出典:photoAC

Lifestyle

配信アプリのおすすめは? 顔出しなしで配信できる主婦向きアプリ6選

無数にあるライブ配信には、稼げるものや顔出しなしでも配信できるものなど、機能面においてさまざまな違いがあるんです。アプリの選び方からおすすめの配信アプリまでまるっとご紹介します。

「耳にしたことがあるライブ配信アプリはいろいろとあるけれど、どれを選べばいいのか特徴や違いがわからない…。」「興味はあるけれど、どんな配信をしたらいいのか思いつかなくて結局手を出せずじまい。」「日々家事・育児に追われていて、まとまった時間が取りづらいママでもできるのか不安…。」など、なんとなく若者の中では流行っていそうと思いつつも、ママたちにとってはまだまだ疑問の多いライブ配信アプリの世界。今回はそんな疑問を紐解くヒントとなるような、配信アプリの選び方や顔出しなしでもできる配信の仕方、主要アプリの特徴について詳しくご紹介していきます。この記事を読んで自分にピッタリのものを見つけましょう。思っている以上に顔出しなしで出来るアプリは多いので、意外とハードルは低いんです! 

■ライブ配信アプリを選ぶ基準

出典:photoAC

ライブ配信アプリとは、自宅にいながら世界中の人にオンライン発信ができるアプリのこと。ごはんを用意している様子を流す料理ライブや、子どもが寝てからの一人時間にする雑談ライブなど、ママでも自由に配信できるのが魅力。無数に存在するアプリの中から、しっくりくるものを選ぶポイントを教えます。

 

・ユーザー数が多い

出典:Agence Olloweb

ユーザー数が多いアプリであればその分リスナーとなる人数も多いということになるので、アプリを選ぶときにその人数を見て選ぶのもよいでしょう。リスナーをたくさん掴めるチャンス!ただし、自分以外のライバーも多い=ライバルが多いということなので、サムネや配信内容などほかの配信に埋もれないような工夫ができると◎。

・機能で選ぶ

出典:pixabay

PCから配信できる、高額の投げ銭がある、ラジオ配信ができる、ライバーへの還元率が高い、時給がもらえる制度があるなどの機能で選ぶのもひとつ!さらに、初心者ライバーをサポートしてくれる制度があるアフターサービスなどを比較して選ぶのもいいでしょう。「より稼げるアプリを選びたい」「初心者でも挑戦しやすい」など重要視する機能を備えたアプリでモチベーションアップ♪

・配信したいジャンルに強い

出典:PAKUTASO

歌配信がしたいならカラオケ機能があるアプリ、モデルとして活躍したいなら雑誌コラボを行っているアプリ、ゲーム配信がしたいならそこに特化したアプリなど、配信したいジャンルに特化したアプリやほしい報酬が狙える配信アプリを選ぶのもアリ!

■顔出ししなくても、ライブ配信は可能

「ママ友やご近所さんに万一配信を見られると思うと、ちょっと恥ずかしい…」「配信上でプライベートはできるだけ晒したくない」など身バレが嫌な方には顔出しなしでも配信できるアプリがおすすめ。どんなものがあるか見ていきましょう。

・アバターを使って配信する

出典:pixabay

自分の動きや喋りに合わせてアバターが動いてくれるVtuberアプリもあります。アプリでいうと、『ピカピカ』や『IRIAM(イリアム)』、『Mirrativ(ミラティブ)』などが人気。カワボが出せる、ゲーム配信が得意、など声だけでの配信にプラスでキャラクターがつけられることで、そのキャラクターの印象が強くなりリスナーに覚えられやすくなったり、実際にしゃべっているような親近感がわきやすくなったりします。アプリによっては髪型や輪郭など自分で好きなアバターを設定できるので、キャラクターの見た目を好んでくれる人も現れるかも。

・ラジオ配信する

出典:pixabay

語るのが好き、声真似ができる、面白い話ができるなどトークや歌唱力を披露したい人などにおすすめのラジオ配信アプリもあります。有名どころでいえば『HAKUNA(ハクナ)』や『ツイキャス』、『spoon(スプーン)』などがラジオ配信アプリで、このほかには顔出し配信と使い分けてラジオ配信もできる『ミクチャ』もあります。声だけのライブは癒し系の音楽を流しながらゆったりした語り口調で寝落ち配信をしている人がいたり、方言推しの配信があったり、BGMとして聴ける耳障りのいい配信や、性癖に刺さるフェチ系の配信、歌ってみた配信などが多いです。アーカイブを残して見逃し配信ができるアプリもあるので、繰り返し聞いてもらえる内容だと再生数がのびて、リスナーも増えそうです。

・マスクや仮面をつけて配信する

出典:photoAC

口元だけ隠す、目元だけ隠して顔を出してもOKであれば、マスクをしての配信やサングラスをしての配信もOK。仮面をつけての配信をする人もいます。何かを身に着けての配信はある意味キャラ付けになり、リスナーに覚えてもらえるかもしれません。また、マスクライバー限定のイベントがある配信アプリなどもあるので、「隠すこと」が公式で認められている場合もあります。ほかの条件は合うのにラジオ機能がない配信アプリだったとしても、こういった方法を使えば配信はできるので、顔出しに抵抗のある方はこの方法も頭に入れて検討してみましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]