Baby&Kids

勝気でプライドが高い子が「教えて」と言えるようになる方法

vol.639【1日1成長お母さん】できないことを責めずに認めるだけで、子どもは素直になる

競争心は成長の証。でも人と比べてばかりだと成果の判断を見失う

4歳から5歳くらいになると、競争心に個人差が生まれてきます。いつまでも勝ち負けにこだわりのない子もいれば、とにかく人より上手に人より早く!と競争心があらゆるところに顔を出す子も。もともと競争心の強いタイプの子はいますが、ことさら結果を褒められて育つと、その傾向が強くなります。「(クラスで)一番上手だね」「(みんなより)早いね」と褒められると、人と比べた成果を判断基準にしがちです。

勝気なばかりに人と比べるのはもったいない。「教えて」を言える子は強い

5歳のSちゃんはお姉ちゃんに対抗心があります。自分より何でもできるお姉ちゃんに勝ちたいのです。何か上手にできる度に「お姉ちゃんより早かったでしょ」「お姉ちゃんより上手でしょ」とアピールしてきます。おまけにお姉ちゃんにできることは私もできると、大人の助言や手助けを拒否します。結果的にできなかった時は癇癪を起こし、泣いて悔しがるのです。素直に「教えて」と言って欲しいのですが、どうすればいいでしょう。

子どもの感情を要約して伝えると、自分で気持ちを整理できるようになる

助けを求めることをよしとしない子は、できないことは恥ずかしいことだと思っている場合があります。そんな時はぜひできない悔しさを一緒に受け止めてあげてください。「悔しいのね」「できなくてイライラしているのね」など、子どもの気持ちを代弁してあげましょう。「そんなことで泣かないで!」と返すより、ずっと早く子どもが落ち着くでしょう。自分の気持ちをお母さんの言葉を通して知ることで、感情を整理できます。

段階を踏んだこちらからの声かけが子どもの気持ちのハードルを取り除く

子どもが落ち着いたら「自分でする?」「一緒にする?」とこちらから聞きましょう。一緒にすることを受け入れてくれたら「今度は『教えて』って言ってほしいな」と伝えて下さい。段階を踏んだお母さんの声かけに応じる内に、段々と「言ってもいいんだ」という気持ちが芽生えます。助けを求めることができる子は、人を助けられます。優しさの発露にもなる「教えて」「助けて」を言える子にしてあげましょう。

今日の1日1成長

勝気な子に素直に助けを求めて欲しければ、気持ちを代弁してあげるのが吉!
子どもの表現力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!