出典:photoAC

Lifestyle

兄弟が結婚するときのご祝儀は?知っておきたいマナーとルール

兄弟の結婚式、ご祝儀はどのくらい包んだ方がいいのか悩むことはありませんか?兄弟でも渡し方や金額の相場などのマナーはあります。夫婦で参加するときは?どのタイミングで渡せばいいの?NGの金額は?わからないことをスッキリ解消させて大切な家族をお祝いしましょう!

ここからは兄弟が結婚した際のご祝儀の相場や、マナーの基本、渡し方などをチェックしていきます!

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■兄弟が結婚!ご祝儀を用意する際に何か決まりがあるの?

出典:photoAC

そもそもご祝儀とは、披露宴で提供される飲み物や料理、引き出物の代金や祝福の気持ちを上乗せしたものです。包む金額は大体3万円が基本とされており、兄弟の場合は3~10万円くらいが目安です。必ず新札を包むことや、持ち運びの際は袱紗を使用することがマナーとなっています。兄弟だからといってご祝儀の決まりは特になく、準備する際は一般の結婚式と同じように考えればいいようです。
ただし、ご祝儀を渡す場合に自身が既婚者で弟・妹の立場であれば、年上の兄弟から受け取った金額より少なく包むのがマナーとなります。

■兄弟が結婚するときのご祝儀の相場は?独身・既婚者別に紹介

出典:photoAC

一般的にはご祝儀の金額は3万円程度とされていますが、兄弟間も同じでいいのか迷いますよね。ここでは年齢別、独身・既婚者別にご祝儀の相場を紹介していきます。

・独身の場合のご祝儀はどのくらい用意すればいいの?

出典:photoAC

自身が独身の場合の相場は5万円となっています。社会人になりたてなどの場合は3万円でも失礼にはあたりません。年代別で見てみると20代前半~30代前半で3~5万円、30代後半~40代では5~10万円の金額で渡す人が多いようです。
身内でもしっかり新札を用意し、ご祝儀袋に入れることが大切です。しかし兄弟姉妹間でご祝儀はなしにするケースもあります。その際はサプライズでお祝いの品を用意してもいいですね。

・既婚で夫婦または家族で招待された場合のご祝儀の相場は?

出典:photoAC

夫婦で参加する場合は1つのご祝儀袋に連名で書き、ご祝儀を用意します。兄弟の結婚に夫婦でご祝儀を渡す一般的な相場は、7~10万円程です。1人の相場が3~5万円なので2人分のご祝儀を包むと考えればわかりやすいですよね。
年代別で見てみると、20代・30代では7~10万円、40代では8~15万円で渡す人が多く、親などの年配層では20万円ほどを手渡すこともあるようです。友人の結婚式とは違い、身内となるので少し多めにご祝儀を包みます。

・小さい子どもや収入のない学生はご祝儀の用意は必要?

出典:photoAC

収入のない子どもや学生は、ご祝儀を用意する必要はないとされています。子どもが参加する場合で、大人と同じ量の食事が必要となる場合は、人数分の席料や料理代を目安にご祝儀を上乗せして用意するのがマナーとなります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE