出典:@beauty_mmrさん

Beauty

やっぱりアガるディプティック♡おしゃれで人気のオススメ香水は?

『DIPTYQUE(ディプティック)』をご存知ですか?アロマフレグランスやキャンドルなどを取り扱っているブランドで、品質の良い原材料を使ったこだわりの香りや、おしゃれなボトルデザインなどが特徴です。名前は分からないけど、インスタグラムや口コミサイトなどで見かけたことがあるという人もいるかもしれませんね。今回はディプティックのなかでも人気のあるアイテム、香水を中心にピックアップしました。

いくつかの香りを紹介するので、ディプティックのアイテムが気になっている人は参考にしてみてくださいね。

■ディプティックってどんなブランドなの?

出典:PhotoAC

ディプティックはフランス発祥のブランドで、植物からの天然成分を抽出して作られたり、環境に配慮して詰め替え可能なガラスボトルを採用したりと自然や環境を大切にしています。ディプティックの製品は成分や原料にこだわり、アレルギーを発症する可能性なども考え厳しい基準を設けて開発されたフレグランスアイテムです。練香水やスキンケア製品など、肌の弱い部分に使用するアイテムも、安心して使えます。

■ディプティックで取り扱うアイテムは?

出典:mamagirlLABO @ chic_style413さん

ディプティックは開業当初、オブジェを販売する店舗でしたが、徐々にコンセプトストアへと変化していき、オードトワレやフェイスマスクなどのコスメアイテムを取り扱うようになりました。ディプティックは、1963年当時、香水の世界では革命とも考えられるオリジナリティあふれる香りのついたキャンドルを販売しました。キャンドルは現在も取り扱いがあり、人気の高いアイテムです。
ほかにもクローゼットや引き出しに入れて使えるフレグランスオブジェなどの香りを楽しむアイテムや、ハンドソープやクレンジングバームなどのボディケア商品があります。おしゃれなテキスタイルを使用したクッションカバーなども販売されていますよ。

■ディプティックのオススメ商品は香水!

フレグランスアイテムを多く取り扱うディプティック。なかでもオードトワレをはじめとする香水がオススメです!

・ディップティックの香水はどんな特徴がある?

出典:@kaz_0608zさん

ディプティックの香水は、クリエーターたちの経験や自然からインスピレーションを受けた香りが特徴です。天然の素材を使用し、香りを捉えるために作られた独自のテクニックを用いて、自然を丸ごとボトルに詰めたような香水になっています。また、シンプルなボトルに貼られたラベルも、スタイリッシュで魅力的なデザインです。

・何種類くらいあるの?

ディプティックの香水は、オードトワレが17種類、オードパルファムが13種類となっています。種類がありすぎて悩んでしまうという人には、ベストセラーの香りが少量ずつセットになった商品を選ぶのが正解!いくつかの香水を試して、じっくりお気に入りを見つけられるのでオススメです。

■ディプティックで人気のある香水は?

ディプティックで取り扱う香水は、クリエーターの思いが詰まった商品ばかりで、さまざまな特徴があります。豊かなラインナップから、いくつか人気のある香水をセレクトして紹介します。

・子ども時代の記憶が閉じ込められたド ソン

出典:@beauty_mmrさん

「ド ソン」には、創業者が体験した幼少期の思い出が詰まっています。ハロン湾ドソン海岸で過ごした夏の記憶をベースに作られており、市場で神に捧げるジャスミンやテュベルーズといった花の香りを、海風が運んでくるイメージのようです。軽やかな花の香りと同時に、創業者の母親が好きだったといわれるスパイシーさも感じられる香水に仕上がっています。

・寺院をイメージしたタムダオ

出典:@kaz_0608zさん

タムダオに使用されているのは、東インドの樹齢が60年以上もあるサンダルウッド。希少で良質なエッセンスのみを抽出した香水です。ヒノキ科のサイプレスなども合わさり、さりげなくスパイシーな香りを引き立てています。神聖なインドシナの森をイメージし、寺院で感じられるようなやわらかい香りが特徴で、ゾウの描かれたボトルラベルもオシャレな商品です。

・イチジクの香りをベースにしたフィロシコス

出典:@ ayamiyamotolapaixさん

ギリシャで「イチジクの友」という意味の「フィロシコス」。イチジクの葉や樹から得られる成分を原料としています。ギリシャのペリオン山にあるイチジクの林がイメージされた、みずみずしさやミルキーさを感じさせる香りです。果実の香りは控えめにして、樹皮のウッディな雰囲気が引き立っているのもポイント。

・空想を香水にしたロンブル ダン ロー

出典:@kaz_0608zさん

1983年に、世界初の果実を感じさせるフローラルノートのひとつとして誕生した香水です。ローズやカシスを摘んですぐの香りや、カシスの葉から得られるグリーンの香りをひとつのボトルに詰めたような仕上がりが特徴です。穏やかな流れの川や、柳の下でのお昼寝など空想の物語をイメージして作られています。

■ディプティックの香水以外のオススメ商品は?

ディプティックは香水以外のフレグランスアイテムも充実。フレグランスブレスレットやフレグランスブローチなど、少し変わったアイテムもありますよ。今回はディプティック初心者でも使いやすい、オススメ商品をピックアップしました。

・ディプティックの歴史を感じられるキャンドル

出典:mamagirlLABO @ yukichi_yukiさん

ディプティックのフレグランスアイテムとして歴史が古く、ポピュラーなキャンドルはインテリアとしてもオススメです。香水と同じようにラベルデザインがおしゃれなのがポイント。香りやサイズがさまざまで、期間限定のカラフルなグラスに入ったキャンドルもあります。

・ディプティックの香りを堪能できるルームスプレー

出典:@mario_dozonoさん

ホームフレグランスとしてディプティックが取り扱うアイテムのひとつに、ルームスプレーがあります。香水を作る技術や専門知識を活用して作られた商品で、ひと吹きで上品な香りを楽しめる即効性が魅力です。ハーバルやフローラルなど、香水と同じくらい豊富な種類があるため、お気に入りの香りを探すのも楽しいですね。

■ディプティックはどこで買えるの?

出典:@r.and.r_niwatoco.tocotoさん

ディプティックは関東地方では東京に店舗が多く、青山、銀座などの独立型店舗や渋谷、新宿、日本橋などの商業施設にテナントとなっている店舗があります。ほかの地方にはジェイアール名古屋タカシマヤ店や、大阪のルクア イーレ店などがあるため、自宅や勤務先近くに店舗がある人は足を運んでみてください。行けるお店がない!という人はオンラインショップで購入するのもオススメです。

■ディプティックは独特のイメージあふれる香りが魅力

ディプティックには自然を大切にした成分やパッケージで、独自のテクニックなどを使ったオリジナリティのある香りが魅力的です。おしゃれなボトルのラベルや、香水に秘められたディプティックの思いなどを知っていると、より深く香りを楽しむことができそうです。肌につけるアイテムとして丁寧に作られているため、敏感肌で香水を控えている人も使用できるかもしれませんよ。

amatsuhi

食いしん坊でおしゃべり大好きなムスメに引っ張られながら、毎日を過ごしています。音楽と自然と古い物が好きな収集家です。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!