投稿写真「娘の綾那1歳です」(香那・28歳)

Baby&Kids

子どもの絵は様々でいい。絵画レベルを求めないで!

vol.378【1日1成長お母さん】お絵かきには内に秘めた感情を発散する役割があります。

どんな気持ちで描いたのかが大事なポイントです

ご家庭でも保育園でも絵を描きますね。はじめはクレヨンを握りしめ線をたくさん描く子が多いです。そのうちなぐり描きが激しくなり、色を変えることが楽しい子、頑なに1色にこだわる子がいて様々です。こんな時は子どもがどんな表情をしているかが重要です。楽しそうにしているようなら完成レベルに拘らず、また描き方や持ち方を教えることも必要ありません。

使い描くアイテムは成長に合わせて子どもが選びます。教えなくても大丈夫!

例えば、指先の成長が未熟な1歳頃は “ にぎる ” という指ではなく手全部を使うのでクレヨンなど短く太いものがいいです。2歳頃はペン先がソフトな素材のものが力まず、鉛筆の持ち方に近いでしょう。4歳にもなると色鉛筆などの硬い材質のものを使い、また色のバリエーションも増え、濃淡もつけられる子もいるでしょう。お母さんが先回りして与え過ぎず、子どもが好きなアイテムで自由にできることが重要です。

自由な表現は子どもの現状を把握する最強の手段

ある日、保育園で遠足に行った思い出を絵にしてみた時のこと。その日は晴天で、お友だちとブランコをして、親子遠足だったはず。でも我が子の描いた絵には、空はグレーでお母さんもお友だちも描かれておらず、顔には目しかなく一人ぼっち。これを見たお母さんはショックで4歳の子に色々と詮索をしてしまったそうです。こんな場合、少し不安定な心なのかもしれません。または遠足の印象がこうだったのかもしれません。

「何かあったのかな」と気づいたら、気持ちを受け止めて見守ろう

空は青く、顔には各パーツが揃っているのを求めるのは絵画レベルです。絵の表現が少しいつもと違うなと感じたら「何かあったのかな」と状況を受け止めてあげることが大切です。今ある現状の原因探しをするよりも、今から安定へと導いてあげる方法を考えることが大切です。寂しさを感じているようならスキンシップを心がけ、不安を感じているようなら「あなたを一番大好き」とお母さんの想いをたくさんの言葉にのせて伝えてあげましょう。

今日の1日1成長

子どもの心のメッセージに気づいたら、受け止めて見守ろう
子どもの表現力も1成長、ママの承認力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!