Baby&Kids

こだわりが強い子どもに手がつけられなくなったときの対処法

こだわりが強い子どもはがんばり屋。手がつけられないときはそっと見守ろう

感情のコントロールが苦手なMちゃんは「あれも嫌。これも嫌」と泣き出すと手がつけられなくなります。何を言っても怒って泣き続け、スキンシップをとろうとしても暴れて嫌がります。この場合、落ち着くまでそっと見守りましょう。時間がない場合は抱えて連れて行っても大丈夫です。こだわりの強い子どもは社会性が高い子が多く外ではとてもがんばり屋さんです。園に連れて行くことで、気持ちも変化して真面目に活動できることもあります。

子どもが言ったことをおうむ返しに繰り返すことで安心感を与えよう

こだわりの強い子はがんばり屋さんで自分の考えをしっかりもっています。しかし、感情のコントロールが苦手で、1度泣き出すと後に引きずることも。このタイプの子には気持ちを受け入れる“リピート法”を使うといいでしょう。「この服は嫌だ」と言えば「この服は嫌なのね」といったように、子どもが言ったことをそのまま繰り返すことで、自分の気持ちを受け入れてもらえたことに安心できるようになるのです。こだわりを認め安心感を与えることで、心も安定していきます。

今日の1日1成長

こだわりは認め、子どもの言葉をおうむ返しすることで安心を与えよう
子どものこだわる力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
小倉圭子(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

絵本の作り方が知りたい!紙や布だけじゃなくアプリでも♡

Baby&Kids

2022.07.06

絵本の作り方が知りたい!紙や布だけじゃなくアプリでも♡

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]