出典:photoAC

Lifestyle

ふるさと納税と住宅ローン控除は併用できる?併用する場合のポイントは?

最近、税制を利用して居住税や所得税の負担を軽減する方法に関心が集まっています。特に、多くの人が住宅ローンの控除や地方税の支払いを使用する必要があります!住宅ローン控除を利用しても自国税は利用できますが、控除額が減る場合があります!これを防ぐために覚えておくべきことがいくつかあります!

住宅ローンの控除と地方税の支払いの両方を利用しましょう。

■ふるさと納税とはどんな税制度?

出典:photoAC

地方税の納付は、生まれ育った自治体や、住んでいなくても協力したい自治体に寄付できる制度です。最大控除額の範囲内で寄付すると、寄付総額から差し引かれる2,000円を除いて、所得税と居住税の控除を受けることができるのが魅力です。 ただし、税金を支払うことで受け取ることができる払い戻しと控除の金額には制限があります。上限は、地元の税金が支払われた年の1月1日から12月31日までの収入から計算される年収から計算され、家族構成にも依存することに注意してください。

■住宅ローン控除とはどんな税制度?

出典:photoAC

正式名称「住宅借入金等特別控除」の住宅ローン控除は、個人がマイホームの購入やリフォームをする際に住宅ローンを利用することで、一定要件を満たす場合所得税からの控除がうけられるという制度です。条件は、新築・中古・増改築・リフォームなどで異なります。国税庁のホームページに詳しく記載されているので、確認してみてくださいね。
控除額は、年末にまだ残っている住宅ローンの残高の1%(最大40万円)で算出でき、控除期間は10年です。2019年10月からは消費税引き上げに伴い、控除期間が13年にのび11年目から13年目は、“建物価格×2%÷3”または“年末のローン残高の1%”のいずれか低い金額で計算されます。

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]