Baby&Kids

感情的に怒るのはNG!子どもの行動に着目した叱り方はOK

叱るときは望ましい行動を伝える!自己肯定感を傷つけない叱り方にシフト

“怒る”は感情的で、相手の心を痛ませ傷つけることになります。対して“叱る”は相手を認めながら、特定の行動を修正するために意図的に行われるものです。子どもへの注意は“叱る”が望ましいでしょう。子どもを叱るときには、してほしい行動を冷静に伝えましょう。例えば「話を聞くときは顔を見て」「帰ったらうがいと手を洗おうね」などです。子どもがどうしたら良いかを明確に伝えることが大切です。

自ら判断し行動する力を育てよう。キーワードは「お母さんに教えて?」

怒られ続けると子どもの心は傷つき、否定的な思考になっていきます。これが続くと自己肯定感が低くなってしまう可能性も。注意が必要な場面では、自ら判断し行動できる力を育てる叱り方を意識しましょう。「どうやって〇〇だっけ?」と質問し考える機会を与えます。ときには「お母さんに教えて?」と知らないふりをして答えを引き出すのもgood。自己肯定感をそのままに、自ら判断し行動できる力を育てる叱り方を意識しましょう。愛情を感じたまま成長を促せて一石二鳥です。
 

今日の1日1成長

STOP依存心!自己肯定感を傷つけない叱り方で成長を促そう
子どもの判断力も1成長、お母さんの伝える力も1成長。
かわさきちか(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]