Baby&Kids

優しくてよく気がつくお母さんだからこそ身に付けたい、失敗させる勇気

vol.399【1日1成長お母さん】“ふくろうの法則”で子どもの考える力を育てよう

お母さんは心配性?手の出しすぎ、口の出し過ぎに要注意!

先回りして子どもの失敗を防ぎたい。例えば子どもが走り出したら転んでひどい怪我をする前に止めたいし、おもちゃの取り合いが始まったらケンカに発展する前に解決したい。だからついつい口を出してしまう時、ありますね。だって、心配だから。その方が子どもにとってもいいと思うから。これはどんなお母さんでも持っている気持ちです。でも実は子どもって、経験して初めて分かることの方が多いんです。

お母さんの声は届いてないかも。子どもはなんでも経験して初めて学ぶ

こんなことがありました。いつも幼稚園の前の坂道を、ものすごい勢いで走りだすNくん。「危ないよ!転ぶ前に止まって〜!」叫びながら追いかけるのがお母さんの日課でした。でもNくんは走るのをやめません。ある日とうとう、勢いがつきすぎて派手に転びました。あわててかけ寄るお母さんにNくんはこう言いました。「お母さん、坂道で走りすぎたら転ぶって本当だったんだね!」と。

優しくてよく気がつくお母さんだからこそ身に付けたい、失敗させる勇気

心配だからついつい先回りしてしまう。そんなお母さんは実はとっても優しくていいお母さん。先回りしてしまうのもよく気が付いているからです。だから心配が先にたち、先回りしてしまうのです。でもいつまでも先回りを続けることはできません。失敗をさせたくないのが親心ですが、子どもは失敗して初めて学ぶのです。失敗は学びの絶好のチャンス。先回りをしたくなったら深呼吸して“ふくろうの法則”を実行してみましょう。

観察し、待ち、聴く。10秒数えてお母さんがふくろうになろう。

子どもが今何を考え、何を感じているのかをじっと観察し(Observe)、どんな行動に移すのかを待つ(Wait)。そして子どもが何を言いたいかを問いかけて聴く(Listen)。頭文字をとるとちょうどふくろう(OWL)になります。これを繰り返すことで子どもが自分で考えるようになります。失敗も経験。そこから学ぶことが成長へと繋がります。先回りしたくなったら10秒数えて、ふくろうを思い出してくださいね。

今日の1日1成長

子どもの失敗は成長のチャンス。先回りしないでたくさん失敗させて
子どもの失敗力も1成長、ママの見守り力の1成長。
むらたますみ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!