出典:@ clip_kurashinomonoさん

Lifestyle

缶切りの使い方わかってますか?知っといて損はない!開け方使い方教えます

現在スーパーなどで販売されている缶詰の多くは、イージーオープン方式の缶詰がほとんど。缶切りを使わなくても缶詰が開けられるため、缶切りを使えない人が増えていることをご存じですか?それどころか、缶切りを持っていない家庭もあるとか…。缶切りを持っておくと、いざというときに役に立ちますよ。

缶切りがあっても、使い方がわからないと、いざというとき困ってしまいますね。
こちらでは、缶切りが必要な理由や缶切りの使い方、おすすめの缶切りなどをご紹介。缶切りだけではなく、いろいろな機能を持ったおどろきの缶切りなどもありますよ。

■缶詰のフタの種類は?

出典:筆者撮影

缶詰には、フタの違いで2種類のものがあります。
ひとつは、缶切りを使って開ける普通の缶詰、もうひとつは缶切りがなくても開けられるイージーオープンタイプの缶詰。スーパーなどへの流通は、イージーオープンの缶詰が主流になりつつあります。海外製の缶詰や業務スーパーなどで取り扱う大きな缶詰などは、缶切りで開ける缶詰が販売されているようですよ。

■缶切りの重要性を知ろう!

イージーオープンの缶詰が多い中で、缶切りが必要?と思われている方も多いかと思います。しかし、全ての缶詰がイージーオープン式ではないのです。また、イージーオープンの缶詰も、"プルタブが取れてしまう"というアクシデントが起こる可能性も!そんなとき、缶切りがあれば、あわてずに対応できますね。

・イージーオープンにできない缶詰があるの知っていた?

出典:photoAC

イージーオープンの缶詰が増えていますが、実は、イージーオープンに作れない缶詰もあるんです。イージーオープンの缶詰のフタには、私たちが開けやすいようやわらかい素材であるアルミが使われています。また、キレイに切れるようにフタにはあらかじめ切り込みが入っているのです。やわらかい素材が使われていることと、切り込みが入っていることで、万が一缶詰を落としたときの耐久性が、普通の缶詰よりも劣ってしまうのです。安全面の考慮から、重量のある大きいサイズの缶詰などは、缶切りが必要なタイプの缶詰になっています。イージーオープンの缶詰が増えてはいますが、缶切りがあるといざというときに安心ですね。

・もし災害が起こったら・・?

出典:photoAC

もしも災害が起こったとき、缶詰が非常食として配られる場合もあります。そんなとき、避難袋に缶切りが入っていない!という場合も。また、外出先で避難袋もなく避難所へ…ということもありえます。非常事態のときに、缶切りがなくても缶詰が開けられる方法を知っておくと安心ですね。警視庁で紹介されている、缶切りがないときの缶詰の開け方をご紹介しますね。いざというときのために覚えておきましょう。

<こすりつけて開ける方法>
コンクリートやアスファルトに、缶を立てて置きます。缶をもってコンクリートなどに押しつけるようにしながら、円を描くようにクルクル回します。中の汁が出てくるようになると、缶が開いています。缶をひっくり返して胴体部分を握るように押すとふたが取れます。この方法は、缶の胴体部分とフタや底が、巻き締めという方法で止められている仕組みを応用した方法です。接合部分が削られることでフタが開くので、力の弱い女性や子どもでも簡単に缶のフタを開けられます。
ご紹介した方法の詳しい動画が、東京都公式動画チャンネル「東京動画 防災のヒント」で公開されていますので参考にしてみてくださいね。

■缶切りの種類と使い方

缶切りには、てこ式のものと回転式のものがあります。それぞれの特徴と使い方を見てみましょう。

・キコキコと使う一般的なてこ式

出典:@ andante_kumikoさん

昔の缶切りのほとんどが、てこ式ではないでしょうか。
てこ式の中でも一般的なものが三徳缶切り。缶切りと栓抜きとジュースの穴あけが一体化しているので三徳。穴あけ?と思われた方も多いでしょう。昔の缶切りには、缶ジュースを飲むための穴をあける、穴あけがついていたのです。今は、ほとんどがプルトップの飲料缶なので、プルタブおこしに代わってきています。また、三徳缶切りにワインオープナーがついているものもありますよ。
<使い方>
まずは、缶のふちに缶切りのくぼんだ部分をひっかけます。次に、缶切りの先のとがった部分を缶のフタに押し当てて缶切りを前に倒してフタに穴をあけます。穴があいたら缶切りを戻して、缶を回すように少し後ろにずらし、缶切りを再び前に倒す。この、缶を少しずらして缶切りを倒す作業を繰り返し、一周する少し手前まできたら、缶のフタを持ち上げて立てます。フタを持ち上げるときには、切り口が鋭くなっているので、直接手でさわらず、缶切りの先などを使うと安全。
使い方が難しく感じるかもしれませんが、慣れると簡単ですよ!

・ネジを回すみたいにクルクル回す回転式

出典:@ masato6691さん

回転式の缶切りは、海外でよく使われているタイプ。画像のように、缶のフタ部分を切るタイプと、缶の胴体部分を切るタイプの2通りあります。
<使い方>
切り口の向きに合わせて、ローラーと刃で缶を挟むようにセットします。あとは、回す部分をクルクルと回して切り込みを入れていくだけ。
ふたの面を切るタイプのものは、フタを落とさないように切り始めの少し手前でとめ、フタを持ち上げます。

出典:@ imph_さん

胴体を切っていくタイプは、一周しましょう。画像のように、フタがキレイにはずれます。

■おすすめの缶切り7選

缶切りには、いろいろな種類のものがあります。その中からおすすめの缶切りをピックアップ!シンプルなものから、多機能な缶切り、左利き用の缶切りなども!

・セリアで買える多機能ナイフ

出典:@ wanikazさん

『Seria(セリア)』にある「8wayポケットナイフ」100円(税抜)は、8種類の機能があり、十徳ナイフのようにも見えますね。機能はナイフ・缶切り・栓抜き・コルク抜き・プラスドライバー・マイナスドライバー・ピンセット・ピックの8種類。これだけの機能が使えて100円はお得ですね。

・ イケアのステムはシンプル&カラフル

出典:@ imph_さん

『IKEA(イケア)』の『STÄM(ステム)』シリーズは、シンプルで使い勝手の良いキッチンツールがそろったシリーズ。カラフルな色合いとコストパフォーマンスの良さが人気です。こちらの「缶オープナー」は、回転式の缶切りで使い方も簡単と人気です。缶の横を切るタイプで、カラーはカラフルな3色、価格149円(税込)は驚きです。

・レトロな刻印のダイヤモンド缶切

出典:@ clip_kurashinomonoさん

株式会社新考社(しんこうしゃ)の「ダイヤモンド缶切」650円(税抜)は、オールステンレスでできた日本製。シンプルなデザインながら缶切りと栓抜き、穴あけ、こじあけの4つの機能がこれひとつに。表面にデザインされた刻印がレトロでおしゃれ。

・ダイヤモンド缶切りの左利きバージョンもあり

左利きの方が普通の缶切りを使うのは、非常に使いにくいもの!左利き専用の缶切りがあれば…と思いご紹介するのが、ダイヤモンド缶切りの左利きバージョン。新考社の「レフト・フォー缶切(左利き用)」750円(税抜)です。ダイヤモンド缶切りの機能はそのままに、左右逆転している缶切り。刻印の"LEFT4IN1"が目じるし。

・切り口が安全トッパー缶切り

出典:@ shimano_yorozuyaさん

株式会社エドランド工業の「トッパー缶切り」は、回転式缶切りの先駆者。丸い缶だけでなく四角い缶でも開けられますよ。また、カッターの部分が、缶の中身にふれないので、衛生面でも安心です。

出典:@ shimano_yorozuyaさん

缶の胴体を切ることで、切り取った部分はフタとして使うことが可能。切り口が、なめらかで手を切る心配が少ないことも特徴です。

・多機能といえばビクトリノックス

出典:@ ryt119さん

多機能を兼ねそろえている十徳ツールの代表といえば、スイスで生まれた『VICTORINOX(ビクトリノックス)』です。アウトドア愛好家の間では憧れのメーカーでもあるビクトリノックス。

出典:@ ryt119さん

ビクトリノックスのマルチツールは、種類が豊富にあり、子ども用のマルチツールもありますよ。画像のようにナイフをはじめとした、たくさんのツールがそろっていて、価格は1,000円台のものから数万円するものまでありますよ。

・カード型の缶切りも

出典:mamagirlLABO @ shigepy_さん

セリアでは、カード型の缶切りもあるんです。「マルチツールプレート」100円(税抜)は、缶切りのほかにナイフ・栓抜き・スケール・マイナスドライバー・簡易のこぎり・六角レンチなどが、カードの中に収まっています。カードタイプなので、かさばらず持ち歩きにも良いですね。

■缶切りはひとつ持っておくと安心♡

出典:mamagirlLABO @ shigepy_さん

生活の中ではほとんど使うことがなくなってきた缶切りですが、持っておくといざというときの役に立ちます。いざというときに慌てないためにも、ひとつ用意して備えておいてはいかがでしょう。

はるか

小学生男子のママで、休日はドライブを楽しんでいます。子供の影響で星空に興味を持ち始め、神秘的な世界に引き込まれています。手芸が趣味で時間があればチクチクするのが楽しみです。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]