出典:mamagirlLABO@ artman_akiさん

Beauty

インナーカラーに青を入れれば透明感アップ♡長さ別ヘアカタと他の人気色も

インナーカラーは、髪の内側にポイントとなる色を入れるヘアカラーの方法です。髪全体を明るい色にしなくても、部分的にインナーカラーを入れることでオシャレ感をアップさせることができますよ。ショートでもボブでもロングでも楽しめるインナーカラー。今回は、青いインナーカラーについてご紹介します。

青いインナーカラーで、旬なヘアスタイルを実現してみよう♡
 

■青のインナーカラーが人気なんです♡

数年前から徐々に人気に火がつき始め、今ではオシャレさんたちの常識となっているインナーカラー。中でも、青のインナーカラーが人気です。
青い髪ってちょっと派手じゃない……?と思われるかもしれませんが、青は日本人の黒髪と馴染みの良い色。違和感なく楽しめるのに、ちゃんとオシャレ感のあるヘアスタイルが決まります。
 

■青のインナーカラー×ショートヘア

出典:mamagirlLABO artman_akiさん

@artman_akiさんは、長崎県の美容師さん。インスタには、魅力的なヘアスタイルが満載です。@artman_akiさんのインスタで見つけたショートヘア×青インナーカラーのヘアスタイル。
丸みのある女性らしいショートヘアに、さりげなく入れられた青いインナーカラーがオシャレですよね。ちらりと見える青は、クールな印象をプラスしてくれます。

 

■青のインナーカラー×切りっぱなしボブ

出典:@mog_hairさん

夫婦でサロンを経営されている美容師さんのアカウント@mog_hairさんで発見した、ボブ×青インナーカラーのスタイル。
切りっぱなしっぽいシルエットのボブスタイルに、さりげなく入れられたインナーカラーが全体を引き締めてくれています。シンプルなヘアスタイルのときも、インナーカラーを入れるとアクセントをつけることができますよ。

 

■青のインナーカラー×ミディアムヘア

出典:mamagirlLABO@artman_akiさん

青と一言で言っても、いろんな青がありますよね。こちらのヘアスタイルは、紫よりの青から群青色っぽい青まで、美しいグラデーションとなっているインナーカラー。
角度によっていろんな色味の青が楽しめるのも魅力的です。少し長さのあるミディアムヘアなら、ヘアアレンジでインナーカラーの見せ方を変えてみるのも楽しそうですね。

 

■青のインナーカラー×ロングヘア

出典:mamagirlLABO@ artman_akiさん

少し緑がかった美しい青色インナーカラー×ロングヘアの組み合わせ。パーマで女性らしい曲線を演出しつつ、青のインナーカラーでシャープな印象をプラスしています。
ロングヘアとなると、インナーカラーの存在感も大きくなってきますよね。いきなり明るい色に挑戦するのには勇気がいりますが、青や緑系の馴染みが良い色だと気軽に試せますよ。

 

■青のインナーカラーを生かしたヘアアレンジ

お気に入りのインナーカラーを入れたら、インナーカラーを活かしたヘアアレンジを楽しみたいですよね。
インナーカラーは内側の髪に入っているので、くるりんぱやハーフアップなどでより目立たせることができます。

ショートやボブなど、短めのヘアの人におすすめのアイテムがヘアピン。前髪やサイドの髪を薄くすくってピンでとめるだけで、インナーカラーをより印象的に見せることができますよ。

 

■インナーカラーはブリーチなしでもできる?

インナーカラーはデザイン性の高いヘアカラーのため、ブリーチで色を入れるのが一般的です。
でも、ブリーチって髪へのダメージが心配……という人には、ブリーチなしで染める方法もあります。

その場合、染髪とトリートメントがいっしょになったカラーバターがおすすめ。ブリーチよりは色落ちしやすいものの、ダメージの心配は少なく済みます。色を混ぜて、好きな色を作ることもできますよ。

 

■インナーカラーの色落ちするまでの期間は?

一般的に、ヘアカラーは1~2カ月で色落ちすると言われています。
カラーを定着させるため、染めた日はシャンプーを使わないようにしたり、毎日のシャンプーでカラーシャンプーを使ったりすると、カラーをより長持ちさせることができるのだとか。
色によっても落ちやすい色があるようなので、サロンで染めるときは美容師さんにカウンセリングしてもらってみてくださいね。

 

■青のインナーカラーが色落ちしたら何色になる?

せっかく染めた髪の色が落ちていくのは残念ですよね。
しかし普通のカラーと違い、色落ち後もデザイン性を楽しめるのは、インナーカラーの魅力です。青いインナーカラーが色落ちすると、白っぽく変化していきます。
ベースの色にもよりもよりますが、グレーやグレージュっぽくなるのだとか。時間の経過とともにどんな変化が起こるのかも、楽しみのひとつです。

 

■青のセルフインナーカラーのやり方

出典:photoAC

インナーカラーは、セルフでも入れることができます。まずは、インナーカラーを入れる場所を決めましょう。青いインナーカラーの場合、サイドに入れてチラ見せさせるのがオシャレです。
うまく色を入れるコツは、ブロッキングすること。ブロッキングがうまくできていないと、染めるつもりじゃなかった髪まで染まってしまうことも。動画などでセルフカラーのやり方も紹介されているので、しっかりポイントをおさえてからやってみてくださいね。

 

■青以外の人気インナーカラー5選

ここからは、青以外で人気のインナーカラーをご紹介します。

・青に赤みをプラス♡紫のインナーカラー

出典:mamagirlLABO@ artman_aki さん

青と同じく、寒色系の紫もインナーカラーとして人気の色です。青に少し赤みをプラスした、あたたかみが感じられるカラー。黒髪や茶色がかった髪との相性も抜群です。
画像のように、ロングヘア×パーマで動きを出したヘアスタイルに紫のインナーカラーを入れると、柔らかなフォルムの中にエッジのきいたオシャレ感を演出できますよ。

・上級者にも人気!赤のインナーカラー

出典:mamagirlLABO@ artman_akiさん

アイドルや芸能人など、最旬のオシャレを取り入れている人に多く見られるのが赤のインナーカラーです。シンプルなベースの色に、ビビッドなアクセントを加えてくれます。
髪全体を赤く染めるのにはかなりの勇気が必要ですが、インナーカラーなら挑戦しやすいのも人気の理由。さりげなく入れられた赤のインナーカラーは、明るく遊び心のある印象に仕上げてくれます。

・アッシュ系との相性抜群♡緑のインナーカラー

出典:mamagirlLABO@ artman_aki さん

ヘアカラーに緑と聞くと、初心者には挑戦しにくいかな……と思ってしまいがちですよね。@artman_akiさんのインスタのように、アッシュ系のベースに合わせると違和感なく仕上がります。
パーマで毛先に動きをプラスしているのも成功の秘訣。意外性のあるカラーも、組み合わせを工夫することで最旬オシャレカラーに仕上げることができます。

 

・女子力アップ♡ピンクのインナーカラー

出典:mamagirlLABO@ artman_akiさん

赤よりも優しい印象で女子力アップを狙いたいなら、ピンクのインナーカラーがおすすめです。肌馴染みも良く、アッシュやブラウン系の色との相性もGOOD。毛先を外はねにすれば、今っぽいシャープな印象をプラスできます。
色落ちした後は、優しいピンクベージュになるのだとか。ブリーチの有無によって色落ち後の色も変わるようなので、カラーを入れる前にぜひチェックしてみてくださいね。

 

・初心者も安心してトライできる♡ベージュのインナーカラー

出典:@ _morishi_yさん

どんな髪色との相性も良く、カラーを入れても浮かない万能カラーがベージュです。インナーカラーが初めてで何色から試せばいいのかわからない場合、圧倒的にベージュがおすすめ。
シンプルな髪型でも、ベージュのインナーカラーを入れるだけで、オシャレ感が格段にアップします。オフィスで明るすぎる髪色はNGという人も、ベージュのインナーカラーならさりげなく取り入れやすいですよ。

 

■青のインナーカラーでヘアスタイルを楽しもう♡

最旬のヘアカラーは、単色ではなく複数のカラーを使うのがトレンド。グラデーションカラーやインナーカラーで取り入れてみましょう。どっちにしようか迷ったら、まずはインナーカラーで試してみるのもおすすめ。青いインナーカラーで、新しいヘアスタイルを楽しんでみましょう。

 

moonna

2人姉妹のママ。フルタイムワーママからライターに転向。買い物やお出かけ前にSNSで情報収集するのが最近の趣味です。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!