出典:筆者撮影

Lifestyle

絶対おいしい!?ハイボールの作り方♡自宅でもおいしく飲めるポイントとは

スーパーでもよく見るようになったハイボール。ハイボールはリキュールやスピリッツを炭酸で割ったカクテルのことをいいます。ウイスキーを使ったハイボールは、口当たりの良い“知多”や、すっきりと飲みやすい“トリス”など種類も豊富。ハイボール専門のバーもあり、身近なお酒となっています。今回は自宅でもおいしく飲める作り方や割合、おすすめの種類などをご紹介していきます!

自分好みのハイボールを見つけてみてくださいね♡

■ウイスキーのハイボールをおいしく作る方法は?

深い味わいのウイスキー。ハイボールで飲むときの基本的な作り方をおさらいしましょう!

出典:photoAC

・どんな材料が必要?アレンジはできる?

用意するものはウイスキー、炭酸水、氷が基本です。オプションでレモンやライムを添えてもおいしく飲むことができます。ウイスキーを割る割り材をアレンジすると違った楽しみ方ができますよ!意外な組み合わせかもしれませんが、甘く仕上がるコーラや、酸味が引き立つオレンジジュースなど種類もさまざま。いつもと違った味にチャレンジしたいときにおすすめですよ。

・手作りハイボールをおいしくする作り方

まず氷を入れて冷やしたグラスにウイスキーを入れ、炭酸水を静かに注ぎ入れます。マドラーで混ぜますが、せっかくの炭酸をなくさないようゆっくりと混ぜましょう。ウイスキーと炭酸水の比率は、ウイスキー1に対して炭酸水が3~4です。この比率を基準にお好みの濃さを探してみてくださいね。

・ジンジャエールなどで作っても美味しい♡

ショウガの風味がアクセントのジンジャエールは、炭酸水の代わりの割り材におすすめ。ウイスキーが1に対してジンジャエールは4の割合がおすすめですよ。スパイシーな味がハイボールともよく合います。サントリースピリッツ株式会社から販売されているトリスシリーズからも、ジンジャーエールハイボールが期間限定で販売されていました。
意外な組み合わせとも思えるコーラもウイスキーコークと呼ばれ、割材に使われることも。ウイスキーが1に対してコーラは3~4の割合がベスト。甘めの味わいになるので、コクのあるウイスキーと相性がいいですよ。

■焼酎を炭酸で割ったハイボールも人気!

ハイボールはウイスキーだけに限らず、焼酎ハイボールも美味しいですよ!

・焼酎ハイボールに必要なものは?

焼酎と炭酸水があればすぐに焼酎ハイボールが完成します。割合は焼酎1~2に対して炭酸水3の割合がおすすめです。

・焼酎ハイボールの作り方をレクチャー!

氷を入れたグラスに焼酎を注ぎ、そのあとに炭酸水を入れましょう。マドラーで2回ほど混ぜると完成です。麦焼酎や芋焼酎などで作ると風味のある焼酎ハイボールになりますよ!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]