FacebookInstagramYouTube
「今日の靴はどれにする?」自分で決めると準備がスムーズになる

Baby&Kids

「今日の靴はどれにする?」自分で決めると準備がスムーズになる

子どもの要望をおおらかに受け入れよう。ただし危険な場合は気をそらして

子どもは思いのまま要望を伝えるので、ときには危ないことをしたがる場合もあります。そのときは別のことに興味を持たせる声かけが必要になります。スーパーで泣き叫んだら買い物を中断して帰宅するなど、場所を変えるのも良いでしょう。危険がない場合は子どもの要望をおおらかに受け入れてあげます。「大人になったらこれをしたい!」という目標を自分で決めて、コツコツやり抜く力が自然と身についていくでしょう。

今日の1日1成長

晴れの日も長靴OK!こだわり派の才能は、やりたいことが叶うと伸びる
子どもの決断力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
きとうめぐみ(文)かわさきちか(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

【新生児のゲップが出ない】ゲップが出ないときの対処法や簡単な出し方紹介

Baby&Kids

2024.01.17

【新生児のゲップが出ない】ゲップが出ないときの対処法や簡単な出し方紹介

竹内 エリカ

ライター
幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
POST
LINELINE