FacebookInstagramYouTube
歌を歌って歩く時間を作ろう。子どもに伝える“ゆっくり”歩く

Baby&Kids

歌を歌って歩く時間を作ろう。子どもに伝える“ゆっくり”歩く

大好きなお母さんとの時間は楽しいもの。楽しみながら学んでいこう

お母さんの歌声は子どもにいいことがいっぱいです。実は歌声には読み聞かせと同じくらいの効果があるのです。親子のコミュニケーションタイムになるだけに留まらず、子どもをリラックスさせ、言葉の発達を促すことにも繋がります。情景を思い浮かべながら歌うと想像力をも養えます。子どもの学びには楽しむことが不可欠。お母さんと歌いながらゆっくり歩くことで、子どもの楽しい気持ちが増して自然と新たな学びを得ていくでしょう。 

 

今日の1日1成長

“走らず歩く”子どもの行動のペースを変えたいときはいっしょに歌を歌おう
子どもの学ぶ力も1成長、お母さんの工夫力も1成長。
みきいくみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

沐浴のタイミングはいつ?お風呂に入れる手順や頻度、準備するもの

Baby&Kids

2024.01.13

沐浴のタイミングはいつ?お風呂に入れる手順や頻度、準備するもの

竹内 エリカ

ライター
幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
POST
LINELINE