FacebookInstagramYouTube
これじゃなきゃイヤ!そんな子には「いいよ」で思いを受け止めよう

Baby&Kids

これじゃなきゃイヤ!そんな子には「いいよ」で思いを受け止めよう

「いいよ」は子どもが「認めてもらえた!」と安心する魔法の言葉

毎日イヤイヤされて子どもを叱り続けていると、お母さんは育てにくいと感じて、子どもと向き合うのが辛くなってしまうかもしれません。しかし、自分の気持ちを理解してくれたと分かると子どもは安心し、イヤイヤも和らぎます。まずは10回に1回で良いので、子どものこだわりを否定せず「いいよ」と言ってみましょう。併せてお母さんの要求も「いいよ、保育園に着くまでね」のようにつけ足すと、子どもも納得してくれやすくなりますよ。

今日の1日1成長

イヤイヤ対策!かんしゃくには「いいよ」で子どもの思いに寄り添おう
子どもの目標達成力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
宮本まどな(文)わたなべゆみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

あわせて読みたい

「新生児から6歳まで使える!」スマートベビーモニター【CuboAi】 ママの心と体をラクに!子育てをもっと楽しく!

Baby&Kids

2024.04.17

「新生児から6歳まで使える!」スマートベビーモニター【CuboAi】 ママの心と体をラクに!子育てをもっと楽しく!

竹内 エリカ

ライター
幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
POST
LINELINE