくとハリやツヤも失われ見た目も実年齢より老けて見られることも。

 

・大人ニキビや吹き出物

肌は、約4週間のサイクルで剥がれ落ちて新しい皮膚に生まれ変わるターンオーバーを繰り返しています。しかし、ストレスや食生活の乱れによりターンオーバーがうまくいかない場合、毛穴の古い角質は厚くなってしまいます。そして、毛穴の出口が塞がれ皮脂が詰まり、ニキビや吹き出物ができるのです。

 

・角質を放置すると肌の大敵…角栓に!

出典:photoAC

角質を放置すると、皮脂と混ざって角栓になります。
この角栓は毛穴を詰まらせ、さらに放置すると大きくなっていき最後は表面が酸化して黒ずんだ状態に。
こうなる前に、自宅でセルフケアを心がけましょう。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]