出典:photoAC

Beauty

ヒールの歩き方に自信ある?かっこよくて疲れない方法や美姿勢スクールまで

ハイヒールは歩くときに膝がカクカクしていたり、音が大きかったりするとどんなにおしゃれをしていてもダサい人に見えてしまうアイテムです。今回は歩き方をマスターすればかっこよく見えるハイヒールについて紹介します。姿勢のチェックポイントや歩き方の基本などを教えるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どうしても自分だけじゃ歩き方が直らないという人はウォーキングスクールを受講してみるのも方法ですよ☆

■ヒールをはくなら姿勢をチェックしてみよう

まず、ヒールをはく前に自分の姿勢をチェックしてみましょう。最初から歪んでいたらいくら上手に歩いても、疲れてしまいますよ。

・体幹がしっかりしていないと猫背になりがち

出典:photoAC

肩を開き、背筋をまっすぐにして立つことが自然にできていますか?
腹筋や体幹がしっかりしていないと肩が内側に入ってしまい、猫背に…。そのままの姿勢だと、ヒールをはいたときの立ち姿もどこかおばさんっぽくなってしまいます。まずは、よくヒールをはくときに聞く、“頭のてっぺんから糸で吊られている”ような感じでまっすぐ立つことが大切です。

・ヒールでなりがちな内股は骨盤が歪む原因

出典:photoAC

ついついヒールをはくとなりがちな、内股が癖になっている人はいませんか?
内股は骨盤がゆがむ原因にもなり、それが体全体のバランスにまで影響を及ぼすこともあります。
ヒールをはいたときは、つま先をやや外側に向けて歩くようにすると、全体のバランスがキレイになります。

・お腹を引き締めてお臍を上げるイメージの姿勢を保つ

出典:photoAC

ヒールをはくときはお腹を引き上げて、高い腰の位置で体重を支えるイメージをすると、足にかかる負担が減らせます。また、ヒールは疲れやすいと感じている人はお腹の位置を保てていない場合が多いそう。
お腹に注意して歩くことでシェイプアップ効果も期待できるので、ヒールが苦手な人もぜひトライしてみて。

■正しい姿勢を保つためにはどうしたらいい?

ヒールに限らず正しい姿勢を保つのは男性でも女性でも共通事項。ダイエット効果も期待できるので、まずは正しい姿勢を身につけてみましょう。

・正しい姿勢をキープするには腹筋が必要不可欠

出典:photoAC

姿勢チェック時にも紹介しましたが、腹筋はキレイな立ち姿を演出するには必要不可欠な筋肉です。腹筋が弱いと反り腰やポッコリお腹の原因になってしまいます。
腹筋に力が入っているかのチェック方法はいたって簡単☆壁に頭・肩・腰・かかとの4点をくっつけてまっすぐに立ってみましょう。
壁と腰の隙間に自分の拳が入るようなら腹筋の力が弱い証拠です。入ってしまった人はまず、腹筋を鍛えるところから始めてみて!
逆にパーにしないと入らない場合はOK!しっかりとお腹を引き締め、正しい姿勢ができている証拠です。

・歪みを改善するために骨盤を整える

出典:photoAC

ヒールをはいていると内股や重心が前にかかることで、骨盤が歪みやすくなります。ゆがんだままの骨盤をそのままにしておくと、正しい姿勢がとりにくくなるため、まずは定期的に骨盤を正しい位置に整える必要があります。
特に女性の場合は、出産や足組などでも骨盤がゆがみやすいので、要注意!骨盤の位置が整うだけでも歪みが原因のむくみや冷え性などが解消されることもあるので、骨盤ベルトや接骨院などで歪みを整えてくださいね。

・ヒールをはくために必要な足の筋力を鍛える

出典:photoAC

ヒールはスニーカーよりも筋肉を多く使うはき物です。正しい姿勢でヒールがはける場合は、いろんな筋肉が刺激され若々しさをキープできるアイテムですが、慣れていない場合は逆に負担になってしまうことも。
そうならないためにも足の筋力は日ごろから鍛えておくのがベター。特にヒールは膝を曲げてカクカク歩くと余計に負担がかかっていまいます。
まずは、膝を曲げずに歩けるだけの筋力をつけましょう。

■これで安心!疲れないヒールの歩き方

出典:photoAC

姿勢をキープするのはできても歩き方がお粗末では意味がありません。ここでは姿勢の次に大切な歩き方について紹介します。

・ハイヒールの場合

ハイヒールの場合は、つま先から着地するのが基本です。よくコツコツと大きな音を立てながら歩いている方も見受けられますが、あれは聞く人によっては不快になることも。つま先から着地する気持ちで足を運ぶだけでヒールの音が小さくなます。
また、つま先を気にしすぎて目線を下げるのはNG。目線を上げて背筋を伸ばすように意識しましょう。あとは内股にならないように膝を伸ばして歩くだけ!

・ローヒールの場合

ローヒールの場合は姿勢や足の向きなどはハイヒールと同じですが、かかとから歩くようにするのが大きな違いです。しっかりとかかとから足全体を使って歩くことでずり足を予防できます。

■ヒールの歩き方のレッスンをするところも

ヒールの歩き方を何とかしたいけど、自分じゃどうにもできない!という人は、歩き方レッスンを受けてみてはいかが?足が痛くない歩き方や自分では気づけないクセが発見できるので、早く歩き方を改善したい人はぜひトライしてみて。

・NPO法人 日本ウォーキングセラピー協会

こちらでは基本姿勢から基本の足運び、重心移動などのウォーキングの基礎を学べるレッスンが受講できます。初心者向けからより自分を高めたい人向けなど、なりたい自分に合わせたレッスンがあり、歩くことで自分をセルフマネジメントしたい人におすすめです。

・ハイヒールの美しい歩き方を学ぶウォーキングスクール

ハイヒールが脱げる、つま先が傷むなどの悩みを解決したいなら、ハイヒール専門のレッスンスクールがおすすめ。
こちらのレッスンでは、歩き方以外にも自分に合ったハイヒールの選び方から、足の作り、立ち振る舞いなどが学べます。年を重ねてもハイヒールを楽しむ自分を目標にした「100歳ハイヒールレッスン」が人気です。

・DUKESWALKING

一世を風靡したデューク更家さんのウォーキングスクールは今なお人気があります。
スニーカーを使った基本的な歩き方からビジネスシーンで活躍するヒールや革靴などの歩き方まで、あらゆるシーンで活用できる歩き方が学べます。

■正しい姿勢・歩き方でヒールをかっこ良くはきこなそう

出典:photoAC

ヒールのある靴はスニーカーと違い歩き方にコツがいりますが、自然とはきこなせるようになれば、大人っぽい格好もお手の物☆足が痛くなる、歩きづらいとヒールを敬遠していた人は、今回の歩き方のポイントを押さえてぜひヒールスタイルにチャレンジしてみてくださいね。

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!