Baby&Kids

「トイレ行きなさい!」もじもじおしっこのサインに焦らない方法

vol.522【1日1成長お母さん】押してダメなら引いてみるのが、自分で「行く!」と言える近道

行かせようとすればする程「出ない、行かない」と拒み続けるには訳がある

遊びの途中に、おしっこしたそうなしぐさ。漏らされると困るので、気がついた瞬間から「トイレ行く?」と聞きます。徐々に「トイレ行こうよ!」と半強制的に口調も強まります。でも子どもって、誘えば誘うほど「出ない」と言い「行こうよ、漏れたら大変だよ」などと説得しようものなら「ヤダ、行かない」と言って遊び続けますよね。そんなときどうしますか?子どもにとって楽しい場所から自分だけ離れるのは嫌なことなのです。

子どもの「行きたくない」は意思表示。リピート法で受け入れよう

「行かない」「ヤダ」と言われるとどうしても連れていきたくなるものです。外出先で漏らしてしまったら大変。できれば今すぐ中断してトイレを済ませたいと思うもの。しかし、子どもも自分の意思を受け入れて欲しいのです。自分だけが楽しい場所から離れるのは嫌なのです。「そう、トイレ行きたくないのね」と繰り返してあげましょう。認められることは心の安定と深く関わりがあります。まだ余裕があるうちは意思を優先させましょう。

押してダメなら引いてみよう。発想の転換で遊びに変えて難なくクリア!

誘っても行こうとしないなら、みんなまとめてトイレタイムも方法のひとつ。みんな一緒ならトイレも楽しみに変えられます。子どもはみんなと一緒に遊ぶ時間が楽しいのです。大好きなお友だちが行くなら「僕も行く」と言うかもしれませんね。ならば、「トイレまでよーいドン!」大人も子どももみんな一緒に。遊びに変えてしまえばいいのです。「うちの子トイレ行きたいみたい」と言って協力してもらっても良いでしょう。

「いつ行く?」質問されると考える。自己決定力をつける良いチャンス

4歳頃になると身体的にも我慢ができ、自分でコントロールする力が育ちます。「まだ行きたくない」という意思表示は、自分の体の状態を把握している証拠です。それを相手に示すこともできます。考える力を育てるために質問をしましょう。「いつ行く?」と聞かれると自分で考え決めることができます。大事なのは自分で言葉にさせること。子どもが「あと3回」と言ったら3回待てばいいのです。自ら行動する子どもになるでしょう。

今日の1日1成長

子どもを誘導したいなら急がば回れ。押してダメなら引いてみよう
子どもの自己決定力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
國枝愛実(文)(編集)うえだきょうこ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!