Baby&Kids

「今日の靴はどれにする?」自分で決めると準備がスムーズになる

vol.1969【1日1成長お母さん】親の意見を拒否する子は、子どもに決めさせてあげると◎

選択は子どもにお任せ!わがままに困ったら、アドバイスは封印しよう

登園前の朝に子どもがあれこれ嫌だとわがままを言ったら困りますね。子どもの中にはこだわりが強いタイプの子もいて、自分が着たい服でなければ着ない子がいます。“これがいい”と自分の意思が強い子には、好きなように選ばせてみましょう。お母さんが言ったものはどんなものも拒否する場合でも、自分で決めるようにするとあっという間に着替えが終わることがあります。朝の支度がスムーズに終わると、親も子も晴れやかな気持ちで一日をスタートできるでしょう。

長靴じゃなきゃ嫌!毎朝30分泣き続けるこだわりの強さに四苦八苦

幼稚園へ子どもを送っていったときのこと。仲良しの3歳児クラスのRくんが玄関で泣いていました。お母さんに聞いてみると、晴れているのに長靴を履きたがって大泣きしていたそうです。お母さんは外遊びのときは走れる靴を履かなければいけないと説得。Rくんは「それなら外で遊ばない」と譲らず30分以上泣き続けています。お母さんはRくんの主張を聞き入れてしまおうか、でもそれではわがままに育ててしまう気がすると困っていました。

Recommend

【監修記事】がんばるママたちが、自分自身の体を知る場所。 “W Femina Clinic”って?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]