Baby&Kids

「あなたならできる」とお母さんが信じることがパワーの源

vol.1571【1日1成長お母さん】お母さんの「あなたならできる」の一言は挑戦へのパワーになる  

何にでも挑戦できる逞しい子に育てるにはお母さんのサポートの仕方も重要

今の小学生が大人になる頃には、半分以上の子どもが今は存在しない職業に就くだろうと言われています。そんな別世界の社会を生き抜くため、どんな困難にもめげず色んなことに挑戦できるたくましい子に育ってほしいと思っているお母さんも多いのではないでしょうか。
私たち大人でも新しいことに挑戦するときはすごいパワーがいりますが、頑張れるパワーの源は周りからの応援だったりします。
お母さんが「あなたならできる」と信じてあげることで子どもは何にでも挑戦できるようになります。

お母さんが「あなたならできる」と信じてあげることで子どもは挑戦ができる

大人でも子どもでも新しいことへの挑戦は不安になることがあります。幼児期は特に新しい挑戦が目白押し。服の着脱、排せつ、食事時など、たくさん達成しないといけない事があります。
年長さんになれば、音楽や運動なども入ってきて、ピアニカ、鉄棒や縄跳びなど、家での練習も必要になってきます。
そんな時、お母さんの応援は重要です。他の子どもと比べて「なんであなただけできないの」と言わず「あなたならできる」と信じて応援してあげましょう。

「できない」には「○○ちゃんならできるよ」と見守ってあげるのがいい

特に3歳頃になると、何でも自分でしたいと言い出す子がいます。服の着脱を一人でしようとしますがなかなか思い通りにいかず「できない」と言ってきます。
そう言われるとお母さんもすぐに手伝ってしまいがちですが、そんなとき「〇〇ちゃんならできるよ」と言って見守ってあげるだけでいいのです。
できたときは「一人でできたね」と一緒に喜んであげることができれば成功体験となり、自信にもつながっていきます。

どんな挑戦でもお母さんは子どもの可能性を信じること!逞しく育つカギ

なかなか一人でできなくて癇癪を起す子どもには「ここを引っ張ってみたらどうかな」とアドバイスしたり、途中少しだけ手伝ってあげて最後は自分一人でさせて達成感を味わわせるのもいいでしょう。
子どもが「できない」と自信をなくしている時、お母さんが「あなたならできる」という魔法の言葉をかけてあげてください。
それだけで子どもは頑張る気力がわいてくるのです。そんな魔法の言葉をかけ続けると自分から何にでも挑戦できる逞しい子に成長していくでしょう。

今日の1日1成長

色んなことに挑戦できる子に育つ魔法の言葉「あなたならできる」
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
新田みほ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]