Baby&Kids

こだわりが強い子どもに手がつけられなくなったときの対処法

vol.1962【1日1成長お母さん】こだわりが強い子はがんばり屋さん。子どものこだわりを認めよう

こだわりが強い子どもは思い通りにならなかったら1時間でも泣き続ける

こだわりが強い子どもは意志が強く、自己主張もしっかりしています。そのため、子どもの意志でないことを求めると1時間でも泣き続けるケースもあります。“嫌だ”という主張も激しいので、同じ服しか着なかったり自分が選んだ服しか着なかったりとこだわりが強い子どももいます。新しく買った服を着てくれなかったときは「せっかく買ったのに!」と腹が立つときもあります。高価な服ならなおさらです。でも、できる範囲で好きなようにさせてあげましょう。

感情のコントロールが苦手な子は自分でも何が嫌かわからなくなるときもある

3歳のMちゃんは服にこだわりがあって、自分が選んだ服しか着てくれません。お母さんは次の日に着ていく服を前の晩に選んでもらい枕元に置いておくのですが、翌朝になって「やっぱりこの服嫌だ!」とぐずり始める日があります。お母さんも「じゃあどの服がいいの?」と聞いていくのですが、あれも嫌。これも嫌。と泣いて怒り、どんどん時間が過ぎていくばかり。そんな日はお母さんもだんだんイライラして、最終的に無理やり着替えさせて園に送っていました。

Recommend

五感を刺激!お風呂のおもちゃが好奇心を育てる【Sassy】の新作が登場!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]