Baby&Kids

うちの子二重人格?園と家でどうしてこうも態度が違うの?

vol.580【1日1成長お母さん】頑張りの反動で出るわがままは、認めて受け止めるのが一番の早道

家の外ではいい子ちゃん。家の中でだけわがまま大爆発なのはなぜ?

園ではちゃんとしているのに、家に帰った途端にわがままで手がつけられない。ほんのちょっとしたことで急に癇癪を起こしたり、手足をばたつかせて泣きわめいたり。お友だちの前と家族の前ではまるで違う子みたいになってしまう子がいます。そんな我が子の変わり身を見ていると、何が気に入らないのかとうんざりしたり、私のことが嫌いなのかと心配になったりすることがあるでしょう。いったいどうしてなのでしょう?

お母さんの前でだけ出るわがまま、癇癪。理由が分からずお母さんもイライラ

5歳のKちゃんは年長になってから、園の帰りに「歩かない!」と駄々をこねるようになりました。年中の頃は楽しく歩いてくれた道のりを「疲れた〜!もう歩けない!」と30分でも座り込んでしまうのです。毎日同じことの繰り返しで、お母さんは疲れてしまいます。「いい加減にしなさい!」とついつい怒鳴ってしまいました。先生に様子を聞いても、園ではとてもいい子でみんなのお見本になっているとのこと。

規律を守る意識の強い子は、園で頑張る反動がおうちで出ることも

子どもには色々なタイプの子がいて、中には人一倍「きちんとしよう、正しいことをしよう」という思いが強い子どもがいます。キッズコーチングでテキストタイプと呼ばれる子どもは、集団生活では規律を守ろうと、とにかく毎日頑張って正しく振る舞う努力をしています。家に帰ってお母さんとふれ合うとホッとして緊張がとけます。その結果甘えが出てしまい、感情をぶつけてしまいます。お母さんに安心している印なのです。

「頑張ってるのね」と受け止めるのが子どもの気持ちが落ち着く早道

そんなときは、思い切り甘えさせてあげてください。わがままな行動も、園で頑張っている反動です。「園でできることは家でもできるでしょ!」と突き放さず「今日も一日頑張ったんだね」と受け止めてあげてください。その一言をかけることで「お母さんが分かってくれている」と子どもは安心します。そうすることで気持ちが落ち着き、家での不要なわがままや癇癪も減っていきます。小さな心の頑張りを、ぜひ認めてあげてくださいね。

今日の1日1成長

「頑張ってるね」の一言で、お母さんはちゃんと見てるよと伝えよう!
子どもの自律力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
むらたますみ(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!