出典:photoAC

Lifestyle

シャワーヘッドの掃除の仕方 実はやばい!汚れる理由や簡単お手入れ法も

■簡単!汚れに応じたシャワーヘッドの掃除方法

シャワーヘッドの汚れ具合に応じた掃除方法を紹介します。

出典:photoAC

・軽い汚れは、お風呂用の中性洗剤でこすり洗いしよう

ピンク色のぬめりがついていない状態であれば、バスマジックリンやウタマロクリーナーといった中性洗剤でこするだけでも十分キレイになります。

・しつこい水垢にはクエン酸水につけ置きしてこするだけ

固まってしまった水垢や皮脂にはクエン酸水へのつけ置きがおすすめです。クエン酸水の作り方は、ぬるま湯1Lにクエン酸大さじ1を溶かすだけ。汚れに応じて1~3時間放置しましょう。あとはブラシでさっとこすって洗い流してください。

出典:photoAC

つけ置きでも落ちない頑固な汚れは、キッチンペーパーでパックして落としましょう。クエン酸水を染み込ませたキッチンペーパーを汚れの上に置き、さらにラップで包んで1時間ほど放置します。あとはつけ置き同様、ブラシでこすり洗いをして終了です。 クエン酸が自宅にない場合は、お酢で代用可能ですよ。

出典:photoAC

また、テレビで話題のオキシクリーンを使用した「オキシ漬け」もシャワーヘッドの汚れに有効です。お湯の温度が高すぎるとオキシクリーンの効果がなくなるので、40~60度くらいに調整してつけ置きしてください。 

・どうしても落ちない汚れは重曹やセスキ炭酸ソーダを試してみよう

出典:photoAC

クエン酸のつけ置きやパックでも落ちない汚れには重曹を使用してみましょう。アルカリ性汚れに強いクエン酸でも落ちない場合は、酸性の皮脂汚れである可能性が高いです。

また、重曹のほかにセスキ炭酸ソーダも酸性汚れに強いことで有名。肌に優しいのに洗浄力は高く、水に溶けやすいのがポイントです。
キッチンやお風呂などの掃除に重宝する重曹やセスキ炭酸ソーダは 、ホームセンターや『DAISO(ダイソー)』などで簡単に手に入りますよ。

■黒カビを撃退!シャワーヘッドの掃除方法と注意点

黒カビが生えている場合はアレルギー発症リスクも高まるため、すぐに掃除しましょう。

・黒カビにはハイターやカビキラーなどの塩素系漂白剤を使おう!

出典:photoAC

塩素系漂白剤には、カビの細胞を破壊する効果があります。シャワーヘッドにカビを見つけたらハイターやカビキラーで対処しましょう。 

・塩素系漂白剤とクエン酸を混ぜるのは危険!

出典:photoAC

塩素系漂白剤を使用する際に注意したいのが、酸性の洗剤と同時に使用しないことです。この2つが混ざると有毒ガスが発生するため、とっても危険。酸性洗剤で水垢を落とす作業と塩素系漂白剤でカビを落とす作業は別日にするか、しっかり水で流してから行いましょう。 

・シャワーヘッドによっては、塩素系漂白剤で傷んでしまうものも

出典:photoAC

シャワーヘッドに使われている素材によっては、塩素系漂白剤が使用できないものもあります。シャワーヘッドを傷めてしまわないよう、事前に取扱説明書で確認しましょう。

■シャワーヘッドの汚れを予防するコツとは?

出典:photoAC

シャワーヘッドの汚れは日々のひと手間で防ぐことができます。シャワーを使用した後は以下のことを心掛けてみましょう。
・シャワーヘッドを振って水気を切る
・シャワーヘッドを湿気がこもりにくい高い位置にひっかけて乾燥させる
・浴室乾燥機を使用したり、スクイージーで水気を落としたりしてバスルームの湿気を下げる

シャワーヘッドの水分を飛ばし、浴室全体の湿度を下げることでカビは繁殖しにくくなります。今日からできることばかりなので、ぜひ実践してみて☆

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]