Baby&Kids

やめてほしい3歳児の“やりたい!”どこまで受け入れる?

Vol.641 譲れない軸はぶらさず、子どもの気持ちを満たす環境を準備しよう

3歳前後の主張の強さに戸惑う時、それは新たな成長の1歩を踏み出した証拠

「最近、今まで以上に何を言ってもスムーズに聞いてくれない。お母さんがやってほしくないことや無理なことを、どうしても「やりたい!」と主張が激しくなってきた気がする。」と3歳前後は、一段と収拾のつけ方に困惑するお母さんも珍しくありません。
でも3歳前後の「自分でやりたい!」は成長の節目、自立の時期を迎えた証拠です。この時期にしっかり自立を学ぶことが、子どもの未来にも繋がっています。

できないと思っていることをあえてやらせる勇気が、子どもの意欲を育みます

夕食の洗い物をしている横で「私もやる!」と3歳になったばかりのMちゃん。キレイに洗えなかったら面倒だし、早く就寝の準備をしたいのがお母さんの本音。
それでもやりたい気持ちを一旦は受け止めます。就寝時間やお母さんも一緒にやることを約束し、できるだけ残りを減らした時点でMちゃんも参加。Mちゃんが泡、お母さんが水で洗う役です。気持ちを受け入れてもらえた後のスケジュールは、意外にスムースに進みました。

お母さんを困らせる子どもの“やりたい!”気持ち、実現は未来への先行投資

3歳前後の何にでも興味を持ち自分の“やりたい”をやる体験は、子どもの自立心を育てています。「やってみたい!」を実現することは本人の意欲をつくります。“やりたい”の実現を叶えた“積み重ね”は未来の積極性を養います。
特に3歳前後の「やりたい!」は自主性の発芽なのですが、お母さんにとって面倒で理解できないことが多いです。子どもの心をくみ取り挑戦させる環境が、能力を伸ばす価値のある遠回りです。

お母さんの事情と子どもの気持ち、折り合いはお互い納得する所で

とはいっても場所が外であったり、お母さんの事情もあります。まず最初に子どもの気持ちを受け止めて、お母さんの事情も伝え交渉します。
子どものやりたいことを一度満たしてあげた土台があれば、お母さんの事情も受け入れやすいです。時に譲り合いながら、お互いの気持ちの折り合いの場所を定め調整します。そんなコミュニケーションが、今後の子どもとの信頼関係をあたためます。
お母さんの気持ちも、子どもの気持ちも両方大切にしましょう。

今日の1日1成長

3歳児の“やりたい”心は受け止めて、どこまでやるかは交渉しよう
子どもの自立力も1成長、お母さんの創造力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!