出典:@ ____mamigramさん

Baby&Kids

レゴのプログラミングキットは自宅で学べる!子どもの創造力を伸ばそう

つい大人もハマってしまうおもちゃ、レゴ。小さなレゴブロックは、組み合わせ次第で仕上がりは無限大ですよね。そんな子どもから大人までをも魅了するレゴですが、近年注目されているのがプログラミング。自分で組み立てたレゴロボットをプログラミングして、本格的なロボットへと変身させるという遊びと学びを兼ねた教育なんです。

そこで今回は、レゴのプログラミングキットについて徹底調査!5つの学習キットをご紹介するとともに、それぞれの特徴も解析していきます。

■【ブースト】レゴブロックが800個以上とかなりの量が入っている

出典:@ _____ericaaaaaさん

「レゴ®ブースト クリエイティブ・ボックス」の対象年齢は7~12歳。中には800個以上のレゴブロックが入っているので、レゴを組み立てる楽しさも倍増することでしょう。
1セットで5タイプに変身させることができ、完成したモデルに鳴き声や音などをアプリによってプログラミングします。どのプログラミングキットにも組み立ての説明書などは入っておらず、専用のアプリの指示に従って組み立てをしていきます。スマホやタブレットは必須ですね。
完成したロボットには、600通り以上の動作を設定することが可能。アプリを通して簡単にプログラミングを学べますよ。
23,126円(税込)

■【WeDo 2.0】専用ケースがあるのがうれしい!

出典:@ mhoshi1さん

「レゴ®WeDo 2.0」は、対象年齢7歳からで、整理整頓ができる専用ケースつきなのが特徴。もともとこちらのシリーズは教材として使う目的で作られたため、パーツも少なめで280個となっています。
モデルのオリジナリティーを出したい子は、パーツを足すのがおすすめですよ。組み立ての難易度は、ブーストと変わりはないようです。
セットのワークシートで応用課題にもチャレンジ!子どもの想像力と発想力を広げることができます。
「レゴ® WeDo 2.0基本セット」25,410円(税抜)
「WeDo 2.0 スタートセットA」26,910円(税抜)
 

■【エデュケーション SPIKEプライム】実社会と繋がるテーマが収録

出典:photoAC ※写真はイメージです

レゴ®エデュケーション SPIKE™プライム」は、10歳以上の小学校高学年から中高生向けのプログラミング教材です。今までになかった新たな11種類のパーツが加わり、作業効率や操作性が高まっているのが特徴。
また使いやすさ重視のハードウェアで、直感的なプログラミングができ、実社会で役立つスキルを育むのに最適なシリーズなんです。学ぶことへの自信を育むことが目的とされたプログラミングキットとなっています。
「SPIKE™プライム アフレルセット A」45,800円(税抜)
「SPIKE™プライム アフレルセット B」59,720円(税抜)

■【マインドストーム EV3】高機能なプログラミングでさまざまな動きを

出典:@ yagigigi1234さん

対象年齢10歳以上の「教育版レゴ® マインドストーム® EV3」は、Wi-FiやBluetooth機能でワイヤレス通信をすることが可能。ほかのプログラミングキットより、複雑な組み合わせや詳細な設定をすることができ、先端技術の画期的な学習を体験できます。
ソフトウェアも、10種類のモデルの組み立てや、48項目のチュートリアルが用意されているなど、豊富なコンテンツなのも特徴です。
「教育版レゴ® マインドストーム® EV3基本セットV2(SW付)」56,175円(税抜)
「EV3スタートセットA」61,480円(税抜)

■【スターウォーズ ドロイド・コマンダー】スターウォーズ好きな子に!

出典:@ yagigigi1234さん

「STAR WARSドロイド・コマンダー」の対象年齢は8歳以上。コードを使い、40以上のミッションをクリアできるようにプログラミングしていくこちらの商品は、スターウォーズを知っている子どもならどっぷりハマること間違いなしですよ。
1177ピースものパーツで、しっかりとした構造のメカを作ることができます。テレビで見ているあのキャラクターが、自分の手によって自由自在に動いている姿は感動そのものでしょう。ストーリーの流れるオープニングがあるアプリも本格的と好評。
17,736円(税込)

■レゴのプログラミングキットのアプリ、ソフトのダウンロード方法

出典:photoAC

プログラミングキットを買ったら、アプリをダウンロードしなければなりません。レゴ公式HP(https://education.lego.com/ja-jp/downloads)にアクセスをし、購入したキットを選びます。そうするとダウンロードページに移るのでそこからダウンロードすればOK。
タブレットやスマートフォンでアクセスする場合は、App StoreやGoogle Playで、キットの名前を検索するとアプリが出てきますよ。
しかし、PC用のソフトウェアの方がチュートリアルなどが多いようなので、十分に楽しみたいならPCからのダウンロードをおすすめします。

■レゴのロボットプログラミング大会もある

出典:photoAC

レゴでロボットを作り、プログラミングをしたモデルで技術を競い合う”WRO(ワールド・ロボット・オリンピアード)”というのがあります。約60カ国や地域の人たちが集まり、国際的な盛り上がりを見せる大会です。
WROは、チームでの参加が必須条件。チームワークが身につき、子どもに必要な創造力、団結力が自然と生まれることでしょう。

■遊びながら学べるレゴのプログラミングは子どもの知育を育む

出典:@ ____mamigramさん

2020年からプログラミングが小学校で必修科目になります。プログラミングを学ぶことで、順序立てる力、試行錯誤する力、ものごとを解決する力が養われます。
自宅でも簡単に学習することのできるレゴのプログラミング。ぜひ、子どもの未来のために購入を検討してみてはいかがでしょうか。
今回紹介したレゴ®プログラミングキットは、「Amazon(アマゾン)」やレゴ®エデュケーション正規代理店の「Afrel(アフレル)」などで販売しています。
※レゴ®WeDo 2.0、レゴ®エデュケーション SPIKE™プライム、教育版レゴ®マインドストーム®EV3はアフレルの販売価格を表記しています。それ以外はアマゾンの販売価格を表記しています。

ちい

3歳差兄妹のママ♡
週末に子どもたちと出かけるのを楽しみに毎日仕事頑張っています(笑)
【Instagram】chi.79sw
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]