FacebookInstagramYouTube
出典:PIXTA

Lifestyle

【再婚の結婚式】挙式はしない?家族だけ?2回目の式の理想のスタイル紹介

再婚カップルの場合、結婚式も2回目以上になることが多いため、結婚式をするか、するならどんな風に行うかなど、結婚式に関するさまざまなことに悩みがち。そんな悩みを解決するべく、今回は、再婚カップルの結婚式について詳しくご紹介します。再婚カップルの結婚式実施率やパターン別のおすすめ結婚式内容、気になるご祝儀や招待客事情など、気になるポイントをたっぷりお届けしましょう!

再婚でも結婚式って挙げる?

出典:PIXTA

2回目以降の結婚式となると、周囲の人にとっては迷惑なのでは?と思ってしまいがちですよね。「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」※によると、再婚カップルの結婚式実施率は、51.0%(2018年データ)。意外にも再婚カップルは半数以上の割合で結婚式を実施しているようです。昨今の結婚式スタイルの多様化などが影響している結果なのかもしれませんね。

※出典:結婚スタイルマガジントレンド調査2018

再婚カップルが結婚式を挙げる場合、挙げない場合のメリットとは?

出典:PIXTA

再婚カップルが結婚式を挙げると、人生の節目として一区切りつけられる、思い出ができる、周囲へ感謝の気持ちが伝えられるといった点が主なメリット。
一方で、結婚式を挙げない場合のメリットには、結婚式費用が発生しない、ご祝儀を何度ももらわなくて済む、周囲へ気を使わなくて良いなどがあります。

どちらにもメリットがあるため、特に重視したいポイントを決めて、結婚式を開催するかどうか決めると良いでしょう。

パターン別!再婚カップルにピッタリなおすすめ結婚式

出典:PIXTA

もしも再婚カップルが結婚式を挙げる場合、どのような式が良いのかをパターン別にご紹介します。

・新婦が再婚で新郎が初婚の場合

ブライダルに対するあこがれは、女性の方が強い傾向がありますよね。そのため、新郎が初婚で新婦がバツイチやシングルマザーの女性の場合でも、結婚式をしたいと思うカップルは多数!
この場合、1回目とは雰囲気の違うドレスや会場を選ぶなどのアイデアがおすすめ。例えば、1回目の結婚式がホテルだった場合は、貸し切りタイプの邸宅での結婚式やリゾートウエディングも良いでしょう。

・新郎が再婚で新婦が初婚の場合

新郎が再婚であっても新婦が初めての結婚の場合は、一般的な結婚式と変わらないスタイルで式を挙げることが多い傾向にあります。なぜなら、新婦側の家族が「娘の花嫁姿を見たい!」と希望している、新婦自身が結婚式を経験したいと考えているケースが多いから。結婚式・披露宴、ともに王道のスタイルを計画するのがおすすめです。

・ふたりとも再婚の場合

お互いに再婚同士の場合は、規模の小さい結婚式がおすすめ。なかには、ふたりだけや家族のみで執り行うこともあります。結婚式に抵抗がある場合は、レストランを貸し切って、結婚パーティーと題したカジュアルな会を設定するのも良いでしょう。規模は小さくても、豪華な会場や料理にこだわるという選択肢もあります。
反対に、前回以上の豪華な結婚式を開催するのもアリ。周囲へ配慮しつつ、みんなが楽しめる豪華な挙式を計画してみてください。

・子連れの場合

お互いに子供がいる同士、もしくはどちらか一方が子連れで再婚することもあるでしょう。この場合、結婚式やパーティー中に、子供が楽しめる演出を取り入れるのがおすすめ。
例えば、リングガールやリングボーイをお願いする、ゲームを企画する、ケーキカットを家族で行うなどすれば、会場が盛り上がるのと同時に家族の絆が深まるきっかけにもなるはずです。

再婚カップルが結婚式を挙げる前に決めておくべきこと3つ

再婚カップルが結婚式を挙げる場合の、準備期間中に決めておくことをチェックしておきましょう。

<再婚の結婚式を挙げる前に決めておくべきこと>

  • 結婚式を挙げるかどうかお互いの気持ちを確認しておく
  • 親族や友人の意見を聞く
  • 結婚式の予算を話し合う

それぞれ、具体的にどのようなことを決めなければならないのか詳しく解説していきます。

・結婚式を挙げるかどうかお互いの気持ちを確認しておく

出典:PIXTA

まずは、結婚式をしたいかどうか、お互いの気持ちを確認し合いましょう。お互いが納得した結論を出せるよう、本音で話し合ってくださいね。ここで思いを我慢すると、結婚生活にも不安が残る可能性があります。

・親族や友人の意見を聞く

お互いの気持ちを確認したら、親族や友人にも意見を聞いてみましょう。「喜んでお祝いする!」という人もいれば、もしかすると「2回目だしもう行きたくない…」「結婚式に呼ばれたけど面倒」と思う人がいる可能性もあります。親族や友人の意見もしっかり聞いて、ある程度反映できるようにしましょう。

・結婚式の予算を話し合う

出典:PIXTA

再婚カップルの場合は、予算の話し合いも大切です。友人への負担や親族に対する配慮が必要なため、小規模な結婚式を計画するのもひとつの手段。予算にゆとりがある場合は、新婚旅行と結婚式が一度に済む、海外ウェディングもおすすめです。
今後の生活も考えて、無理のない範囲で予算を決めることも覚えておきましょう。

再婚カップルが結婚式を挙げるときに気をつけること

出典:PIXTA

再婚カップルが結婚式を挙げる場合、気をつけたいことを解説します。

<再婚で結婚式を挙げるときに気をつけること>

  • 両家の招待人数のバランス
  • 相手が初婚の場合は前回と比較する発言をしない
  • 再婚であることを気にしすぎない

それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

・両家の招待人数のバランス

再婚側のゲストが親族のみで、初婚側は友人と親族どちらも呼ぶ場合は、招待人数のバランスが極端に悪くなってしまいます。しかし、一般的に招待人数のバランスについては、特に気にする必要はありません。ふたりにとって大切な人を招待しましょう。結婚式場の規模に適した招待人数を意識して、誰を呼ぶか話し合ってみてくださいね。
どうしても両家の招待人数のバランスが気になる場合は、テーブルの配置などを工夫するのがおすすめ。プランナーさんに相談すると良いアイデアをもらえるでしょう。

・相手が初婚の場合は前回と比較する発言をしない

自分自身は再婚でも、相手が初婚の場合は、前回の結婚式と比較する発言は避けましょう。初めての結婚式を心から楽しみにしている相手を傷つけてしまうことがあります。初婚の相手と同じ目線で結婚式の準備をすすめるのがおすすめ。
あまりにもデリカシーのない発言で、結婚式を挙げる前に険悪ムードにならないよう要注意です!

・再婚であることを気にしすぎない

再婚カップルのなかには、2回目以上の結婚ということで、引け目を感じている方もいるかもしれません。しかし、結婚とは幸せなこと。あなたのことを心から大切に思っている家族や友達であれば、その幸せを祝福してくれるはずです。
そのため、堂々とした姿で結婚式を楽しんでOK。ただし、家族や親族など、招待したゲストへの感謝の気持ちは忘れてはいけませんよ。

再婚カップルの結婚式、ご祝儀はどうする?

多くの再婚カップルが悩みがちなのがご祝儀事情です。ここでは、親族や友人に失礼にならないよう、再婚カップルはご祝儀をどうするべきなのかをチェックしていきます。

<再婚の結婚式のご祝儀>

  • ご祝儀は辞退する
  • 会費制を採用する
  • 家族だけ・親族だけで執り行う

では早速、周囲に配慮したご祝儀事情を詳しくご紹介します。

・ご祝儀は辞退する

出典:PIXTA

シンプルに、ご祝儀を辞退する方法もひとつの選択肢です。何度もご祝儀をもらうのは、相手に申し訳ないと思うカップルにとってベストな方法。特に、前回の挙式時にも招待した友人を再度多数呼ぶというカップルにおすすめです。ご祝儀を辞退する場合には、結婚式前に「ご祝儀は不要です」と、ゲストにお知らせするのも忘れずに!

・会費制を採用する

ゲスト自身もご祝儀金額に迷うことが多い、再婚カップルの結婚式。ご祝儀はなしにして、金額を低めに設定した会費制の結婚パーティーを開催するのもおすすめです。金額が明確なので「2回目のご祝儀金額に迷う…」なんていうゲストの悩みや負担も軽減できます。

・家族だけ・親族だけで執り行う

1回目の結婚式に来てもらった友人や同僚を再び結婚式に招くのは忍びない、ご祝儀をもらうのが申し訳ないといった場合には、家族だけ・親族だけで結婚式をする方法もあります。友人にご祝儀の気を使わせることがないため、新郎新婦自身も心苦しい思いをしなくて済むはず。親族だけの場合は、人数も限られるため、思い切って国内リゾートや海外挙式にするのもおすすめです。

再婚カップルの結婚式、招待客はどうする?

再婚カップルが結婚式を挙げる場合の招待客について、誰を呼ぶべきなのかをご紹介します。

<再婚の結婚式の招待客>

  • 親しい関係の人を最小限で招待する
  • 親族だけを呼ぶ
  • 家族だけで行うのもあり
  • もちろん呼びたい人を呼ぶのもOK

再婚カップルによって、結婚式に招待する人数はさまざま。どのようなパターンがあるのか詳しく解説しましょう。

・親しい関係の人を最小限で招待する

結婚式を行う新郎新婦と家族・友人・親族(アジア人・日本人・中国人・韓国人) 100146524
出典:PIXTA

再婚カップルの場合、2回目以降の結婚式なだけあって、ごく親しい友人と両親だけといったような、少人数で結婚式を開催するケースは多いようです。親しい友人にだけ祝福されたい、あまり予算をかけたくないといった場合におすすめ。
ご祝儀などが気になる場合は、披露宴は開催せず、結婚式のみを開催する方法もあります。

・親族だけを呼ぶ

友人や同僚を呼べば、どうしてもご祝儀や会費といった費用が発生します。友人や同僚に負担をかけたくない場合は、親族だけで結婚式を行うのも良いでしょう。
親族も、ごく近しい親戚だけの招待にすれば、結婚式の規模をより小さくできます。

・家族だけで行うのもあり

出典:PIXTA

最小限で結婚式を挙げたい再婚カップルには、家族だけで執り行う方法も。アットホームな式が挙げられるため、子供がいる場合にも心置きなく楽しめるでしょう。それでも周囲の目が気になる場合は、ふたりだけの結婚式を計画する、写真だけのフォトウエディングを選択する方法もあります。

・もちろん呼びたい人を呼ぶのもOK

出典:PIXTA

再婚だからといって、結婚式を小規模にする必要はありません。もちろん呼びたい人を全員呼んだ豪華な結婚式もあり!同僚はもちろん、友人や親族一同など、祝福してほしい人たちを呼んで、にぎやかな結婚式をするのも素敵です。
ただしご祝儀などゲストに配慮したい点もあるので、友人や同僚、親族の意見を取り入れた、素敵な結婚式にしてくださいね。

結婚式を挙げない場合の結婚報告会アイデア

出典:PIXTA

再婚カップルのなかには、結婚式にこだわらない人たちもいます。ここでは、どのような結婚報告の方法があるのか、一例をご紹介します。

<結婚報告会アイデア>

  • カジュアルな食事会を開催する
  • 会費制で結婚報告会を開催する

それぞれの詳しい内容をチェックしていきます。

・カジュアルな食事会を開催する

少人数で利用できるパーティー会場やレストランを貸し切って、カジュアルな食事会を開催し、結婚の報告をするのもおすすめのアイデア。夫婦としての節目になるのはもちろん、家族などの大切な人へきちんと結婚の報告ができます。
子供がいる場合でも気兼ねなく楽しめるのも、おすすめポイントです。

・会費制で結婚報告会を開催する

カジュアルな食事会よりも、もう少しだけ華やかにしたい場合は、友人や同僚、親族を招いた会費制の結婚報告会をするのも良いでしょう。1.5次会や2次会といった感覚で気兼ねなく楽しめます。かしこまった雰囲気を出したくない場合は、ドレスコードを設けず、普段着で開催するのもあり!

再婚で挙式をするもしないも自由!結婚式をする場合は気遣いを徹底しながら再婚カップルも楽しく挙げよう!

再婚で結婚式を挙げるのかどうかは自由!周囲への配慮を忘れず、ふたりと両家にとって最善の方法を模索してみてください。結婚式を挙げる場合でも「再婚だから…」と引け目を感じることはありません。また、40代や50代、それ以上といったような年齢も関係なし!新たな人生の門出として、結婚式を楽しんでくださいね。

あわせて読みたい

【シングルマザーの恋愛の進め方】シングルマザーと付き合う彼氏の本音やシンママの心理、注意したいポイント

Lifestyle

2024.02.03

【シングルマザーの恋愛の進め方】シングルマザーと付き合う彼氏の本音やシンママの心理、注意したいポイント

Lilly

ライター
男の子と女の子の、2児ママです。ファッションやメイクなど、とにかくかわいくておしゃれなものが大好き!「いくつになっても女であることを忘れない」をモットーに、育児や趣味、仕事に日々励んでいます!
SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【育児マンガ】「歯医者さんになりたい!」娘の夢を叶えるべく覚悟を決めたが…意外な展開に!?
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【ミートソースの献立】ミートソースパスタともう一品!主菜・副菜・スープ
  • 人のために発信力をつけたい! 忙しくても配信できる秘訣とは?【ママライバーインタビュー⑧】

Ranking
[ 人気記事 ]