Baby&Kids

避けてあげたくなるような試練こそが、優しい子になる近道

vol.414【1日1成長お母さん】優しい男の子になるには、5歳までに色んな気持ちを体験させて!

男の子が優しさを知るのは経験したことだけ。人との関わり方が左右する

男の子でも女の子でも、人の気持ちが分かる優しい子どもになってもらいたいものですね。でも女の子に比べて男の子は人の気持ちを察するのが得意ではありません。女の子は経験がなくても想像力が働くので相手のつらい境遇を察することが得意ですが、男の子は自分の体験をベースに共感します。つまり、人の心の痛みが分かるようになるには、自分が心を痛める体験をすることが必要なのです。

避けてあげたくなるような試練から、人の気持ちに共感する力が育ちます

5歳は人に共感する力が発達してきます。共感する力は、様々な付き合いを通して色んな気持ちを味わうことで身についていきます。人との関わりの中での思わず避けてあげたくなるような試練こそが、子どもの思いやりの心を育てます。そんな時は、なるべく助け船を出さずに少しだけつらい思いをさせてあげてください。また、つらい経験だけでなく、人から優しくされる経験も優しい人になるのに大切な事です。

つらい思いを乗り越える経験がないと、人の気持ちは想像しづらい

つらい体験が充分でない子は、自分の要求を通そうとするあまり思わずお友達を叩いてしまうなんて事もあるでしょう。そんな時に「お友達の気持ちを考えて」などと言っても上手くはいきません。決して意地悪をしているのではなく「叩かれると痛くて悲しい」という感覚をまだ習得していないのです。人を思いやる心は5歳で育ってきます。その頃までにつらい思いや悲しい思いをし、それを乗り越える経験が必要です。

理不尽な事も優しさを育くむために必要。見守り寄り添ってあげてください

子どもがお友達に叩かれたなんて事があったら、子ども以上にお母さんの心は痛むもの。もうその子とは遊ばないでほしいと思うかもしれません。しかし、このようなつらい経験が思いやりを育てる土台となります。時には理不尽な事もあるかもしれません。しかし軽いケンカ程度ならば、これは優しい子になるために必要な経験だと割り切って、少しの間手出し口出しせずに見守ってあげてください。

今日の1日1成長

子どものつらい体験も1成長、お母さんの見守りも1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!