投稿写真「息子の充揮9カ月です」(友里・30歳)

Baby&Kids

まだ4歳なのに「疲れた~」って言うのはなぜ?

vol.361【1日1成長お母さん】語彙力が少ないため「疲れた」の一言に複雑な感情が含まれています

「疲れた」の一言にたくさんの意味が含まれています

「幼稚園から帰ってきた息子が『疲れた~』って言うんです。小さな子どもでも、そんなに疲れるものなのでしょうか?」と不思議そうに話すのは、4歳の男の子のお母さん。小さな子どもが「疲れた」というのに深い意味はありません。「たくさん遊んだ」「今日は気持ちよく眠れそう」「さあ、くつろぐぞ」などという複雑な感情を表すための語彙力が少ないからなのです。またはお母さんの口癖がうつったのかもしれませんね。

あなたは「疲れた」という言葉、何度も使っていませんか?

実は、大人が子どもに言ってはいけないワードのナンバーワンが「疲れた」なのです。特に働いているお母さんは、仕事から帰ってくるとぐったり。無意識に「疲れた~」と口にすることがあります。けれども、できるだけ言わないように気をつけましょう。子どもの心は真っ白な画用紙のようなものですから、仕事=疲れたと学んでしまうからです。

お母さんの日々の口ぐせが子どもの人生観をつくります

「疲れた」だけでなく、「仕事は大変だからね」「そんなんじゃ、仕事ができないわよ」「お母さんだって、頑張って働いているんだから」なども何気なく言ってしまうものです。こうしたうっかり言ってしまった言葉からも「仕事って大変だな」「疲れるんだな」と学んでしまうのです。お母さんの日々の口癖が、子どもの人生観になってしまうのです。言葉って大事です。

子どもの唐突な質問にはベストアンサーを用意しておこう

また子どもに「どうして働くの?」と聞かれたときに、あなたはなんて答えますか?「働かないとお金がないでしょう」と答えるでしょうか?確かにそのとおりですが、やはり働くことにはポジティブなイメージをつけてほしい。「人のためになるから幸せ」というのも素敵だし、「単純に楽しいから」というのでもいいでしょう。

今日の1日1成長

前向きに生きて欲しければ、ポジティブな言葉を使うことを意識しよう
子どもの意欲も1成長、ママの言葉がけも1成長。
竹内エリカ(文)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!