Baby&Kids

子育ては迷って良い。子ども自身が答えを知っています

vol.628【1日1成長お母さん】「これやりたい!」と楽しむことから子どもに好きを選ばせよう

子どもの頭はイメージ脳。お母さんの表情を通して情報をキャッチします

子どもを育てていると迷うことたくさんありますよね。「迷いながら接している」と不安そうな面持ちで話すお母さん。子どもって、お母さんの表情をよく見ています。子どもの脳はイメージ脳と言われ、印象で情報収集します。本当ならお母さんだっていつもにこやかで微笑んで接したいと思っているのです。迷ってもいいのです。迷いはできるだけ子どもにとって良いことを選んであげたいというお母さんの優しさです。

子どもが夢中で遊んでいる事に目を向けよう。集中する姿は楽しんでいる証

子どもを観察してみてください。どんな事に興味があるか、どんなおもちゃが好きかなど、夢中になっている遊びを見つけてみてください。楽しいと夢中になるもの。そして一つのことにどのくらいの時間遊び続けているかは集中力が続く時間の長さです。目新しい遊びを次から次へと与えるよりも集中する力を育てることに繋がります。子どもはお母さんの目の届く場所で遊ぶ時、安心感に満たされるため集中力が高まるとも言われています。

子どもの好き!を見つける中に、迷いの種が消えるチャンスあり!

興味のあることはどんどんやらせましょう。興味を持つことは探究心が芽生え、想像を膨らませるという脳の働きが起きます。遊びを通してその物事の仕組みなどを知ることはやる気や行動力となります。遊びを通して学ぶことが楽しいと感じられた子どもには自主的にやってみよう!という意欲が湧き、物事の上達にも繋がります。できていることを伸ばし、好きを極めて得意なことを育てましょう。特技に変わるかもしれませんね。

将来を思い描いて悩むより、今を楽しむ子どもの想像力が未来を創るのです

お母さんが迷うのは、生きてきた中で多くのことを知り経験があるからです。でも子どもは未経験なことが多い為、目の前のことが全てなのです。新しい発見に楽しいと感じ、好きなことを見つけています。子どもの興味が好きに繋がる可能性もあります。楽しいを共有して一緒に楽しみましょう。子どもと遊んでいるうちに笑顔になるでしょう。悩んだ時こそ子どもの楽しむ空間に飛び込んでみてください。共有する中に答えが見つかります。

今日の1日1成長

迷うのは一人で想像するから。子どもと二人で今、楽しいことに目を向けよう
子どもの楽しいも1成長、お母さんの共有力も1成長。
國枝愛実(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!