Baby&Kids

お片付けの時間、お友だちを指示通りにさせようと強要するのをやめさせたい

vol.591【1日1成長お母さん】すべき事が分かっている証。強引なやり方には伝え方を教えよう

協調性のある子は調和をとれる子。輪を乱したくない気持ちの表れなのです

「いつも笑顔でかわいいね、いい子ね」と言われる褒め言葉に、少々不安げな様子で話すお母さんの悩みは、息子が豹変する一面を持っていることです。正義感と穏やかな性格が良い所なのですが、良いことでも“強要し過ぎること”に困っているといいます。抑えが効かない程に押し通したがります。お友だちを支配するかのように強制的な行動をとり、お友だちを泣かせてしまいます。どうしてなのでしょうか。

指示に応じて行動できることは成長の証です。伝え方を教えましょう

3歳半を過ぎた頃、お友だちへの強要が目立ち始めた息子。それまではみんなと遊ぶのが大好きでみんな一緒と穏やかなタイプだったのに、最近になってお母さんや先生に注意されたことを、そのまま出来ていないお友だちに同じように注意します。お友だちが思い通りに行動しないと強引に取りあげるためトラブルにもなります。強要されたお友だちは泣いてしまいました。正しいことでも、やり方がいけないことを教えましょう。

社会の秩序へのこだわりは、物事の善悪がわかり始めている時です

「もうお片付けだよ」「遊んじゃダメ、おしまい!」と言って、強引に取り上げる行為は止めさせたくなりますね。だからと言って「あなたは注意しなくていいの」と制止すると子どもは「なんで、どうして?」と混乱します。“今、何をするべきか”わかっていることを認めましょう。「そうだね、お片付けの時間だね」と言葉にします。そして止めさせるのではなく「『お片付けの時間だよ』と伝えようね」と言い方を教えてあげましょう。

自律期の感情コントロールを助けるタッチング法。興奮を鎮めるのに効果的

注意を理解する力は知能、思い通りにならない事への欲求不満は感情の表れです。感情のコントロールができるようになるのは4歳と言われています。自律といって自分を調整する事ができるようになります。コントロールする力が発達途中であるため、子どもも思い通りにならずイライラする事があります。興奮を鎮めるにはタッチングが効果的です。トントントンと優しくたたくと落ち着き、感情のコントロールができるようになります。

今日の1日1成長

思い通りにならないイライラや感情は言葉で伝え、タッチングで落ち着かせよう
子どもの伝達力も1成長、お母さんの言葉力も1成長。
國枝愛実(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!