Baby&Kids

子どもはトライ&エラーの数だけ勇気と自信と工夫が増していく

vol.604【1日1成長お母さん】お母さんの重要な役割は手出し、口出しをしないことだけ

男の子は興味が湧いたらすぐに手を出す。女の子はお母さんの説明を待つ

女の子は男の子と比べ言葉の発達が早いため、分からないことはまずやってみるよりも、大人の説明を聞こうとします。例えば新しいおもちゃを与えられた時、男の子はとにかく封を切って早く遊ぼうとするのに対し、女の子はまず「これは何?」などとお母さんに説明を求めたり「遊んでいい?」と聞いたりします。これらは悪いことではありませんが、いつも言葉優先で物事を学んでいては“やってみる”という意識が持てません。

言葉の発達が早い女の子には、親が意識してなんでも触らせてみると良い

「これは何?」「どうやって使うの?」そんな言葉が多い女の子には、ぜひまず体験させてあげてください。子どもは指先の感覚や、肌触りなどの触覚、これはなんだろうと観察することでどんどん能力を伸ばします。おもちゃに限らず例えばお茶をコップに注ぐ、雑巾を絞るなど、初めてのことは説明よりも先にまずは見本を見せてやらせてみましょう。失敗することもあるでしょうが、むしろこの時期は失敗を歓迎してください。

トライ&エラーで体感的に学ぶことが、女の子のやる気をぐんぐん引き出す

好奇心旺盛な子どもの内にいろんな体験をし、トライ&エラーを繰り返すことがとても大切です。なぜならその繰り返しの中で、どうやったらうまくできるのかを考える力、できるまで諦めない気持ちがぐんぐん育っているからです。言葉の説明で理解させると、このプロセスを飛ばしてしまうことになり、やる気や根気が育ちません。特に極端に失敗を嫌うタイプは「やってごらん!」が効果的です。

実は子どもの行動に成功も失敗もない。何度もできるチャンスがあるだけ

ここで大切なのがお母さんの見守る姿勢です。失敗自体は責めずに、後始末を最後までさせましょう。失敗から学べる最も大きなもののひとつが“責任の取り方”です。雑巾を絞って床が水浸しになったら、子どもが拭けばいいのです。上手くできなかった小さな失敗と、自分でできた!という小さな成功体験の積み重ねが自発的に行動に移せる子へと成長させます。お母さんはどんどんやらせて、やる気の育ちを助けましょう。

今日の1日1成長

慎重派の女の子には最初のアプローチが大切。自由にさせてあげよう
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!