投稿写真「息子の璃人5カ月です」(友香・25歳)

Baby&Kids

3歳でわがままが増えるのは順調な成長!

vol.385【1日1成長お母さん】わがままに見えるのは自立の兆し。感情は受け止め、解決法を選択肢で伝えよう

わがままばかり言うウチの子は聞き分けのない子?3歳は自分中心が当たり前

3歳頃になると自己主張が激しくなる子がいますね。例えばお友だちにおもちゃをゆずれなかったり、ダメだと言ってもやると言って聞かなかったり。お母さんも人目が気になって恥ずかしくなったり、ダメ!と何度も言って疲れてしまったりするかもしれません。でも、わがままで困った子だと思うのはちょっと待ってください。実は、3歳頃は自分中心で当たり前。まだ他人の気持ちを想像して思いやるのは苦手なんです。

人の気持ちを想像する力は主張ができて身につく。主張できることを喜ぼう

人の気持ちを思いやるのは脳の働きです。前頭葉が未発達の3歳児には、お母さんやお友だちが悲しいかもしれない、困るかもしれないと想像するのが難しいのです。また自分の気持ちを主張して十分に味わってこそ、他の人にも同じような感情があることを知ります。それが4歳頃に自分がゆずる“我慢”となり、5歳頃に人の気持ちを考えて行動する“思いやり”へと成長していくのです。3歳の今は自己主張を喜んであげてください。

教えてあげるのは行動。感じていることをしっかりと受け止めよう

子どもの主張が激しくて困った時は、まずは感情と行動を切り離してみましょう。例えばお友だちに譲らないと言い張るのは望ましい行動ではありません。でも“譲りたくない”というのは子どもの正直な気持ちです。それを正そうとするのではなく、その気持ちをまずは受け止めてあげてください。「そんなこと言わないで」ではなく「そう、イヤなのね」と気持ちを認めてあげるのです。その上で望ましい行動へと導いていきます。

選択肢から自分で行動を選ぶことの繰り返しが思いやりにつながる

まず「イヤなのね」と気持ちを受け止めた後「じゃあどうしたらいいと思う?」と聞きます。自分で解決するのが難しい時は、お母さんがいろいろと提案してください。「5分だけ貸してあげる?」「後で貸してあげる?」「ママも一緒に遊ぶ?」など、解決の方法はできるだけたくさんある方がいいでしょう。その中から選択を重ねることが、全て子どもの経験となります。その蓄積が4歳、5歳頃の我慢や思いやりを育む基礎となるのです。

今日の1日1成長

わがままは自己主張。主張を受け止め、対処法や行動を提案してあげよう
子どもの解決力も1成長、ママの提案力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!