行動力のある子どもの親の共通点。それは心配しすぎず見守る微妙な距離感

Baby&Kids

行動力のある子どもの親の共通点。それは心配しすぎず見守る微妙な距離感

引っ込み思案、心配性、どうしたら積極的になるの? まずはそのままを受け入れよう



子どもの性格は十人十色。それぞれが違う個性を持っています。特に子どもには持って生まれた性格「気質」というものがあり、小さい頃の性格はこの気質が大きく影響されると言われているのです。子どものイメージって元気で積極的。そんなイメージを持っていたのに「どうしてうちの子はこんなに恥ずかしがり屋で消極的なの?」これは気質が影響しているからなのです。

子どものペース、心地良さを工夫し、自分を出せる環境づくりをすることが大切です



恥ずかしがりやな子は生まれたときから繊細な心を持つ気質で、周りの刺激に対し過剰に反応するところを持ち合わせています。近くで大声を出されると、自分が怒られているわけではないのに恐怖心を抱きドキドキしてしまったり、大きな物音などにも驚いたりしてしまいます。また自分のペースを崩されることを嫌い、ちょっとした刺激や変化でも生活のリズムが崩されやすく「規則性」がなかなか安定しないという特徴も持っています。



 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]