FacebookInstagramYouTube
ボディオイルの効果的な使い方!量やタイミング、マッサージの方法までチェックしてうるツヤ肌になろ♡

出典:PIXTA

Beauty

ボディオイルの効果的な使い方!量やタイミング、マッサージの方法までチェックしてうるツヤ肌になろ♡

ボディオイルの効果的な使い方にはどのようなものがあるのでしょうか?マッサージの方法や注意点、パーツ別におすすめのオイルなどをチェックしていきます。みなさんは、ボディオイルを使ったことがありますか?ボディオイルは、肌を保湿してくれるとともに、体のマッサージに欠かせないアイテムです。しかし、ボディオイルにはさまざまな種類があり、どのように使い分ければいいのかわからない人も多いでしょう。そこで今回は、ボディオイルの効果的な使い方やボディオイルの選び方をご紹介していきます。

■そもそもボディオイルって何?

出典:PIXTA

ボディケアに欠かせないボディオイル。いったいどういうものなのでしょうか?

・ボディオイルって何?どんな効果があるの?

ボディオイルは、主として植物由来の油分が配合された保湿用のオイルです。最近耳にするアルガンオイルやホホバオイルなどが代表的なものになります。ボディオイルを塗ると、油分が肌表面に薄い膜を張って水分の蒸発を防ぐので、高い保湿効果が期待できるのです。

・ボディクリームとボディオイルはなにが違うの?

ボディオイルとボディクリームの違い、それは、水分と油分の配合量です。
ボディオイルは油分が多く、先ほども述べたように、肌に膜を張ることで水分を逃しにくくします。
一方ボディクリームは水分量が多く、肌にうるおいを補給してくれるものです。さまざまなテクスチャーの商品が売られているので、好みに合わせて選べます。

・ボディオイルはいつ使うのがベストなの?

ボディオイルは、お風呂あがりなどの濡れた肌に使用するのがベストです。肌に水分があるほうがボディオイルは浸透しやすいので、お風呂からあがってすぐに使ってみてくださいね。

・ボディオイルはどこに使えるの?

ボディオイルは、肌だけでなく髪にも使えるんです。特にかかとや膝、肘といった乾燥しやすい部分に使うといいでしょう。また、爪に塗ってネイルケアするのもおすすめです。

・ボディオイルの使ってもいい範囲は?

ボディオイルは全身に使えますが、皮脂の多い背中や胸元、炎症を起こしている部分は避けるようにしましょう。また、顔は体と比較して皮膚が薄く刺激に弱いので、顔に使用する場合は顔用のオイルを使用してください。

■【基本編】ボディオイルを効果的に使う方法

せっかくボディオイルを使うするなら、効果的に保湿したいですよね。ボディオイルの基本的な使い方を知って、保湿力を高めましょう。

・肌に水分が残っているお風呂上りに使用するのがベスト

ボディオイルを効果的に使うためには、お風呂あがりなどの肌に水分が残っているときがおすすめです。オイルに適度な水分が混ざると、乳化反応により肌に浸透しやすくなります。
体が温まっているとオイルもよく伸びるので、全身のケアがしやすいのもメリットです。

・手のひらで温めてから塗る

出典:PIXTA

ボディオイルを手で温めてから塗ることでオイルの伸びも良く、肌馴染みもアップ!使う量は、全身に対して500円玉~手のひら一杯分が適量です。多すぎるとベタつく原因になるので注意しましょう。

・ベタついてしまったらどうするの?

塗った後にベタつきが気になっても、洗い流す必要はありません。乾いたタオルやホットタオルで気になる箇所を押さえると、ほどよくうるおいますよ。

■【パーツ編】ボディオイルの使い方をご紹介

実際にボディオイルを使う場合はどのように使っていくのか、パーツ別にご紹介します。

・足

出典:PIXTA

足全体のリンパを流すように、足の下から上に向かって順番に流します。特に乾燥しやすい膝やかかとは、ボディオイルを丁寧になじませましょう。
簡単な足のマッサージ方法をご紹介します。

<やり方>

  1. 1.ボディオイルを足全体に伸ばしてなじませる
  2. 2.両手で足先を包み、つま先からかかとに向かってリンパを流す
  3. 3.痛気持ちいい強さで土踏まずを両手でほぐす
  4. 4.くるぶし→ふくらはぎの裏の順にリンパを流してマッサージする
  5. 5.ふくらはぎの裏から膝裏にかけてリンパを流す。膝下は老廃物が溜まりやすいため強めにマッサージする
  6. 6.グーの手で、太もも裏を下から上へ押しながらリンパを流す。表側は上から下に流す。
  7. 7.足首から太ももにかけて、足の裏側を小さく円を描くようにグーにした手でマッサージする
  8. 8.足首から膝にかけて、足の裏側を両手で交互に持ち上げるようにこすり上げる

・デコルテ

デコルテは老廃物が溜まりやすい部位。そのため、最初にマッサージするのがおすすめです。デスクワークにより首や肩が凝っている人も多いので、丁寧に流すようにしてくださいね。耳の後ろからデコルテまで首を流したら、鎖骨に沿って中心から外へマッサージして、最後は脇の下まで流します。

・お腹

お腹は腸などの大事な臓器が集まる場所なので、温かい手で「の」の字を描くように丁寧になでましょう。優しくなでると、便秘解消や免疫力向上の効果も期待できます。

・うで

出典:PIXTA

手首から肩にかけて、リンパの流れに沿うようにボディオイルを塗っていきます。特に乾燥しやすい肘は、丁寧になじませるようにしましょう。
簡単な腕のマッサージ方法をご紹介します。

<やり方>

  1. 1.ボディオイルを手首から肩にかけてリンパの流れに沿って一方向に塗っていく
  2. 2.脇の下を押したりなでたりしてほぐす
  3. 3.手首から肘にかけてリンパを流すように軽く圧をかけながら数回マッサージする
  4. 4.二の腕の外側から脇の下にかけてリンパを流す

・髪の毛

髪の毛にボディオイルをたくさん塗るとベタつくので、全身に塗った後に手に残っているものを髪に塗ればOK。ボディオイルを新たに出す場合も数滴にしておきましょう。
入浴後のタオルドライした髪の毛に使用します。

・ネイル

ハンドクリームより滑りがいいボディオイルは、爪回りのマッサージにおすすめです。爪回りにローションを塗ってからボディオイルを重ねます。
爪のつけ根や周囲を丁寧にマッサージしましょう。

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【かぼちゃスープに合う献立レシピ】付け合わせは?主食・主菜・副菜まで
  • 「心と体をリラックス♪」簡単【ヨガ】を始めよう♪ ~chapter09 ~
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【iHerbおすすめ】サプリやコスメなど今買うべき人気商品を美肌研究家が紹介

Ranking
[ 人気記事 ]