Baby&Kids

じっとできない男の子を、楽しく椅子に座らせるには…?

vol.508【1日1成長お母さん】授業中に座れる子になる鍵は、楽しく座る時間と外遊び

「授業の邪魔をしてやろう」という意識はなくても立ち歩いてしまう

小学校に入学すると、それまでよりも椅子に座り机に向かう時間が増えます。しかしながら子どもは小学生になった途端に長時間椅子に座っていられるわけではありません。授業中であっても立ち歩いてしまう子どももいます。とくに男の子はもともと気が散りやすく、じっとするのが苦手という性質があります。立ち歩く子どもには「授業の邪魔をしてやろう」なんていう意識はありません。

子どもが夢中になって取り組む遊びを椅子に座ってやらせてみよう

長時間椅子に座るという小学校での環境に慣れるためには、家庭でもそのような習慣を身につけてあげると良いでしょう。家の中では意外と子どもが椅子に座る時間は短く、宿題をしている時と食事の時のせいぜい1日1時間程度という家庭が多いようです。子どもにストレスを与えず自然に習慣づけるためには、子どもが夢中になって取り組む遊びを椅子に座ってやらせるようにすれば良いのです。

座れた時間を子どもに伝えると、楽しく記録更新に挑戦することも

普段はじっとするのが苦手な男の子であっても、何か集中できる遊びがあるはずです。それがパズルやブロックであれば、床ではなく机の上に広げるようにしてください。お気に入りの遊びであればある程度長い時間でも椅子に座っていられることでしょう。またお母さんが「今日は○分座れたね。昨日より2分長くなったよ」と子どもに告げ、自覚させてあげると、毎日楽しく記録更新に挑戦するかもしれません。

集中力を身につけるために勉強させるより先にたくさん外遊びをさせよう

また長時間の授業を受けるには集中力も必要です。子どもに集中力をつけさせるためには、勉強を強いるより先に運動をさせるほうが効果的なのです。充分に体を動かし、手足を自由にコントロールできるようになると必然的に集中力は養われます。そのためには走る、転がるなど体幹を使う運動が有効です。すなわち特別何かスポーツを習わなくても体をたくさん動かす外遊びをすると良いでしょう

今日の1日1成長

授業中に座れる子になるためには家で楽しく座る習慣づけと外遊びをさせよう
子どもの適応力も1成長、お母さんの工夫する力も1成長。
田中京子(文)うえだ きょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!