Baby&Kids

心配性なお母さんに伝えたい。子どもの考える力を育てる三原則

vol.1751【1日1成長お母さん】子どもが自分で考えて行動できるよう導いてあげることが大切

大切なわが子だからこそ心配。何が子どもにとって大切なのかを考えよう

子どもが少しずつお家の中だけでなく外の世界へと踏み出す時、成長を感じて嬉しいような少し寂しいような気持ちになります。一緒にいないときに可愛いわが子には少しでも困ったり痛い思いをしたりしてほしくないもの。心配しすぎて先回りして、ついつい声をかけすぎてしまったりすることありませんか?あまりお母さんが手出し口出しをしてしまうと自分で判断や主張ができない子になってしまうことも。子どもが自分で考え、行動できるよう接し方を見直してみましょう。

心配性なお母さんほど先回り。準備しすぎは子どもの考える機会を減らす

5歳の女の子のお母さんHさんはとても心配性でついつい子どもの行動に口を出してしまいます。「寒いから上着をきたら?」「こぼすからお母さんがいれるね」と、可愛いわが子のためにお世話をしています。一見気の利くお母さんですがある日ママ友から「いつまでも子どもに手をかけていると、自分で判断したり考えたりすることができなくなる」と聞きビックリ!今までの自分の子育てを振り返ると何でも先に準備していました。そこでわが子のために“ふくろうの法則”を取り入れることにしました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]