Baby&Kids

お行儀よく食べられる子どもに育てたい!が叶うベストタイミング

vol.413【1日1成長お母さん】生活からさまざまな学びを得る子ども。教える時はひとつが効果的

おいしいと感じながら食べると五感が刺激されます。食事の時間を楽しもう

「お茶碗持って食べなさい」つい声を張り上げてしまうことありますよね。お行儀よく食べてほしいと思うことはお母さんとしては当然のことです。子どもが器を舐め始めたら「やめなさい」と制止したくなりますね。重ねて「やだ!みっともない」なんて言ってしまうことも。食欲があるということは健やかに育っている証。食べることに積極的なときこそ思いきって食事を楽しむ時間にしよう。食べておいしいと感じる感覚を大切にしましょう。

お行儀の前の“おいしい・楽しい”と感じる気持ちが食事への関心を高めます

食事中、手で触りこねるなど遊んでいるようにも見える行為。実は脳と手の感覚は密接な関係にあり、生後半年くらいから離乳食期に表れます。味や匂い、感触を手で確かめながら食べ物を知る段階。「もう!遊んでばかりでもういらないのね」と片付けると、感覚が刺激されている途中で中断してしまいます。1歳を過ぎたら食べ物とおもちゃは違うことを教えましょう。お皿を舐める行為は綺麗に食べた達成感「全部食べたね」と認めよう。

子どもの発達上、道具を使うようになる前に手や指先を使う段階があります

お母さんと一緒に「おいしいね」と食べる時間を共有することは子どもにとって何よりも幸せな時間です。子どもは手で直接ふれる感覚の学びが完了すると、スプーンなどの手のひらで持つ道具を使う時期に入ります。道具を使って口に入れられたら「柔らかいね、硬いね。」「甘いね、酸っぱいね。」と言葉にすると味などを覚えます。食育は何を食べるかより、誰と食べるか。お母さんの関わりが子どもの食事に対する気持ちを左右します。

好きな人と食べる食卓の中にお行儀とマナーを教えるチャンスがあります

子どものお行儀やマナーは自立期を迎える4歳が適しています。4歳になると我慢する力が育ちます。準備が整うまで待ったり、道具を使って自分の力で食べることは、自分をコントロールする力に繋がります。家族でコミュニケーションをとりながらの食事は楽しいもの。お行儀は食事中のタイミングで教えよう。「姿勢がいいね、お母さん気持ちがいいわ」とⅠメッセージで伝えると、一緒に食事する人への配慮がマナーであることを学びます。

今日の1日1成長

楽しい食事は誰と食べるかが大切です。お行儀は楽しい食卓の中で教えよう。
子どもの食欲も1成長、お母さんのしつけ力も1成長。
國枝 愛実(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!