FacebookInstagramYouTube
40代がやってはいけない髪型大公開!おばさんぽくない髪型もレングス・顔型別に紹介

出典:PIXTA

Beauty

40代がやってはいけない髪型大公開!おばさんぽくない髪型もレングス・顔型別に紹介

40代がやってはいけない髪型があるのはご存知でしょうか。年齢とともに髪質や頭皮の状態は変化しますが、40歳を境にその変化が加速します。そのため、「髪の毛がまとまらない」「似合う髪型がわからない」などの悩みを抱える方も少なくないでしょう。
髪型は、髪質や年代にマッチしているかが重要です。それができていないと、疲れているように見えたり老けて見えたりしてしまうことも。今回は、40代がやってはいけない髪型を解説します。あわせて、若返りする髪型も紹介するので、チェックしてみてください。

■40代がやってはいけない髪型とは?

出典:PIXTA

まず、40代がやってはいけない髪型7つと、その理由を紹介します。

<40代がやってはいけない髪型>

  • ・ぱっつん前髪
  • ・シースルーバング
  • ・ぱっくりセンター分け
  • ・トップにボリュームのない髪型
  • ・切りっぱなし
  • ・ハイレイヤー
  • ・明るすぎる髪色

それでは、詳しく見ていきましょう。

・ぱっつん前髪

出典:PIXTA

まっすぐなカットラインがかわいいぱっつん前髪ですが、幼いイメージが強い髪型です。40代がやってしまうと、年齢とのバランスが取りにくく見た目に違和感が生じてしまうことも。ビシッとまっすぐにそろえず、適度に毛先を散らして束感を出すようにしましょう。

・シースルーバング

若者を中心に人気のあるシースルーバングは、抜け感を演出できる前髪です。しかし、40代になると髪の毛の油分や水分が減少するため、軽すぎる前髪にするとまとまりが悪くなってしまいます。髪の毛がまとまっていないと疲れた印象になってしまうので、適度に重みのある前髪にするのをおすすめします。

・ぱっくりセンター分け

40代になると、髪の毛にボリュームがなくなってきたり、白髪が気になったりします。前髪を真ん中でぱっくり分けてしまうと、これらの気になる要素がはっきりと前面に出てしまうので要注意です。
分け目をまっすぐではなくジグザグにしたり、長めの前髪にしたりするとボリューム感や華やかさを演出できます。

・トップにボリュームのない髪型

出典:PIXTA

若く見える条件として、髪の毛の、特にトップのボリュームは大切!年齢とともに髪の毛にハリやコシが減少するため、どうしてもペタッとなりやすいもの。そのため、分け目を中心から少しずらしたり、乾かす際に根本から立ち上げるようにしたりといった工夫をしてみてください。
パーマをかけると、毎日の手入れが楽になるのでおすすめです◎

・切りっぱなし

まっすぐのカットラインが印象的でかわいい切りっぱなしヘア。今どきの髪型としてSNSやヘアカタログなどで人気ですが、年齢によっては髪の毛に動きがなく老けて見えることも。
切りっぱなしヘアでも、表面の髪の毛に動きを出すと解消できるので、レイヤーを入れたりコテで毛先を少し巻いたりして軽やかさを演出してみましょう。

・ハイレイヤー

レイヤーを入れると、髪の毛が立ちあがりボリュームが出ます。しかし、短すぎるレイヤーは、髪の毛がパサついて見えるので40代は要注意!ふんわりとしたボリュームや動きを出するためにレイヤーを入れる場合は、耳より下の位置から入れることをおすすめします。

・明るすぎる髪色

落ち着いた今どきの40代を演出するには、トーンをおさえた透明感のあるカラーリングがおすすめです。40代は白髪が気になる年代でもあるので、カバーするために明るい色にしているという方もいるでしょう。しかし、明るすぎるカラーリングは、髪が乾燥して見えるうえに、昭和感が漂ってしまうので好ましいとはいえません。
グレージュ系やアッシュ系の色なら、暗くなりすぎずに白髪もカバーでき、潤いのある髪色になります。

■【長さ別】40代でもおばさんぽくない!若見えするかわいい髪型6選

次に、若く見える髪型をショート・ボブ・ミディアム・ロングなどのレングス別に紹介していきます。

・【ショート】ボリュームと動きをプラスできるパーマスタイル

出典:PIXTA

トップのボリュームを自然に出すには、パーマをかけるのがおすすめです。細かすぎるカールはおばさん感が漂ってしまうので、大きめのカールでふんわりさせるのがポイント!
パーマをかけていると毎朝の手入れも楽なので、自宅でも簡単にサロン仕上げを再現できるでしょう。

・【ショート】前髪の立ち上がりがポイント!エアリー感の溢れるひし形ショート

出典:PIXTA

前髪をふわっと立ち上がらせることで、40代によくある「疲れて見えがち問題」を解決!髪の毛のボリュームが減少すると、立ち上がりにくくなりますが、そんなときは、ハリやコシを与えてくれるシャンプーなどをうまく活用してみてください。
日々のお手入れが楽になる方法は、パーマなしでもたくさんありますよ◎

・【ボブ】束感が若見えするウェットなスタイリングパーマ

出典:PIXTA

分け目を中央から少しずらして垢抜け感を出した前髪なしの前下がりボブも、40代にはおすすめ。髪質の変化によってパサついた毛先は、軽くヘアオイルやスタイリングバームをつけて濡れ髪を演出すると、若返り効果が期待できるでしょう。
根本にスタイリング剤を使用すると、のっぺり感が出てしまうので注意してくださいね。

・【ボブ】メリハリのあるひし形シルエットのくびれヘア

出典:PIXTA

ボリュームと引き締めのバランスが骨格をきれいに見せてくれるくびれヘア。ボリュームを出しつつ首元にキュッとくびれをつくることで、メリハリも演出できて一石二鳥です。
パサつきやすい前髪は、ヘアオイルを少量使用して束感をつくってあげましょう。

・【ミディアム】暗めのトーンでツヤ感のある外ハネスタイル

出典:PIXTA

ミディアムヘアの場合は、毛先を外ハネにして垢抜けを演出しましょう。透明感のある落ち着いたカラーリングにすれば、40代の大人かわいいスタイリングが実現します。清潔感が溢れるヘアスタイルは、女性だけでなくメンズからも好印象!
レイヤーをあまり入れていないので、自然なツヤが生まれて若々しく見えるでしょう。

・【ロング】毛量調節が肝心!重みを残したレイヤーロング

出典:PIXTA

髪の毛がまとまりにくくなってくる40代のロングヘアは、毛先にほどよい重みと厚みを残すスタイルがおすすめ。ストレートにしすぎるとペタッと感が出てしまうので、毛先を軽く巻いて動きをプラスしましょう。
低い位置からレイヤーを入れると、髪がパサついて見えるのを防げます。

■【顔型別】40代でもおばさんぽくない!若見えするかわいい髪型6選

最後に、40代の若く見える髪型を顔型別で紹介します。丸顔や面長など、気になる輪郭は髪型でうまくカバーしましょう。

・【丸顔】肌の露出バランスが重要!ひし形シルエットのショートヘア

出典:PIXTA

毛量が減ってくる40代には、トップにボリュームを出し、襟足はキュッと引き締めたショートヘアがおすすめです。前髪を分けることで縦のラインが強調されるので、丸顔さんやぽっちゃりさんにぴったりのスタイル。
ひし形のフォルムは頭の形をきれいに見せ、小顔効果が期待できます。

・【丸顔】少しの工夫で自然に若見え!トレンドの切りっぱなしボブ

出典:PIXTA

40代がやってはいけない髪型の一例として解説した、切りっぱなしスタイルですが、パツっとしたカットラインを少し崩し、毛先に自然な動きを出してあげると、アラフォー世代でもマッチしやすくなります。また、丸顔さんはフェイスラインをカバーするために、長めの前髪で縦のラインを意識しましょう。
若見えにはトレンド要素も必要なので、「がんばりすぎて痛い」と思われない程度の工夫を加えて、今どき感を取り入れてみてくださいね。

・【面長】世代問わず親しみやすい前髪ありのショートヘア

出典:PIXTA

リップラインから顎下までの健康的なショートヘアは、面長さんに向いている髪型です。ボリュームが気になるトップの部分も、ふんわりと立ち上がりをつけられるので若々しさを演出できます。また、前髪があることで顔の長さも見えますよ。
世代問わずマッチしやすいヘアスタイルなので、40代はもちろん50代 でも取り入れやすいでしょう。頭の形だけでなく、首元もきれいに見せてくれます。

・【面長】前髪のバランスが大人かわいいミディアムヘア

出典:PIXTA

暗めのブラウンが清潔感を演出するストレートのミディアムヘアは、縦ラインを強調しやすいヘアスタイル。前髪をつくってバランスを取ると、面長さんでもマッチします!
髪のボリュームが減ってくる40代は、完全にまっすぐのストレートだとのっぺり感が出てしまうため、毛先は軽く外ハネにしてあげると若見え効果大です。

・【ベース型】毛先の動きとボリュームでフェイスラインをカバーしつつ若返り!

出典:PIXTA

ふんわりとしたフォルムのパーマスタイルは、ベース型さんの気になる輪郭をカバーしてくれます。前髪ありの場合はまっすぐおろさず、斜めに流してあげるといいでしょう。
40代になると髪の毛の水分や油分が減少し、パーマをかけるとパサつきやすいので、スタイリング剤なしでのヘアセットはNGです。若く見えるためには、束感と濡れ髪風を心がけましょう。

・【逆三角形】横のラインを強調して輪郭をカバー!

出典:PIXTA

細い顎が特徴の逆三角形さんには、ボブやミディアムの長さで前髪ありの髪型がおすすめです。年齢により頬の脂肪が減少すると、細い顎を強調してしまい疲れて見えてしまうことも。そのため、顔周りに大きめのカール感を出して横のラインを強調してあげると、骨格をカバーして健康的な印象を与えてくれます。
コテで軽くカールをつけるだけでいいので、仕事や育児に忙しい40代の方でも時間をかけずにスタイリング可能です。

Recommend

「期待以上の仕上がり♡」ママを笑顔にする【ReFa】ドライヤー、髪を乾かしながらヘアケアも実現!

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【megbabyさん特別インタビュー! 】1児のママで美のカリスマが語る、『mgb baby』でママもキッズも笑顔になれるワケ
  • 「防災は子どもと一緒に日頃から楽しく!がいいね」ラジオ大阪アナ・和田家の防災対策とは!?
  • 【ビーフシチューに合う献立】ビーフシチューともう一品!主食・主菜・副菜・スープを紹介
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう

Ranking
[ 人気記事 ]