Baby&Kids

なんでも触りたい1歳。“やりたい”を体験できる環境を整えよう

vol.1827【1日1成長お母さん】1歳は“できた!”という体験をたくさんしてやる気を育てる時期

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



いろんなものを触って体験できる環境を整えて、探求心を満たしてあげよう

1歳くらいになると、子どもは動き回って何でも触ろうとします。扉を開けてモノを出したり、ティッシュを引っぱりだしたりと、お母さんとしてはお片づけも一苦労ですね。つい「ダメだよ」と言って取り上げたりしますが、この時期はなるべく多くの“できた!”という体験をさせることが大事です。1歳頃は探求心が旺盛。いろんなことに興味を示して、なんでもやってみたい年頃です。子どもがやりたいことができるように環境を整えてあげましょう。

1歳はやる気が育つ時期。興味あることを体験させて成功経験を積もう

1歳は、認知発達心理学の成長ステップで“実験期”と呼ばれています。身の回りにあるものが何のために存在して何の機能を果たしているのかを、実体験を通して確かめたいのです。ティッシュを引き出し続けるのは、いつなくなるのかを確かめたいからなのです。そして、最後までやりきると“できた!”という達成感が得られます。この“できた!”という喜びが子どものやる気を育て、次も何かに挑戦しようとする行動力が身につくのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE