Baby&Kids

「言っても無駄」なんて思わせちゃダメ!ねばり強い子に育てる質問法

vol.509【1日1成長お母さん】「いつものわがまま」は子どもの自己主張。あしらわず耳を傾けて。

お母さんの言うこと子どもは聞いて当然?子どものお願いはきりがない

子どもとの時間が長いと子どもの要求も増えますね。頼まれないことも含めたらもっと大変です。つい「あれはダメ、これもダメ」と言ってしまうこともありますよね。お買い物に行けば「今日は買いません」「遊び場には寄りません」やることがたくさんあるお母さんにとってはお買い物の時間であり、遊ぶための時間ではないという認識。でも子どもにとっては常に遊びです。遊びこそが学びになるのです。

「言っても無駄」あきらめない子にしないために、意思表示は聞いておく

お買い物の帰り道、遊具を見るなり「ママあれやってく!」と言った子どもに、目も向けないお母さんは言いました。「ダメ、ダメ。やらなくていいの、行くよ」と。一度遊ばせたらいつになるかわからないし、終わりが見えないのはとても不安。しかし子どもは「いつも聞いてくれない」経験が記憶として残ると大切なことも話さなくなる場合があります。子どもの声はできるだけ日頃から聞きましょう。

全て聞き入れなくても良い。ダメなものは理由を伝えることが大切

むやみに拒む言動は、子どもにとって諦めに繋がります。どうしても時間がない場合は「時間がないから今日はできない」と説明しましょう。子どもなりに納得する努力をします。「ごめんね」とつけ加えてあげれば良いのです。説明してくれる気持ちがあるのとないのでは大きく違います。聞いてもらえた=要求が通る、ではないことを理解させましょう。どうしたら叶えられるかを考えることで知恵がつくのです。

交渉力を育てると子育てが楽になる。質問力で折り合いをつけよう

「ヤダヤダ!やりたい」と駄々をこねた場合こそ「いいよ。じゃ、何回?」と肯定し聞いてしまった方が、説得するよりも早く済ませられます。子どもは「いいよ」と言われるとスッと素直さを発揮します。「5回!」と言ったからといってその通りに叶えなくても大丈夫。「もう少し減らして」とお願いしても良いでしょう。子どもはお母さんと交わす会話が楽しいのです。関心を示して子どもの気持ちを満たしてあげましょう。

今日の1日1成長

子どもの1回目のお願いは聞こう。希望をかなえさせたいなら交渉力を育てよう
子どもの交渉力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
國枝愛実(文)(編集)うえだきょうこ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!