出典:mamagirlLABO @haru2422さん

Lifestyle

アルミホイルに裏表はあるの?使い方に違いは?家事を楽にする方法を紹介

料理や保存、掃除など幅広く利用できるアルミホイル。アルミホイルには光沢のある面とない面があり、オーブンやグリルで調理するときやプラ板などの工作で使うとき、どっちが表で裏なのか迷ったことがありませんか?実はアルミホイルに裏表はなく、どちらの面を使っても熱の伝わりやすさに差はありません。しかし、裏表を使い分けることで、より便利に活用できます。今回は、アルミホイルの裏表の各性能や活用方法を紹介します。

光沢のありなしによって違いはあるのでしょうか?
 

■アルミホイルに表と裏ってあるの?ツヤ面とケシ面とは

出典:photoAC

アルミホイルには、ピカピカしている光沢のある面と、くすんだマット調な光沢のない面があります。
 

・アルミホイルのツヤ面とケシ面って何?

出典:mamagirlLABO @haru2422さん

アルミホイルは一般的に、光沢がある方がツヤ面、ない方がケシ面と呼ばれています。見た目が異なることから、ツヤ面が表、ケシ面が裏と思われがちです。しかし、アルミホイルには裏表という概念はありません。

・製造過程により見た目が違うだけ!

なぜ異なる2つの面ができるのでしょうか。
答えは、製造過程により生じるものです。アルミ箔を2枚重ねてローラーで薄くのばすとき、ローラーに当たっていた面が、摩擦により光沢が出てツヤ面に、反対の重なっていた面がケシ面になります。光り方は違えども、アルミという成分に変わりないため、電気の伝わりやすさの機能面に差はありません。
 

■ツヤ面とケシ面には性能に差がある

出典:photoAC

ツヤ面とケシ面、それぞれに家事に活用できる性能があります。

・食材がくっつきにくいのはツヤ面

出典:@ matsu_kachiさん

ケシ面の表面には凹凸があるため、食材との接触部分が多くなり、くっつきやすくなってしまいます。食材がふれる面は凹凸のないツヤ面を使うとくっつきにくく、ストレスフリーに調理できるはず!
例として、アルミホイルでおにぎりを包んだ結果、お米がくっついて食べにくかった!なんて経験はありませんか?そんなときは、どっちの面でおにぎりを包んでいたのか振り返ってみましょう。ツヤ面で包むとくっつきにくくなるはずです。
さらに、アルミホイルをくしゃくしゃにして広げてからおにぎりを包むと、おにぎりの熱や水分が少しずつ逃げていき、水滴が貯まることなく雑菌の増加を防ぐ効果があります。衛生面にも優れているアルミホイルで包んだおにぎりは、遠足などお子様に持たせても安心ですね。

・ホイル焼きではツヤ面を内側にするのがおすすめ!

出典:photoAC

ホイル焼きとは、食材をアルミホイルで包んで蒸し焼きにする簡単な時短調理法です。グリルで調理をすることで、洗い物が減る、家事の時短になるなどのメリットがあります。油も減らせてヘルシーで、旨味を逃がさないうれしいポイントも。
ホイル焼きでは、ツヤ面を内側にすると熱が反射して熱伝導率が高まり、効率よく熱を伝え、短時間で料理が完成できます。光沢のあるツヤ面を内側にすることにより、見栄えがよくなるという点からも、ツヤ面を内側に調理することが推奨されているのです。また、アルミホイルには、熱を閉じ込め、保温する効果があり、すぐに食べられなくても保温の効果で、温かくおいしい料理が楽しめますよ。
 

■こんなことにも活用できる!ツヤ面ケシ面の使い方

ここからは、家事の中の料理がテーマ。忙しくて時間がないって人に活用して欲しい技を紹介します。

・落とし蓋としても使える!?ツヤ面を下に蓋をする

出典:筆者撮影

煮込み料理などでよく使われる調理法、落し蓋としても手軽に利用できるアルミホイル。鍋に入れる際は、アルミホイルをフライパンや鍋の大きさにハサミで切って、くしゃくしゃにして広げたものを使いましょう。
熱を反射させるため、料理が触れる方にツヤ面を向けると、料理の熱が逃げにくくなり、効率よく味を染み込ませてくれます。また、熱によりわずかではありますが、光沢のあるツヤ面は、ケシ面よりアルミニウムが溶けにくいそう。

・フライパンに敷くときはツヤ面を上にするとGood

出典:筆者撮影

わざわざグリルの準備をして調理をするのが面倒くさいとき、フライパンの底にアルミホイルを敷いて調理するときもありますよね。この場合、ツヤ面を上に食材を置いて調理しましょう。
先ほど紹介した、ツヤ面の方がケシ面より食材がくっつきにくいという理由があるからです。フライパンも汚れずに済んで、後片つけが楽ちんになりますね。

・簡単にアク取りができる!くしゃくしゃに丸めてみて

出典:筆者撮影

なんとアルミホイルを使って、アク取りまでできちゃいます。方法は簡単で、アルミホイルの裏表は気にせずに、くしゃくしゃに丸めた後にそれを開いて、落し蓋のように料理にかぶせるだけ。
しばらくして煮立ち、アルミホイルをめくってみると、くしゃくしゃのシワの間にアクがついているのです。落とし蓋の効果も備わって一石二鳥!放っておくだけで、アク取りが完了するのは便利ですね。
 

■アルミホイルを活用して快適な家事ライフをGETしよう!

出典:photoAC

さまざまな家事に活用できる万能アイテムのアルミホイルですが、ツヤ面とケシ面を使い分けることにより、さらに便利に毎日の生活に利用できることがわかりましたね。シーンに合わせてそれぞれ活用し、手間を省いて快適に家事をこなしましょう!

tamago

アパレル→歯科衛生士に転身した3児のママです。ワーママ歴は10年以上!家事の時短テクや簡単レシピを取り入れながら、仕事と子育てを楽しんでいます♪音楽・ファッション・インテリアにも興味津々♡中古マンションを自分好みにリノベして、武骨で男前なインテリア空間で暮らしています。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!