出典:photoAC

Lifestyle

ふるさと納税と住宅ローン控除は併用できる?併用する場合のポイントは?

最近、税制を利用して居住税や所得税の負担を軽減する方法に関心が集まっています。特に、多くの人が住宅ローンの控除や地方税の支払いを使用する必要があります!住宅ローン控除を利用しても自国税は利用できますが、控除額が減る場合があります!これを防ぐために覚えておくべきことがいくつかあります!

住宅ローンの控除と地方税の支払いの両方を利用しましょう。

■ふるさと納税とはどんな税制度?

出典:photoAC

地方税の納付は、生まれ育った自治体や、住んでいなくても協力したい自治体に寄付できる制度です。最大控除額の範囲内で寄付すると、寄付総額から差し引かれる2,000円を除いて、所得税と居住税の控除を受けることができるのが魅力です。 ただし、税金を支払うことで受け取ることができる払い戻しと控除の金額には制限があります。上限は、地元の税金が支払われた年の1月1日から12月31日までの収入から計算される年収から計算され、家族構成にも依存することに注意してください。

■住宅ローン控除とはどんな税制度?

出典:photoAC

正式名称「住宅借入金等特別控除」の住宅ローン控除は、個人がマイホームの購入やリフォームをする際に住宅ローンを利用することで、一定要件を満たす場合所得税からの控除がうけられるという制度です。条件は、新築・中古・増改築・リフォームなどで異なります。国税庁のホームページに詳しく記載されているので、確認してみてくださいね。
控除額は、年末にまだ残っている住宅ローンの残高の1%(最大40万円)で算出でき、控除期間は10年です。2019年10月からは消費税引き上げに伴い、控除期間が13年にのび11年目から13年目は、“建物価格×2%÷3”または“年末のローン残高の1%”のいずれか低い金額で計算されます。

■住宅ローン控除をすでに受けている人がふるさと納税するとどうなる?

出典:photoAC

住宅ローン控除をすでに受けていてもふるさと納税を利用することは可能です。ふるさと納税を行った場合、税の控除を受ける手続きがふたつあります。ひとつは「ワンストップ特例制度」の利用、ふたつ目は「確定申告」の利用で、どちらかの手続きを必ず行わなければなりません。
確定申告で行った場合は、住民税だけでなく所得税からも控除されるので、住宅ローン控除の満額を受けられないことがあり注意が必要です。ワンストップ特例制度を利用する場合は、基本的には住民税から控除される仕組みになっています。
そのため確定申告のときのように、控除額のロスをすることはほとんどありません。ただしこの制度を利用できない場合があります。
詳しくは次の項目で見ていきましょう。

■ふるさと納税と住宅ローン控除を併用する際の注意点

お得な制度は注意点に気をつけながら上手に活用していきましょう。

・住宅ローン控除を受ける初年度はワンストップ特例制度が使えない

出典:photoAC

「ワンストップ特例制度」の利用条件は3つあります。

1.寄付を行った年に確定申告を必要としない給与所得者など
2.1年間にふるさと納税を納付した自治体が5つ以内である
3.自治体への申請書を期日までに郵送していること

住宅ローン控除を初めて受ける1年目には、必ず確定申告を行わなければなりません。そのため、ワンストップ特例制度の利用条件である確定申告を必要としない給与所得者に当てはまらず利用ができないので、注意が必要です。

・確定申告を行う場合は控除額が減ることも

出典:photoAC

確定申告をした場合に控除額が減ることがある理由としては、所得税に関してふるさと納税の控除後に住宅ローンの控除が行われるためです。思っていたよりも住宅ローンの控除額が少ないなと思ったら、原因は確定申告のこの仕組みにあるかもしれません。

・シミュレーションには気をつけて!

出典:photoAC

多くのふるさと納税のサイトでは、控除額のシミュレーションをすることが可能です。寄付する金額を入れるだけで、あっという間に控除額を算出してくれる便利なツール。
ただし、住宅ローン控除まで考えられているものが少ないため注意は必要です。

■住宅ローン控除とふるさと納税の確定申告を行う場合

確定申告を行う場合についてさらに詳しく見ていきましょう。

・控除はどちらが優先?

出典:photoAC

所得税に関しては、まずふるさと納税から控除されてその後、住宅ローン控除が行われます。住宅ローン控除に関しては、まずふるさと納税分の控除額が算出されそれを差し引いた課税総所得(納税額)から住宅ローン控除がされる仕組みです。
そこで控除しきれなかった場合は、住民税からの控除がされますが、住宅ローン控除は住民税においての控除限度額が決まっているため、限度額を超えた場合は切り捨てとなってしまいます。そのため、税額軽減の恩恵を受けきれないということも。
ただし、住宅ローン控除の減税対象額が所得税から差し引かれた場合は、この限りではなく控除額に影響はありませんので安心してください。

・控除額の計算方法は?

出典:photoAC

控除額や控除上限額は所得金額やや扶養家族の有無によっても異なり、計算は難しくなります。またふるさと納税を行った年の所得金額が対象となるためそのため、金額はあくまで目安です。
住宅ローン控除も考慮されているサイトのをシミュレーションを利用して、目安の金額を知ることもできます。「ふるさとチョイス」や「ふるさと納税ガイド」などのサイトには、詳しく項目を記入してシミュレーションしてくれるものが提供されています。

■ふるさと納税・住宅ローン控除・医療費控除は併用可能?

出典:photoAC

ふるさと納税・住宅ローン控除・医療費控除は合わせて利用することが可能です。ただし、こちらも注意が必要になってきます。医療費控除とは、1年間に支払った医療費の金額が一定の額を超えた場合に、手続きをすることによって税金が安くなるという制度です。
手続きには確定申告が不可欠で、ふるさと納税に関しても確定申告をする必要があります(ワンストトップ特例制度は無効になります)。
医療費控除の対象になっているのは所得税と住民税のため、課税所得が減少することで控除がフルに活用できない場合もあるので注意が必要です。

■ふるさと納税・住宅ローン控除・iDecoは併用可能?

出典:photoAC

IDeco(個人確定拠出年金)は所得控除にも適用され、準備金は控除可能です。年末に控除できるので、地元の納税にワンストップの特別制度が使えます。 ただし、地方税の上限額に影響します。計算方法は難しいですが、簡単に言えば、iDecoで控除を受けると、自国税の最大控除額が減る場合があります。

■メリットも多いけれど落とし穴には注意して!

出典:photoAC

メリットの多い税制ですが、落とし穴もありますのでご注意ください。あなたがそれを上手に使うならば、あなたはそれから利益を得ることができるでしょう、そしてそれは大いにあるに違いありません!あなたの故郷の税金と住宅ローンの控除をうまく利用してください。

チーズ小屋

子育て真っただ中です!子どもたちと美味しいものを食べるのが、一番の楽しみ^^
毎日笑って過ごすことが目標です☆
【Instagram】qianynagqianyang
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]